海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ナポリ3特派員ブログ > 北イタリアの州、ヴァッレ・ダオスタ 時間がゆっくり...

イタリア/ナポリ3特派員ブログ Nakky

イタリア・ナポリ3特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年8月22日

北イタリアの州、ヴァッレ・ダオスタ 時間がゆっくり流れるモンテ・ローサとマッターホルン


北イタリアの州、ヴァッレ・ダオスタ 時間がゆっくり流れるモンテ・ローサとマッターホルン


皆さん こんにちは!
ヴァッレ・ダオスタは州都のアオスタは暑かったですが、ほかの場所は20度弱くらいで長袖を着て過ごしてます。
暑いのが苦手な私にはとても快適です!
今回はヴァッレ・ダオスタの東側の山とその周辺を紹介します。


ちなみに前にもヴァッレ・ダオスタは1850年くらいまでフランス語で話されていたというのを書きましたが、そのため地名がフランス語なところが多いです。
彼らの方言もフランス語からきてるそうです。


Monte Cervino(モンテ・チェルビーノ, マッターホルン)
日本ではマッターホルンと呼ばれていますが、イタリア語ではモンテ・チェルビーノと言います。
3CCB27D9-4E36-4ED6-9414-139F519C4097.jpeg
スイスとイタリアにまたがっている山です。
ここからスイスのZermat(ツェルマット)にも行くことができます。


アオスタからバスでChatillon(シャティリオン)まで行き、そこからチェルビーニア行きに乗り換えます。


今回私はマッターホルンまでは行ってないんですが、麓にあるLago blu(ラーゴ・ブル、青の湖)に行きました。
B0C59271-07D7-4C26-BCDF-C03357ED6956.jpeg
青色にも見える湖の後ろに見えるマッターホルンはとてもキレイです。
インスタ映えもしますね!


マッターホルンの近くではChamois(シャモワ)でバスを降り、ロープウェーで上がるとBuisson(ブッソン)に着きます。
66706224-268E-45D3-B35B-593415D1CDF4.jpeg
ヴァッレ・ダオスタで一番高い場所にある町で、トレッキングをする人たちでにぎわっています。


Monte Rosa(モンテ・ローサ)
27E35711-97CA-440E-87A0-B72871FBA8E2.jpeg
モンテ・ローサはピエモンテ州との境にあり、スイスとイタリアにまたがっています。
マッターホルンの手前くらいの山までをモンテ・ローサと呼び、山単体というよりは山脈です。
モンテ・ローサという名前はローサはイタリア語でバラという意味もありますが、ピンク色でもあり、岩が赤みがかっているからや夕焼けに当たると赤く染まるからなのかと思いがちですが、実はローサというのはヴァッレ・ダオスタの昔の方言で"氷"という意味でそこからきているようです。


アオスタから電車またはバスでPont Saint Martin(ポン・サン・マルテン)まで行きGressoney(グレッソネー)行きのバスに乗り換えます。
EA0D7110-0894-454C-A6AF-77B11508D786.jpeg
ポン・サン・マルテンにあるローマ時代の橋。紀元前25年くらいに作られた橋で、今でも使われています。
EC4804AF-CBC7-482D-8C82-7CCE049CDD0B.jpeg
ローマ時代の石畳みが今も残ってます。


モンテ・ローサの近くはスイスのドイツ語圏との境なので、ここはほかのヴァッレ・ダオスタと違って昔はドイツ語を話していたようです。
この地域はWalser(ヴァルセル)というスイスのヴァレー州の人たちが1000年くらいに住みついたようです。
そのあと1500年くらいにもヴァレー州からきたようです。
その頃は今よりも暖かくスイスとも行き来があったようですが、1600年くらいから寒くなり行き来ができなくなり、古い文化が残ったようです。
今でも10グループが残っていて、1000年くらいのオリジナルのグループから1500年の新しいグループまでいろいろだそうです。
ちょっと住んでいる人もほかのヴァッレ・ダオスタと違ったドイツ系ぽい人も多い気がします。


ここにはヴァッレ・ダオスタの家の特徴、石造りの家もありますがstadel(スターデル)と呼ばれるヴァルセルの家をまだ見ることができます。
スターデルは土台は石ですが、家は木でできています。
9A20F0AB-57B7-41ED-AEA2-30967461FA67.jpeg
ヴァルセルの特徴的な家
704BBDC0-38C6-424A-96AD-989D2B98A421.jpeg
こちらはヴァッレ・ダオスタの特徴的な石造りの家。


私はGressoney-Saint-Jean(グレッソネー・サン・ジャン)に泊まりました。
今まで滞在したほかの町と比べてこの地域は懐かしい感じも残っていて、町の感じも統一されていてとても気に入りました。
お花もあちこちに飾られていてとてもかわいいです。
ここはゴルフもできます。
5E20DA15-9921-4F8B-BDEE-ECC9F97DFC4E.jpeg
グレッソネー・サン・ジャンの町の中心。


B4878BAA-99FB-471F-A47C-5DC4A736ABD9.jpeg
中心から少し離れただけで、牛やヤギが放牧されていてヤギは怖がりもせず近寄ってきます。
運がよければ牛の団体が道路を歩いて牧場まで行くのも見られます!


モンテ・ローサへは一番近くの町Stafal(スターファル)に行きます。
そこからロープウェーに乗ります。
Sant'Anna(サンタ・アンナ)は地元の人がおすすめする場所でここからモンテ・ローサが一望でき、とてもキレイに見える場所です。
525DD7C6-C894-4034-9394-9C13F9563889.jpeg
カウベルをつけた牛が放牧されていたり、小さな教会があったりとてもリラックスできる場所です。
FCF8E25F-C3EC-4AA8-9BCD-F87B984F2B02.jpeg
07004492-679C-4D12-9B5B-0F8901246834.jpeg
DD6F7144-61DB-4520-984A-8382453203DE.jpeg
AAD99DFD-B257-493B-A533-475C62CAA2A8.jpeg
午前中に行くのがおすすめです。
午後はモンテ・ローサに雲がかかってしまうことが多いようです。


スターファルからもうひtpつのロープウェーでサンタ・アンナの反対側、Gabiet(ガビエ)に行けます。
かなり長いロープウェーでした。
ガビエに着くと牛の群れが迎えてくれます!
ここからさらにpasso dei salati(パッソ・デイ・サラーティ)やさらにその上のStolemberg(ストレンベルグ)までロープウェーを乗り換えて行くことができます。


私は今回ガビエまででしたが、Lago Gabiet(ガビエ湖)や、氷が残っているところまで散歩することができます。
060C4FE8-93F2-4DEA-BDC0-7FF8303894FD.jpeg
0AAFBC16-1CAB-4076-8597-35B813A577DA.jpeg
E079ED10-90CD-4678-8078-C2729EF9A855.jpeg
7F2EBA3F-772B-4A59-8C04-486143F8FE94.jpeg
山登りを守ってくれるんでしょうか、山には小さな教会があります。


Gressoney-La-Trinité(グレッソネー・ラ・トゥリニテ)からGressoney-Saint-Jean(グレッソネー・サン・ジャン)まで6kmを歩く小道もあります。
EC1944A8-01E6-4CC8-AE83-98402B14DA6C.jpeg
サン・ジャンより少し大きく、とてもかわいい町のグレッソネー・ラ・トゥリニテ。


往復を歩くのもいいですが、ラ・トゥリニテまでバスで行ってサン・ジャンまで緑の小道を下って行く方法もあります。
古いヴァルセルの家があったり途中の小さな村を見たりしながら歩くので楽しいです。
EF14638E-D221-45FF-9F19-DA58BFA257EE.jpeg
7DEBB37B-8C08-459E-BB27-E4E00829B6CF.jpeg


場所によって雰囲気も変わるし山の景色も変わりとても興味深い州です。
BEAEDFE2-8340-4CCD-B2EB-7D71E5BDA621.jpeg
バスで知り合ったイタリア人の夫婦はヴァッレ・ダオスタが大好きで毎年来ているそうです。
いろいろなトレッキングコースがあり毎年同じ場所でも違うコースを周ったりして楽しんでいるようです。
2回に分けてヴァッレ・ダオスタの自然を紹介しましたが、どこか気に入って行ってみたいなぁと思ってもらえたらうれしいです。
095CDCD1-FFE3-4669-8E3A-36AFCEB61A1D.jpeg
 

ナポリ、カンパーニア州の紹介のインスタグラムを始めました。
よかったらこちらも見てみて、フォローしてみてください。
・Instagram: http://www.instagram.com/napolinioideyo
ナポリにおいでよ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年8月22日
« 前の記事「夏のモンブラン、グランパラディーゾ」へ
»次の記事「【ヴァッレ・ダオスタ】中世のお城がいっぱい!」 へ
ナポリ3特派員 新着記事
ピッツァで作ったプレセーペ
変わり種パネットーネ
涼しくなったら食べたくなるナポリ家庭料理紹介
ナポリの絶景パノラマスポット
ナポリ 夏の終わりのポジリポ
ナポリ王宮でローザ・パークスの家公開
ナポリ料理ジェノヴェーゼって?
イタリアのバールでのいろいろな言い方
1年前の同じ月に投稿された記事
【ガルダ湖・シルミオーネ】マリア・カラスも好きだった古代ローマからある温泉
ガルダ湖で一番素敵な町、シルミオーネ
【ガルダ湖】北イタリアなのにレモンの町 リモーネ・スル・ガルダ
【ガルダ湖】ヨーロッパで一番美しい絶景サイクリングロード! リモーネ・スル・ガルダ

イタリア ツアー最安値


2021/3/31更新

イタリア 航空券情報


イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ナポリ3特派員

    ナポリ3特派員
    Nakky
    日本で音楽大学を出、2006年から長年の夢だったイタリア留学を始め、フィレンツェ、ローマと南下していき、ナポリ人と出会い2014年からナポリに住んでいます。 イタリアで中学、高校で勉強し今は大学で音楽ではなく歴史を勉強しつつ、日本語を教えたりフリーで通訳、アテンド等をしています。
    ガイドブックには載っていないような隠れた観光名所、おいしいレストラン、ナポリの面白い文化、ナポリの他にもカンパーニャ州の情報をお届けしたいと思っています。
    ご質問、ご依頼等ございましたらお気軽にこちらにご連絡ください。 DISQUS ID @disqus_ucwGpLTlbd

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集