海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ナポリ3特派員ブログ > 【サニタ地区】セレブのための地下墓地

イタリア/ナポリ3特派員ブログ Nakky

イタリア・ナポリ3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年6月28日

【サニタ地区】セレブのための地下墓地


【サニタ地区】セレブのための地下墓地


みなさん、こんにちは。
今日はバジリカ・サンタ・マリア・デッラ・サニタの地下にあるカタコンベ・ディ・サン・ガウディオーソ(聖ガウディオーソの地下墓地)をご紹介します。

1.JPG


サニタにはこのサン・ガウディオーソの他に、カタコンベ・ディ・サンジェンナーロ(聖ジェンナーロの地下墓地)と現在公開されていないカタコンベ・ディ・サン・セヴェーロ(聖セヴェーロの地下墓地)の三つがあります。


地下墓地をご紹介する前にちょっとバジリカ・サンタ・マリア・デッラ・サニタをご紹介させてください。
こちらは今の場所に5世紀くらいから小さな教会があったのですが、今のような形になったのは17世紀になってからです。

4.JPG

12.JPG
クリプタ

2.JPG
教会の一番奥のクリプタの一番奥の左側にある絵はナポリでも一番古いと言われているマリア様の絵です。


1809年にプレビシート広場にある王宮からカポディモンテに行くためにこの教会を壊して橋を作ろうと計画があがりましたが、幸い教会の回廊を半分壊すだけにとどまりました。
教会を入って奥の回廊に行くと中に橋の柱があるんです。
教会が壊されなかっただけ良かったですが、その橋ができたのでサニタ地区はカポディモンテへ行く通路ではなくなり町は栄えなくなっていきました。

5.JPG
教会の中にボクシングジムがあるっていうのもサニタらしいといえばサニタらしいですね。


そして、ここには日本26聖人の絵があります。
3.JPG
遠いイタリアの地で長崎の絵を見るのは感慨深いものがあります。
日本人を見たことのない外国人が想像で書いたであろう日本の風景、服装、顔立ちなど興味深いですね。
地下墓地のチケット売り場の後ろなのでわかりやすいので見てみて下さいね。


さて、カタコンベ・ディ・サン・ガウディオ―ソのお話に。
ここは5世紀くらいにはもう地下墓地がありました。
聖ガウディオーソは南アフリカ出身(現在のチュニジア)の聖人でナポリで亡くなり、この場所にお墓をたてられました。
6.JPG
今あるお墓がそうではないかと言われはています。

今見れる地下墓地はほんの一部で昔はとても大きかったようです。
その後この地下墓地は忘れ去らり、17世紀にドミニコ会が教会を作る際お金が必要なので、お金持ちの為の地下墓地を下に作りました。


9.JPG
この写真にあるのはかめを置きその上に死体を座らせ、長時間かけて内臓などをかめにいれ、骨だけの状態にしました。
そのあと、がいこつを取り、壁に穴をがいこつを入れる穴をあけ、その下に洋服とその人の名前を書きました。
今はがいこつはなく穴があいているだけですが、少し形跡を見ることができます。
10.JPG

13.JPG
こちらは剣を持っている人が騎士、黒い服を着ている人は裁判官だったようです。
生前のその人の特徴や職業などを絵に描いています。
教会の建築をした建築家もセレブではなかったですが、無料で建築したかわりにここに埋葬してもらったそうです。


11.JPG
ちょっと絵はごついですが、スカートを履いていて女性のお墓です。

8.JPG
男性が左の壁、女性が右の壁と別々なのですが、この壁だけはカップルで一緒にいます。


7.JPG
フィレンツェのウッフィツィ美術館にも描いた画家ジョヴァンニ・バルドゥッチもここに埋葬されています。
彼が描いた、シエナの聖カタリナの絵はこの湿気のある場所で一度も修復されず今でも綺麗な状態で残っています。
この場所が湿気が少ないのではないかとも言われてますが、奇跡だと思う人も多いようです。

チケットは9ユーロ2日間有効でカタコンベ・ディ・サン・ジェンナーロも同じチケットで見学することができます。
午後も見学可能な時もありますが、だいたい13時までです。

色々な所にカタコンベはありますが、こういうカタコンベはなかなか見られないと思います。
とても興味深いのでぜひお薦めです!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2019年6月28日
« 前の記事「ナポリで夜を満喫。カクテルバー」へ
»次の記事「【サニタ】がいこつにお願いを。」 へ
おすすめ記事
ナポリ3特派員 新着記事
【サニタ】がいこつにお願いを。
【サニタ地区】セレブのための地下墓地
ナポリで夜を満喫。カクテルバー
【サニタ・有名ピザ屋】一度は食べてほしい行列のできるピザ屋
【サニタ発・グルメ】ナポリの新名物お菓子
【サニタ地区】昼間歩けば怖くない!見どころいっぱいのサニタ
魚屋さんがやってるカジュアルゴハン屋さん
貴族、神父様、近所の人みんな集まる21世紀のナポリの社交場 トラットリア カルミネ
[an error occurred while processing this directive]

イタリア ツアー最安値


2019/7/17更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ナポリ3特派員

    ナポリ3特派員
    Nakky
    日本で音楽大学を出、2006年から長年の夢だったイタリア留学を始め、フィレンツェ、ローマと南下していき、ナポリ人と出会い2014年からナポリに住んでいます。 イタリアで中学、高校で勉強し今は大学で音楽ではなく歴史を勉強しつつ、日本語を教えたりフリーで通訳、アテンド等をしています。
    ガイドブックには載っていないような隠れた観光名所、おいしいレストラン、ナポリの面白い文化、ナポリの他にもカンパーニャ州の情報をお届けしたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_ucwGpLTlbd

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集