海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/奈良特派員ブログ

日本国内/奈良特派員ブログ 大向 雅

日本国内・奈良特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


IMG_6954 (2).JPG

今回は奈良県生駒市にある真言律宗の寺院、長弓寺(ちょうきゅうじ)を紹介。


IMG_6967 (2).JPG

創建は奈良時代の僧・行基(ぎょうき)と伝わりますが、詳細は定かではありません。寺伝によりますと神亀5年(728年)、鳥見(とみ)郷の小野真弓長弓(おののまゆみたけゆみ)と息子・長麻呂が聖武天皇の狩りに随行していた時のこと。不思議な鳥が飛び立つのを見た長麻呂が矢を放ったところ、矢は鳥ではなく父・長弓に当たってしまい亡くなりました。

不運な長弓父子を哀れんだ聖武は僧・行基に命じて一寺を建立させ、御本尊に十一面観音像を安置したのが始まりとのことです。


IMG_6965 (2).JPG

また、平安時代に入ってから藤原良継(ふじわらのよしつぐ)が創建したという説や、荒廃していたお寺の堂塔を整えたともいわれています。隆盛時には塔頭寺院もが20ヶ寺あったといわれていますが、現在で4坊が残されるのみです。

IMG_6986 (2).JPG

現在の本堂は、棟木にある銘から鎌倉時代の弘安2年(1279年)あたりに建てられたことが判明しており、真言律宗の祖である叡尊(えいそん)によって再興されたものと考えられています。


IMG_6984 (2).JPG

入母屋造(いりもやづくり)で正面5間、側面6間のりっぱなものです。檜皮葺(ひわだぶき)の屋根もまたお寺では珍しいです。鎌倉時代の新和様の典型的な建築として大変貴重な建物であるとして国宝に指定されているのも納得です。


IMG_6972 (2).JPG

また、長弓寺の境内東側にある伊弉諾(いざなぎ)神社は、聖武天皇が長弓寺の鎮守として建てさせたものと伝わっています。かつては牛頭天王(ごずてんのう)が御祭神だったそうですが、現在はこちらの春日造りの社殿に伊弉諾命(イザナギノミコト)が御祭神として祀られています。伊弉諾命には神明造の社殿が相応ですが、それでも中々の貫録です

IMG_6956 (2).JPG

参道入り口に、このように大きな鳥居が建っているのも、近世になるまでは神仏習合の信仰が行われていたことの名残なのでしょう。

IMG_6971 (2).JPG

長弓寺本堂には住職はおられず、薬師院、円生院、法華院、宝光院という4つの塔頭が輪番制でお寺を護持されているという不思議なシステム。薬師院、円生院、法華院では宿坊を営まれ、精進料理を食べることもできます。


面白いのは、長弓寺には鎌倉時代建立とされる三重塔があったそうですが、昭和9年(1934年)の室戸台風で本堂の屋根が大破するなどの大きな被害を受けた際に、修理費用捻出のため三重塔を売却されたというのです。とはいっても、その時にはすでに初層のみしか残されていなかったそうですが。

いったん、ある実業家の所有となって鎌倉市に移築されましたが、昭和29年(1954年)に高輪プリンスホテル(現グランドプリンスホテル高輪)の庭園内に移築され「観音堂」と称されて、都会の真ん中に居ながら古刹の情緒が楽しめる隠れスポットとなっています。


IMG_6996 (2).JPG

また、長弓寺から1km程東の小高い丘の上には真弓塚(まゆみづか)というものがあり、小野真弓長弓の供養の為に、本人の弓、もしくは聖武天皇の弓が埋められたと伝わっています。


長弓寺は一般的な観光地とからは少し離れた場所にありますが、そのぶん穏やかな気持ちで参拝できるお寺ですので、ぜひお越しください。


観光福祉タクシーMIYABIWELCAB


2019年2月21日

DSC01983 (2).JPG

仏教には「放生会(ほうじょうえ)」という、捕えた魚や獣を池や野に放つことで殺生を戒め、万物の生命を慈しむ儀式があります。こちらの猿沢池(さるさわいけ)は奈良時代に、興福寺での放生会を行うために造られた一周約350mの人工の池です。


DSC02029 (2).JPG

今でこそ興福寺の境内とは、三条通をはさんで向かい合っているように見えますが、かつてはここまで興福寺の寺領だったそうで、その権勢ぶりが分かるというものです。


DSC01968 (2).JPG


池のほとりを鹿が散歩する姿もよく見かけますし、近鉄奈良駅からも徒歩10分ほどで、「ならまち」にも近いこともあって、観光客はもちろんのこと地元の人たちにとっても憩いの場となっています。

DSC01987.JPG

通称「五十二段」とよばれるこの石段は、猿沢池から興福寺の南大門跡へと続く階段で、その名の通り下から上まで五十二段あります。五十二という数字は大乗仏教の教えにちなんだもので、菩薩の修行の階位は一番下の信心・念心・精進心から始まり、一番上の妙覚までの五十二段階に分かれているとされ、妙覚に達した菩薩はあらゆる煩悩を断じ尽し、悟りを開いた仏とされるそうです。

つまりこの階段を上り切って興福寺に入る頃には、もうすっかり仏の境地に到達しているという事を表わしています。池のほとりの何気ない階段にも、長い歴史と深い意味が隠されているのは、奈良ならではのことですね。


DSC01939 (2).JPG

猿沢池には多くの伝説が伝わっていますが、その中でももっとも有名なのが「采女(うねめ)伝説」だと思います。


DSC01923 (2).JPG
かつて奈良時代に、春姫という美しい女性が采女として宮中に仕えていました。ほどなく天皇に見そめられ、寵愛を受けるようになりましたが、やがて寵愛は薄れてしまい…悲嘆にくれた彼女は、この猿沢池に身を投げたと伝えられています。池の南東には、入水する時に衣服を掛けたという衣掛柳の石碑があり、対岸の北西には采女神社があります。


DSC01937 (2).JPG
不思議なことにこちらの采女神社は、池に背を向けるように建っているんです。これは祭神である春姫が自分が身を投げた池を見るのは嫌だと言って後ろを向かれたと伝わっています。
「采女祭」は彼女の霊を慰めるために毎年仲秋の名月の日(旧暦8月15日)にJR奈良駅前から猿沢池のほとりに建つ采女神社まで花扇奉納行列が行われるところから始まり、采女神社に花扇を献じ、その後二隻の竜頭船にのせて池を二周し、最後に花扇を池に投じて供養いたします。

采女神社は普段は非公開ですが、この祭の日だけは一般の方でも参拝できます。

DSC02053 (2).JPG

また、猿沢池には昔から「澄まず・濁らず・出ず・入らず・蛙はわかず・藻は生えず・魚が七分に水三分」というような七不思議が伝わっています。つまり、猿沢池の水は決して澄むことがない、かといってひどく濁ることもない。どこからも水が流入する川はなく、また流出する川もないのに、常に一定の水量を保っている。亀はたくさんいるが、なぜか蛙はいない。亀や鯉が食べてしまうのか藻も生えない。毎年多くの魚が放たれているので増える一方なので、魚が七、水が三の割合になってもおかしくないはずだが、魚であふれる様子がない。


実に不思議なこともあるものだ…などということを考えながら夕涼みをしていただくのもまた一興です。

猿沢池は、現在も奈良の有数の観光スポットとして知られていますが、ここが景勝地として取り上げられたのはものすごく古く、なんと!室町時代に作られた「南都八景」の中にも「猿沢池の月」として取り上げられているんです。

395C5412-9D98-41B8-BE0A-25ACE246401D (2).jpg

興福寺の五重塔は高さ50mですが、この塔が隠れてしまわないように建物を造らなければならないという、」奈良の不文律のおかげで一際大きくそびえていますよね。興福寺の南円堂にお参りされる方が鳴らす鐘の音がやさしく響くのを楽しみながらお散歩を堪能していただきたいと思います。

観光福祉タクシーMIYABIWELCAB


2019年2月14日

51441826_2084155944995591_6974345397653209088_n (2).jpg

奈良というところは1月、2月、3月にかけて本当にたくさんの大きな行事やイベントがあります。
特に大きなものを挙げますと、1月は初詣、山焼き、近年に始まった「奈良ちとせ祝ぐ寿ぐ(ほぐほぐ)まつり」など。

DSC06295 (2).JPG

2月には各寺院で節分会(せつぶんえ)が行われ、春日大社では2月の3日に参道の燈籠に火が灯される「万燈籠(まんとうろう)」がとても幻想的な雰囲気を醸し出します。万燈籠は8月のお盆の時期にも開催されますので、またあらためて紹介いたします。(今年は雨天で悲しいことでした)


S__58015753 (2).jpg


さて、今回紹介しますのは「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」というイベントです。開催期間は2月8日から2月14日までの1週間です。

DSC06311 (2).JPG


回廊とは寺社仏閣の建物や中庭を囲む廊下のことで、境内を「廻る」ための道。「しあわせ」とは、手のひらを合わせて互いのシワとシワを合わせること。古来より日本人は、自然や神仏などの畏れ敬うものに対し目を閉じて、軽くこうべを垂れ合掌してきました。その姿は遥か古代から、今この瞬間も変わらず、奈良の風景にとけ込んでいます。

その風景の中で瑠璃の深い青色は、至上の色として神聖視され、古来よりわれわれ日本人を魅了してきました。春日大社、興福寺、東大寺という奈良を代表する三社寺を幻想的な光の道でつないで、まさにその美しい瑠璃の世界を表現されているのが、このなら瑠璃絵ということです。

公式サイトから一部引用させていただきました


DSC06304 (2).JPG

イルミネーションの会場は東大寺や興福寺、春日大社など色々な所で行われていますが、やはりこの奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~が一番のメイン会場。たくさんの鹿ちゃんたちが輝いてお出迎えしてくれます。


DSC06302 (2).JPG

幽玄という点では、まだまだ春日大社の万燈籠の方に軍配が上がりますが、伝統を守りながらも現代の若者向けのイベントとしては、結構楽しめると思います。もちろん気だけ若い人も十分に楽しめますが、なにぶん暗いですから足元に十分ご注意ください。

DSC06332 (2).JPG

東大寺の南大門の仁王像もライトアップされていますし、なんと!瑠璃絵開催期間中は、大仏様の観相窓も解放されています。お盆や大晦日とは違って、この時間帯は拝観はできずに中門から覗くだけしかできませんが、滅多にないことですから、ぜひこちらも訪れていただきたいと思います。


DSC06314 (2).JPG


最終日はは2月14日のバレンタインデーということで、とてもロマンチックな感じがしますが、実は会場である奈良公園は明治13年(1880年)の2月14日に開園されたことにちなんでいるのです。ぜひ皆さまも奈良公園の誕生日をお祝いいながら、この綺麗なイルミネーションの中で、愛を育んでいただければと思います♪

点灯時間は18時から21時までです。


観光福祉タクシーMIYABIWELCAB


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村


2019年2月 7日
2019年1月31日
2019年1月24日
2019年1月17日
2019年1月10日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■奈良県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都別府和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 奈良特派員

    奈良特派員
    大向 雅
    京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集