海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ナポリ3特派員ブログ

イタリア/ナポリ3特派員ブログ Nakky

イタリア・ナポリ3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。



みなさん、こんにちは!

サニタ地区のブログを書いて、サニタ地区に行ってみたいと思う方も出てきたと思います(希望)。
今日はサニタ・グルメでも一番有名なピザ屋「CONCETTINA AI TRE SANTI」(コンチェッティーナ・アイ・トゥレ・サンティ)をご紹介したいと思います。

1.JPG
写真はピッツァ・フリアリエッリ・エ・サルシッチャ。(ナポリの野菜、フリアリエッリ(チーマ・ディ・ラーパの一種で少し苦みのある野菜です)とソーセージ、プローヴォラのピザ)マルゲリータもいいですが、ナポリの定番ピザなので食べてみてください!


このお店は1951年に創業し、昔はそこまで混んでいなかったんですが、代が変わり今はひ孫のチロがピザ職人になり、昔からの手法を守りつつもチャレンジを重ねどんどん人が来るようになり、その後もイタリアで一番おいしいピザに何度も選ばれたり、ミシュランガイドにも載ったりしたことでさらに人が来るようになり、サニタという場所にもかかわらず今では1時間は当たり前というくらい行列ができるピザ屋になりました。


ここは朝から晩まで閉まらず開いているので、入るならオープン直後かお昼が終わった4時とか5時くらいだと並ばずに入れる場合があるのでおすすめです。


店内は小さく、プレセーペ・ナポレターノやアーティストが仮面劇でのナポリ役のプルチネッラをモチーフにした作品などナポリナポリしているものが少しこじゃれた感じで飾ってあります。

2.JPG

6.JPG


ピザは、私はピザ生地がフォカッチャ的な感じのものが好きなので、ここのは生地が弾力があってとても好きです。
種類も定番メニューのマルゲリータやマリナーラ、他にも15種類のピザがあり、揚げたピザやアルミのお皿の中で焼いたピザなど色々あるのでみんなでそれぞれ頼んでシェアしてもいいですね!
Degustazione(デグスタツィオーネ)といって試食のような感じで12種類を少量ずつ出してくれるメニューもあります。


5.JPG
イタリア人風にピザの前にコロッケなどのフライを頼んでみては?

3.JPG
ピッツァ・テッラ・ミーア(外にポテトフライがのっていて、中はブロッコリーと豚肉のラードが入ってます)
かなりクドイですが、くせになる美味しさです!


4.JPG
ピッツァ・ノンナ・ナンニネッラ(アルミのお皿で少し油多めで焼いたピザです。こちらの具はベーコンとアーティチョークです。)


7.JPG
手作りビールを頼むと、こんなワインクーラーのようなものに入ってきます


そして、ここは昔からピッツァ・ソスペーゾをやっていることでも有名なんです。
前のブログでカッフェ・ソスペーゾのお話をしましたが、ピッツァ・ソスペーゾも同じような感じで、貧しい人が来た時に食べさせてあげてということで、余分にピザのお金を払っておきます。
次に貧しい人が来た時に、その事前に払ってくれたお金でピザを作り無料でピザをあげる仕組みです。
8.JPG
ちなみにこのピッツァ・ソスペーゾのTシャツを10ユーロで売っています。
他では売ってないので、お土産にどうでしょうか?


ナポリ人は自分の生まれ育った地区をこよなく愛していますが、こちらのピザ屋も例外ではなくサニタが大好きでサニタから色んなものを発信していこうと頑張っています!
サニタをお散歩した時には、サニタをお散歩した時でなくてもピザを食べにわざわざ行く価値はあります!
ピザを食べ、ポッペッラで食後のデザートをしてみてください。


2019年6月15日

みなさん、こんにちは。
ナポリの有名なお菓子といえば、ババ、スフォリアテッラなどありますが、今日はサニタ発の新しいお菓子を紹介します。

場所は先日のブログで書いたサニタ地区にあり、ヴェルジニ通りをまっすぐ行ってアレーナ・デッラ・サニタ通りにあるポッペッラというお店です。

写真1.JPG


前は小さくて、ショーケースがあるだけでのお店だったんですが、今はコーヒーも飲めるカフェも併設された可愛いお店に変わりました。


写真2.JPG


ポッペッラの名物のお菓子というのは、フィオッコ・ディ・ネーヴェ(雪の結晶)という名前のお菓子です。
今ではナポリの新名物お菓子として有名です。


写真3.JPG
お店の人達もいつも笑顔で親切なんですよ。
サニタをお散歩した後、お茶のお供にフィオッコ・ディ・ネーヴェを試してはいかがでしょうか

フィオッコ・ディ・ネーヴェはどういうお菓子なのかというと、外はブリオッシュでその中にリコッタチーズと生クリームが入っています。
前はこのクラッシコだけだったんですが、今はピスタチオ味やチョコレート味も仲間入りしました。
あまりの人気で他のお菓子屋さんでも似たようなのが売っていますが、ここが元祖です!
ナポリの多くの家族は日曜日のお昼子供を連れて両親の家へ訪ねて昼ご飯を一緒に食べることも多いんです。
その時にお菓子を買って持っていくことも多いので、日曜日の朝などはランチの時に持っていこうと思ってお菓子を買いに来るたくさんの人で賑わっています。
日曜日以外にもいつもたくさんの人でいっぱいです。


写真4.JPG


王宮の近くのガレリアのある通り、サンタ・ブリージダ通りにも支店を出していますが、このサニタのお店は作ってるところから直でくるので味が新鮮でこちらの方が美味しいです。
買うのならここで買うのをお勧めします。
ここはイタリアのテレビ番組でナポリで一番おいしいパティシエにも選ばれたお店です。
フィオッコ・ディ・ネーヴェの他にもイタリアの定番のお菓子も売っています。


写真5.JPG


お店の人達もいつも笑顔で親切なんですよ。
サニタをお散歩した後、お茶のお供にフィオッコ・ディ・ネーヴェを試してはいかがでしょうか?


2019年5月30日

みなさん、こんにちは。
サニタ地区といえば、少し前まではナポリ人も危なくてあまり行かないような場所でした。
1990年前後くらいはちょっとしたメーカーのものを履いてたり着ていたりすると全部脱がされてサニタを出るはめになる。なんてこともあったらしいですが、今はおいしいピザ屋やお菓子屋さんもあったり観光地化してきて昼間は怖くありません。


IMG_7123.JPG
橋の上からのサニタのバジリカのクーポラ。 ナポリ人であることはすばらしいという張り紙。


元々サニタは城壁の外にある地区なので歴史的にも貧しい人達が住んでたり、治安が良くないとあまり良い印象がないんですが、バンクシーの記事の時にもちょっとお話したイタリアで知らない人はいない有名喜劇家トトが生まれた場所でもあるんです。

IMG_7208.JPG
サニタの至る処にトトの銅像があります。


サニタはどこにあるの?というと、駅で言うとメトロ1のムゼオ かメトロ2のカブールを出た所からはじまります。
フォリオ通りを挟んで歴史中心地区とサニタ地区になります。


IMG_7227.JPG
サニタの入り口から道路を挟んだ前にあるポルタ・サン・ジェンナーロ(聖ジェンナーロ門)


カブール駅を背に道を入っていくとVia Vergini(ヴェルジニ通り)という幅広い通りに出て、昼間はたくさんの出店が出ています。
IMG_8863.JPG

ここはサニタの市場で八百屋さんお肉屋さんなどから洋服屋さん、日用品まで安いお手頃価格で売っています。
なぜヴェルジニ(処女)という名前かというと、昔この地区に修道士達が住んでいたのでそう呼ばれました。


この通りに有名なスパニュオーロという建物があります。
IMG_8858.JPG


この建物は1738年に建てられたもので、建築家のサンフェリーチェが建築をしその後何人かの建築家によって完成されたという説もあれば、サンフェリーチェはデザインだけしたとか、誰かがサンフェリーチェのデザインを盗んだとか色々な説がありはっきりとしたことはわかっていません。
IMG_8859.JPG

この建物は奥さんが持っていた二つの建物の中央に階段をつけて二つの建物を行き来できるように設計されました。
二つの建物の間の階段は鷹の羽をイメージしたそうです。
この時代にこの階段を実現するのは相当な建築技術が必要だったそうです。


また、ここはナポリの王ボルボン家のカルロIII世がカポディモンテ宮に行く時に立ち寄ったそうで、建物を改装して狩り用の馬や動物がいる場所を作ったそうです。
改築を繰り返し、何度か持ち主も変わり最終的にスペインの貴族が買い、その貴族のあだ名「スパニュオーロ」(ナポリ弁でスペイン人の事、ちなみにイタリア語ではスパニョーロ)が今の建物の名前にそのまま使われています。
たまにここで、昔の衣装を着てご飯を食べるなどのイベントも行われているんですよ。


IMG_8860.JPG
色を付けてるところも茶目っ気のあるナポリ人ですよね


嘘か本当かは定かではありませんが、昔貴族がカードで勝ってこの建物をもらい、カードで負けてこの建物を勝者に渡すはめになったという噂もあります。
建物をカードで賭けるというのもなかなか勇気がいりますね。
この建物の写真を撮っていたら後ろから男の子が「ここに住んでんだー」と誇らしげに話してきました(笑)


そしてそのまままっすぐ行くと有名なポッペッラというお菓子屋さんに着きます。
ここをもう少し歩くと行列のできるピッツェリア コンチェッティーナ・アイ・トゥレ・サンティがあります。


ピザ屋の少し前に建物の地下にローマ時代の水道橋が残っていて、予約をすると見学することができます。
土曜日10.30, 12.00, 17.00 日曜日10.30, 12.00
電話番号 +39 3407031630 Associazione VerginiSanita’


ピザ屋の先をまた歩くと、サンフェリーチェ邸という建物があります。
IMG_0880.JPG


さっきのスパニュオーロ邸と同じじゃない?と思った人も多いと思います。ここはスパニュオーロ邸を建築したサンフェリーチェが居住用に1724年から1728年頃作られたと言われている家です。
一つの建物はもともとあったもので、もう一つ建物を建てこちらもその二つの建物を階段でつなげています。
似ていますがこちらはあまり修復などしていないのか保存の状態が悪く、でもそこがまた味を出していますよね。


IMG_0887.JPG


こちらにはストリートアートも描かれたりしているので是非階段を上がってみてくださいね。
IMG_8875.JPG


ここからまっすぐ歩き、途中タラッリ屋さんなどを通り過ぎ、バジリカ・サンタ・マリア・デッラ・サニタのある広場に出ます。

IMG_0850.JPG
ナポリ人はサッカーチーム ナポリに在籍していたマラドーナが大好き。


IMG_8877.JPG
サニタ広場にあるバジリカ・サンタ・マリア・デッラ・サニタ


サニタ地区にはいくつかのカタコンベ(地下墓地)があり、こちらの教会の下にカタコンベ・サン・ガウディオーゾがあります。
他にカタコンベ・サン・セヴェーロ(現在見学不可)、ナポリの聖人ジェンナーロのお墓があるカタコンベ・サンジェンナーロなどがあります。
カタコンベ・サン・ジェンナーロでは時々カタコンベでアペリティーボ(夕食の前の軽いお酒とおつまみ)をしながら見学というイベントがあります。
地下墓地でお酒を飲むこともなかなかないと思うので、ご興味があればぜひ行ってみてくださいね。


この広場を抜けてずっとまっすぐ歩くと貧しい人やペストで亡くなった人を埋葬してあるチミテーロ・デッレ・フォンタネッレに着きます。
広場からはずっと住宅地を歩いていくので、ナポリの下町の雰囲気が味わえると思います。


サニタは見所満載で1回のブログではお伝えできないので、レストラン、カタコンベなど少しずつお伝えしたいと思ってます!


今、サニタの若い人たちがサニタを活性化させようとしていて、夜も色々なイベントをしたり、サニタの歴史を勉強して観光客に説明したり、今までのサニタのイメージを払拭しようと頑張っています。


IMG_0853.JPG
カモーラ(ナポリのマフィア)がバイクに乗りながらピストルで空に向けて撃った時に流れ弾に当たって亡くなった男の子の像。


IMG_8321.JPG
教会の後ろに花火が見えますか? 花火を打ち上げるのはドラッグが着いた合図という説もあります。 サニタから花火が打ち上がるのが見えます。


最後の写真で行くのが怖いと思ったかもしれませんが、サニタは今では年間の観光客がどんどん増えてきています。
夜はお勧めしませんが、昼間は活気があって楽しいです。
やはり他の場所と同様、バックなどは気を付けて、何もないとは思いますがあまり裏道の裏道などは通らない方が良いかもしれません。
今日お知らせした通りはずっと一本道で大きい通りで人通り、観光客も多いので大丈夫です。
自分たちだけではちょっと。。と思ったらサニタのガイドツアーなどもあるので参加してみるのも良いかもしれません。
文化、歴史、食べ物、とても興味深いサニタ地区、是非遊びに行ってみてください。


2019年5月26日
2019年5月23日
2019年5月14日
2019年4月27日
2019年4月16日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ナポリ3特派員

    ナポリ3特派員
    Nakky
    日本で音楽大学を出、2006年から長年の夢だったイタリア留学を始め、フィレンツェ、ローマと南下していき、ナポリ人と出会い2014年からナポリに住んでいます。 イタリアで中学、高校で勉強し今は大学で音楽ではなく歴史を勉強しつつ、日本語を教えたりフリーで通訳、アテンド等をしています。
    ガイドブックには載っていないような隠れた観光名所、おいしいレストラン、ナポリの面白い文化、ナポリの他にもカンパーニャ州の情報をお届けしたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_ucwGpLTlbd

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集