海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 奈良特派員ブログ > あまねく光を照らす大仏様

日本国内/奈良特派員ブログ 大向 雅

日本国内・奈良特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年10月19日

あまねく光を照らす大仏様


メール プリント もっと見る

あまねく光を照らす大仏様

さて、いよいよ大仏様にご挨拶に参りましょう。

DSC02990.JPG
受付で参拝券を買い求めていただき、いよいよ大仏殿へ続く参道へ出ますと、いちだんとその迫力が伝わってきます。

天平時代の752年に創建されて以来1265年、何度も戦火や災害に見舞われてきました。しかし先人達の血のにじむような努力のおかげで不死鳥のように甦り、現代にまでその姿を残して下さってますが、奇跡的にそれらの被害にあわずに創建当時のまま残されている遺構がいくつかあります。

DSC01385.JPG
その一つがこの大仏殿の前に立つ金銅八角燈籠(こんどうはっかくとうろう)で、高さは約4.6mあり、大仏殿に相応しい大きさを誇ります。もちろん各時代に修理は施されているものの、創建時の姿をそのまま留めており天平文化を現代に伝えてくれる数少ない遺構の一つであり、一級品の資料でもあることから堂々の国宝に指定されています。

国宝と呼ばれるものの多くは、博物館や美術館などで厳重に保管されていますので、あまり間近でみることができないこの燈籠は1260年以上の時を超え戦火や自然災害をくぐり抜け、こうして我々の目の前に立ってくれているだけで、もの凄くありがたい事だと思います。

DSC04066.JPG
火袋の東西南北は観音開きの扉になっており、それぞれの間の羽目板4面には楽器を奏でる音声菩薩(おんじょうぼさつ)像が浮き出るように鋳造されているのがお分かりいただけますでしょうか?注目して欲しいのは菩薩たちの顔です。皆さんとてもふくよかで丸いお顔立ちをされているんですよ

DSC06098.JPG
仏像というのは飛鳥時代、白鳳時代、天平時代というように美術的観点による造像の時代ごとに材料や技法、スタイルや顔立ちなどに特徴があります。そしてこちらの丸い顔をされた菩薩様たちは天平時代の仏像の主流だったことが分かります。このことから今の大仏様はどちらかと言えば四角い感じですが、創建当時はきっと丸く大きなお顔だったと想像できます。


4面の羽目板のうち2枚はオリジナルで後の2面は破壊されたために精巧なレプリカですが、目を凝らして見てもどれがそうなのかさっぱり分からないほど素晴らしい出来栄えです。1200年以上の時空を飛び越えて職人さんたちがコラボレーションしているなんて夢のようですよね。

DSC06095.JPG
大仏殿の前に立つと、大きさをより実感しますが、それは単純に高さが何m、幅が何mというような細かい寸法上のことではなく風格と威厳が放つオーラそのものであり、その圧倒的な存在感のことです。

DSC01388.JPG
堂内に入って大仏さまにお会いすると、これまたあまりの大きさに逃げ出したいような気持ちになりますが、よくお顔を眺めると目がとても優しく涼やかなので、思わずこちらもニッコリとしてしまいます。大仏殿は内外ともに写真撮影が許可されているのも嬉しいです。


待ち受けや壁紙にしておけばいつも見守っていただけるかもしれませんね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年10月19日
« 前の記事「東大寺の中門と戒壇堂」へ
»次の記事「国家の安泰を願った毘盧遮那仏」 へ
おすすめ記事
    奈良特派員 新着記事
    法隆寺は国宝のオンパレード
    世界最古で最高の法隆寺
    秋篠寺の伎芸天像は麗しき東洋のミューズ
    秋篠寺は奈良時代最後の勅願寺
    厳しさと優しさを伝えた鑑真和上
    鑑真和上の魂が宿る唐招提寺
    薬師寺・玄奘三蔵院伽藍
    薬師寺はシルクロードの終着駅

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■奈良県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 奈良特派員

      奈良特派員
      大向 雅
      京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集