海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ナポリ特派員ブログ > イタリア人との子供の出生届

イタリア/ナポリ特派員ブログ 角南有紀

イタリア・ナポリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年4月25日

イタリア人との子供の出生届


メール プリント もっと見る

イタリア人との子供の出生届

 里帰り出産のために日本に帰国しています。ついに予定日まであとわずか、ナポレターノの夫も日本に来て、毎日そわそわしています。海外に住んでいると、里帰りするか異国で産むか悩むと思います。どちらにもメリット・デメリットがありますよね。里帰りの場合は日本語で安心して産婦人科に通えるけれど、離れる期間が長くなります。海外では一緒に出産に向けて準備を整えられる反面、母国語ではない言葉でいざという時に備えなければなりません。
IMG_6749.JPG

 
 私が里帰りを決めたのは、まず一番に少しでも私の親と一緒にいたかったからです。遠く海外に離れて暮らしている以上、こんなふうにゆっくり一緒に過ごせる機会は今しかないと思いました。その会話をしたわけではないけれど、夫もおそらくそんな私の気持ちを汲んでくれたのか、日本で私の親元で産むのが一番いいと言ってくれたので、すぐにそう決まりました。
IMG_6751.JPG

 それと、やっぱり激痛の時は「痛い!」と日本語で言いたかったから。これは大事!


 さて、出産が近づいてきたので出生届提出の準備を始めました。自分の子がハーフになるのか〜、想像がつかないな〜。でもとにかく楽しみ!とのんきに言ってる場合ではありません。どうやって手続きするのかさっぱりわからない!日本で産んで、子供が日本国籍を取得し、日本の(つまり私の)苗字を名乗るためには、普通に市役所出生届を提出するだけで大丈夫です。
 でも、イタリア国籍も取得して、イタリアの(つまり夫の)苗字を名乗るためには、少々面倒な手続きをする必要があります。

 まずは在日イタリア領事館のHPをのぞいてみました。イタリア国籍を取得するための手続きなので、説明はイタリア語でのみ表記されています。夫に読んでもらい確認しました。領事館/大使館のサイトにあるStato Civileの項目'nascita'の欄に必要書類がイタリア語で明記されています。

 私は愛媛で出産するので、管轄の在大阪イタリア領事館にて手続きすることになります。東日本にてご出産される方は、在東京イタリア大使館での手続きとなります。
 

 <必要書類>
・出生届受理証明書
・戸籍謄本・全部事項証明
これらの書類を市役所から発行してもらいます。それぞれに外務省のアポスティーユ証明を付けて、また書類のコピーをとって、名前や地名の部分にふりがなをふります。
・イタリア人の親(夫)が記入しなければならない依頼書(領事館/大使館ホームページからダウンロードできます。)
・イタリア人の親(夫)のパスポートのコピー
・日本人の親(私)の身分証明書
*アポスティーユ証明申請の方法については外務省のホームページをご参照ください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/shomei/index.html
アポスティーユも、東京と大阪分室のどちらかで申請することができます。郵送でも申請できます。


子供の名字が日本の出生届受理証明書で母親(日本人)の名字になっていて、イタリアではイタリアの法律に沿って父親(イタリア人)の名字にしたい場合は、名字変更の申請書に両親二人のサインが必要です。その場合は、日本人のサインの証明が必要なので、領事館/大使館にアポイントを取ります。アポの日にパスポートを持って行き、面前でサインをするか公証人役場で
サインを証明してもらい、さらにその書類を法務局に持って行って公証人押印証明を取り(無料)、外務省でアポスティーユ証明を付けて提出する必要があります。(私はこの法務局での証明を取ることを知らずに外務省に送ってしまい、二度手間になりました。みなさんご注意を!)

 また、子供は日本とイタリアの両方のパスポートを保持する義務があるそうです。イタリアへの出生届の手続きが完了して
からアポを取ってパスポートを申請する必要がありますが、イタリアへの出生届用の書類を受領してもらってから通常少なくとも2~3週間はかかるようです。


 イタリア姓に変更するための書類へのサインは、領事館/大使館で行えば無料ですが、公証人役場に電話して確認したところ、証人の前でサインを証明してもらう場合には¥11,500かかるそうです。最寄りの公証人役場で、予約なしで申請することができます。30分程で申請書を受け取ることが可能です。認印と身分証明書をお忘れなく。その後法務局に持って行って押印証明をもらうのは無料で、予約不要です。書類を持参するだけで、必要なものはありませんでした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 生活・習慣・マナー
2016年4月25日
« 前の記事「ローマの本当においしい郷土料理が食べられるお店」へ
»次の記事「サン・ドメニコ広場で日光浴アペリティフ」 へ
おすすめ記事
    ナポリ特派員 新着記事
    ナポリの絶景を臨むポジリポの丘に隠された古代劇場
    ナポリの秘蔵、カラヴァッジョの「慈悲の七つのおこない」
    南イタリアの家族の深い絆
    息子のバッテーズィモ(洗礼式)
    おいし〜いアンティークなチョコレート屋さん
    イタリアでみつけた素敵な絵本たち
    アリタリア航空で新生児と旅行
    ナポリ10月の気温・おすすめ服装
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ミラノEXPOに行こう!会場でお待ちしています。
    ヨーロッパ最大規模のジェノヴァの水族館
    復活祭休暇@ニース

    イタリア ツアー最安値


    2017/9/23更新

    イタリア 航空券情報


    イタリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ナポリ特派員

      ナポリ特派員
      角南有紀
      東京芸術大学大学院修了後イタリアに国費留学。ナポリ国立音楽院修了。2012年サンカルロ歌劇場主催オペラ「ラ・ボエーム」に出演。同歌劇場専属ソプラノを経て、オペラやコンサートを中心に音楽活動をする傍ら、通訳や翻訳業を行う。ゴッドファザー、マケロニ等の映画の影響で南イタリアをこよなく愛す。現在イタリア生活9年目。ナポレターノと結婚し、一児の母。治安が悪く、ゴミ問題やスリが跡を絶たないナポリの街をいかに安全に楽しむか、そして「ナポリを見て死ね」の言葉の深さを伝えたいです。番組制作コーディネート・旅程コーディネートに関するお問い合わせはこちらへお願い致します。 DISQUS ID @yukisunami

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集