海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ナポリ特派員ブログ > ナポリの絶景はヴォメロの丘、サンテルモ城へ

イタリア/ナポリ特派員ブログ パドゥーラ恵

イタリア・ナポリ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年5月 6日

ナポリの絶景はヴォメロの丘、サンテルモ城へ


ナポリの絶景はヴォメロの丘、サンテルモ城へ

みなさん、こんにちわ。ナポリ特派員のパドゥーラ恵です。
ナポリでは春の快晴が続いてとても過ごしやすくなっています。
今日はその快晴の下でのナポリの絶景が見れるサンテルモ(Castel San Elmo)城を紹介したいと思います。

blog7_castel_sanelmo.jpg

(この写真はwikipedia から引用)


このお城はアンジュ一家のロベルト賢王によって1329年に建設されましたが、1537年から10年間に及ぶ改修工事によって、現在の石造りの星形の要塞となりました。

blog7_mappa.jpg


さて行き方です。ヴォメロ(Vomero)に到着する地下鉄1号線か、フニコラーレ(ケーブルカー)を利用すると便利です。

1)地下鉄1号線でVanvitelli駅から徒歩
2)地下鉄2号線ピアッザアメデオ(Piazza Amedeo)駅からすぐ左手にある、フニコラーレのキアイア線で、終点チマローザ(Cimarosa)駅から徒歩

3)地下鉄2号線でモンテサント(Montesanto)駅下車、フニコラーレ(ケーブルカー)のモンテサント(Montesanto)駅から終点モルゲン(Morghen)駅下車して徒歩

4)プレビシュート広場から入ったトレド通り(via toledo)にあるフニコラーレ(ケーブルカー)アウグステオ(Augusteo)駅から終点ピアッザフーガ(piazza Fuga)駅下車して徒歩

フニコラーレの駅はどれもヴォメロの丘に到着し、各駅からサンテルモ城までは歩いて10分から15分ほどで到着します。

blog7_dal_vomero.jpg


先日息子と日本から来た友人を連れて行ってみました。ヴォメロの丘のどこから始まったのかは???ですがいつのまにか現れた足跡、まるで案内人がいるように、歩道に描かれたこの足跡を辿っていくと、サンテルモ城に着きました!

blog7_piedi.jpg

入場料は5ユーロです(子供は無料)8:30-19:30(最終入場18:30)

blog7_biglietti.jpg

エレベーターもありましたので、ここもベビーカーで苦労することなく移動できました。

blog7__accensore.jpg

エレベーターを降りると広々とした屋上につきます。

blog7_sopra_castelo2.jpg

ヴェスヴィオ火山や、地中海の向こうにあるプロチーダ島まで見え、360度ナポリの景観を見渡せます。

blog7_mare.jpg

blog7_vesvio.jpg

そして恒例のトイレチェック。残念ながら子供のおむつ換えにとってはちょっと手狭で、清潔感には欠けました。サンテルモ城を出てすぐにカフェがあり、そこでトイレをお借りしました。

blog7_bar.jpg

さて、ナポリの景色を満喫したあとは、徒歩でナポリ中心部へ帰る方法もあるんです。(私はベビーカーがあったので、帰りも同じようにフニコラーレで戻りました。)お城を出るとチェント・ロストリコ(Centro storico)と書いてある看板に沿って、階段をひたすら下りていくと、なんと旧市街、スパッカナポリに到着しますよ。

blog7_pedamentina.jpg

いかがでしたか?まるで絵葉書にあるようなナポリの絶景はヴォメロの丘、サンテルモ城へ是非行ってみてください。

サンテルモ城 Castel sant'Elmo
Via Tito Angelini 22,80129,Napoli

毎日 8:30-19:30 (最終入場18:30)

入場料 5ユーロ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2019年5月 6日
« 前の記事「春のGWに是非行きたいカプリ島と「青い洞窟」」へ
»次の記事「都会のオアシス、ナポリ植物園に行ってきました。」 へ
おすすめ記事
ナポリ特派員 新着記事
【急募!】ナポリ特派員を募集しております!
ナポリ特派員終了のご挨拶 
お金の話。小銭のおつりにちょっと注意しましょう
ナポリの夜景とミシュランの星に一番近いレストラン・ジョージ
ナポリの子供達のお誕生日会ってどんな感じ?その2
ナポリの子供達のお誕生日会ってどんな感じ?
イタリア大統領から表彰された世界一のピザ
うっとり!豪華絢爛なナポリ王宮博物館を訪ねて
[an error occurred while processing this directive]

イタリア ツアー最安値


2019/8/23更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ナポリ特派員

    ナポリ特派員
    パドゥーラ恵
    大学教授の秘書として長年勤めていた中、イタリア旅行で現在の夫と出会い、遠距離恋愛の末2013年渡伊。夫の転勤に伴いローマ、コルティーナダンペッゾ、シチリア、そして2017年よりナポリ在中。超高齢出産を乗り越え43歳で長男を出産。旅行好き、食べ歩き好き、おしゃべり好きを武器に現地のママ友とも交流を深め、母親ライフを日々奮闘中。現地サポートや各種問い合わせはこちらまでご連絡下さい。 DISQUS ID @disqus_q67AmJEJLu

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集