海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ナポリ3特派員ブログ

イタリア/ナポリ3特派員ブログ Nakky

イタリア・ナポリ3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


皆さん こんにちは!


今日は新オープンというわけではないんですが、2018年9月に開いたスターバックス ロースタリーを紹介します。
オープン当時は行列ができていたと聞いていましたが、今回はバカンスシーズンでミラネーゼがあまりいないし、コロナの影響で観光客も少ないということもあるのかそこまで混んでいませんでした。


1D013765-3467-44F3-92B3-8759606B8418.jpeg


まずは体温と消毒をしてから店内に入ります。
日本にもあるスターバックス ロースタリーですが、ここはヨーロッパで一番大きく、世界で5番目の大きいそうです。
540A6031-F3BF-4AD4-B436-5B2D6F1D8BAE.jpeg
開放的で広い店内

ローストされる全工程が見られて、選ばれたよい豆だけが運ばれてきます。
46995AE3-AA23-4634-84DF-20188691786A.jpeg
ロステリーにはスターバックス全体の豆の品質のよい1%が使われているようです。
ここではフラペチーノはなく、コップもスターバックスの白くて緑のマークがついているものはありません。
ここもお酒があるので、アペリティーボもできます。
ブリオッシュなどのパンはミラノの有名なパン屋のプリンチのもの。
0EDB85D8-5BBB-4947-BF32-2DDEDF7B4F6C.jpeg


イタリアはコーヒー文化ですし、立ち飲みでエスプレッソをキュッと飲んですぐ出るというのが主流だし、アメリカンコーヒーなんて!という人も多いのでスターバックスに人が入るのかなあと思ってましたが、新しいもの好きなイタリア人、一回は入ってみよう、と思う人は多いのかもしれませんね!
今回はバカンスシーズンに入ってたというのもあるのかもしれませんが、外国人観光客が多かった気がします。
ちなみにミラノにはスターバックスロースタリーのほかに普通のスターバックスも何軒かあります。


2C8F3A60-5CCC-46A3-8ED2-828A68C7DE1A.jpeg


435E8114-E9F0-4E76-A2D8-E8D1BDEADB3B.jpeg


前にヴェネツィアに行ったとき、トイレに行きたくてバールでコーヒーを飲もうと思ったらなかなか立ち飲みできるバールがなくて探したことがありました。
ナポリ人でヴェネツィアに住んでるの友達が「ここは立ち飲みできるバールは少ないんだよね、座って飲むとこばかりなんだよねー」と言ってたので、場所が変わるとバールも変わるんですね。
なので、ミラノもゆっくりとコーヒーを飲む人も多いのでしょうか(イタリアの場合、トイレに行きたい場合、デパートなどあまりないのでバールに行きます。たまにコーヒー飲みたくないのにコーヒー飲んで、そのあとバールのトイレが「壊れて使えません」と貼り紙がある場合、すごいショックなときがあります)。


95D61AC9-0A11-48D1-89D6-CFD5F8A6CCDE.jpeg
イタリアとは思えないキレイなトイレ!
こんな時期ということもあって入る度に掃除していました。


ナポリといえばコーヒーが有名ですよね、ナポリターノがミラノでコーヒーを飲むと薄くておいしくないといいます。
カップチーノもコーヒーが薄いから牛乳の味しかしない、といいますが、スターバックスロースタリーのカップチーノはおいしかったみたいです。

BDCA07EF-25A6-4215-972D-55B8E28B1DFD.jpeg


3C04F4C7-B8B0-461A-A02A-445C5805B8B8.jpeg
外のテラス席も緑が多くてステキ


ミラノに行った際には広々とした店内でゆっくりとコーヒーを飲みに行ってみてください。


■Piazza Cordusio コルドゥーシオ広場
ユニクロの道路を挟んだ隣です


2020年7月30日

皆さん こんにちは!


ロンバルディア州はイタリアのなかでも新型コロナウイルスの感染者が一番多い州で、今も感染者は少なくなってきてはいますが、イタリアのなかでは今でも感染者が多い州です。
いいニュースはこの3日間死者が出ていません。3日間は初めてのようです。
今回、ミラノに滞在したのでミラノの様子をお伝えしたいと思います。

ミラノへはイタリアの特急電車ITALOで行きました。
ナポリ、ローマのあとフィレンツェやボローニャなどには止まらずミラノまでノン・ストップだったので、人も少なく快適でした。
B765B834-D88F-4014-82AE-D6B1A91F0ED4.jpeg
ITALOの車内。間隔を空けて席が指定されてます。


プリモの車両に乗りましたが、今までは飲み物サービスでコーヒーやジュースなど飲み物が選べましたが、今回はペットボトルのお水だけでした。
お菓子はいつも通り、塩系と甘い系と種類が選べました。
席は家族でも席をひとつ空けて座ります。


ミラノの駅はナポリ駅もそうですが、一方通行になっていたのでぐるりと回って下まで降りて行きました。
ナポリより新型コロナウイルスでの見回りの警察官が多いような気がしました。
38b20406b14ea496677b7913ed89600c693fc6d5.jpeg

5D948154-758F-4E18-8C0D-FC766BA0BCB5.jpeg
ミラノの駅


地下鉄は時間帯もあるのでしょうが、ミラノ人はほとんどバカンスに行っているということもあり、ガラガラでした。
7D4AD6DA-EF4D-4570-A3ED-816BB09B0E82.jpeg
地下鉄の中にもソーシャルディスタンスを守る貼り紙


EFAF4639-0072-415A-8F54-545C3DC388C4.jpeg

54C4343D-7607-4DEB-98D3-1C17B80AD973.jpeg
地下鉄の車内とホームに立ち位置マーク

トラムもこんな感じでガラガラでした。
813D4259-630A-4AB4-91D5-DC73D67ED115.jpeg

F593D916-1CB4-4726-B419-696D80B9A2AC.jpeg
ここには座らないでください。と書かれたのが貼られていて間隔を空けて座ります。


レンタル自転車のところに消毒ジェルが装備されてました!
198EBC3E-3087-4D36-96EC-1CB825047EC6.jpeg


ミラノのドゥオーモ広場は相変わらず人がいましたが、やはりいつもより人が少ない気がします。
4228DB3C-C972-4DBE-81BF-FC072DD83716.jpeg
いつもならドゥオーモ見学の長蛇の列があるのに、今回は行列は見なかったです。
でもドゥオーモの前にあるデパート、リナシェンテはやはり人がいっぱいいました。
海外からの観光客も思ったより見かけました。


41E17C06-98B2-48CF-B9D8-2BFA64E18065.jpeg
世界的有名な彫刻家Maurizio Cattelan(マウリツィオ・カッテラン)の彫刻。


2f5173f28f9d509aef7657238651af9386757294.jpeg
経済学部が有名なボッコーニ大学。


歩いていて思ったのは、ロンバルディア州も7月14日からマスクなしでも歩けるようになりましたが(室内や公共交通機関はマスク着用、マスク着用がないと罰金です)、マスクをして歩いている人がまだまだ多かったです。
ナポリは感染者が少ないというのもあり、マスクをして歩いている人はほとんど見かけません。
下手をするとお店とかでもマスクなしでいる人や、店員さんもマスクを顎にしている人とかもいて、あまり意味がないんじゃ?みたいな人にも遭遇しますが、ミラノはウエイターさんやお店の店員さんもマスクなしの人は見かけませんでした。
ミラノからナポリに里帰りして来た人も、コロナウイルスでの町の雰囲気が全然違うとビックリしてました。
ナポリのあるカンパーニア州もバカンスで観光客が来たりして少し感染者が増えたのもあり、室内でマスクなしの人の罰金などを強化したりしていますが、やはり感染者が多いところと少ないところでは危機感も違うなぁという印象を受けました。


2020年7月27日

皆さん、こんにちは!


2020年7月中、ナポリ・テアトロ・フェスティバルを開催しています。
ナポリ市内だけではなく、カセルタやベネヴェントなどいろいろな場所で演劇やコンサートなどを公演しています。
イタリア人演劇が好きな人が多いです。
私の友達でも本格的に演劇の勉強をしている人、趣味で演劇クラブに入っている人がたくさんいます。
日本では趣味で演劇サークルなどに入っている人が身近にいなかったし、イタリアに来てこんなにたくさん入っている人がいるんだとビックリしました。


今回私が見に行ったのをちょっと紹介しますね。
2020年の今年は新型コロナウイルスの影響もあるのか、考古学博物館でもありましたが、ほとんどが野外での公演みたいです。
IMG_7616.jpg
カポディモンテ美術館の公園内


IMG_7619.jpg
会場に入る前、最初に体温を測ります。


IMG_7617.jpg
会場内に入る列はソーシャルディスタンスを守っての看板と芝生の上には1m間隔を教えるシートがありました。


IMG_7620.jpg
席も間隔を空けて配置されていました。この日は満員!


IMG_7626.jpg


IMG_7625.jpg
終わったあとはすっかり暗くなりライトアップされた公園内をちょっと散歩して帰りました。
なかなか夜のカポディモンテの公園を歩くことはないのでそれだけでも得をした気分です。
ライトアップされた道もなかなかキレイでした。



2020年7月24日
2020年7月21日
2020年6月30日
2020年6月27日
2020年6月19日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ナポリ3特派員

    ナポリ3特派員
    Nakky
    日本で音楽大学を出、2006年から長年の夢だったイタリア留学を始め、フィレンツェ、ローマと南下していき、ナポリ人と出会い2014年からナポリに住んでいます。 イタリアで中学、高校で勉強し今は大学で音楽ではなく歴史を勉強しつつ、日本語を教えたりフリーで通訳、アテンド等をしています。
    ガイドブックには載っていないような隠れた観光名所、おいしいレストラン、ナポリの面白い文化、ナポリの他にもカンパーニャ州の情報をお届けしたいと思っています。
    ご質問、ご依頼等ございましたらお気軽にこちらにご連絡ください。 DISQUS ID @disqus_ucwGpLTlbd

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集