海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 奈良特派員ブログ > 手向山八幡宮から鏡池へ

日本国内/奈良特派員ブログ 大向 雅

日本国内・奈良特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月16日

手向山八幡宮から鏡池へ


手向山八幡宮から鏡池へ

DSC07332.JPG
三月堂の南側にあるこの手向山(たむけやま)八幡宮は聖武天皇が大仏造営をされた時、七四九年に現在の大分県宇佐から八幡宮の神々をお迎えし、鏡池の東側に社を造営して祀られたのが始まりとなります。

1180年の平重衡による南都焼き討ち事件によって焼失してしまい、鎌倉時代に現在の場所に再建されたそうですが、明治時代の神仏分離令に至るまでずっと東大寺の鎮守社として、それ以降も大切に守られてきました。

DSC07335.JPG
八幡宮ですので主祭神に応神天皇が祀られ、宗像三女神が姫大神として、応神天皇のご両親である仲哀天皇と神功皇后のご夫婦と、皇子である仁徳天皇がご祭神として祀られています
DSC00624.JPG
また手向山八幡宮の周辺は紅葉が綺麗なことから、百人一首の二十四番・菅原道真公が詠まれた「このたびは幣もとりあへず手向山 紅葉の錦神のまにまに」の場所ではないかとも云われています。

DSC03060.JPG
そのまま南へ下っていきますと若草山の麓を通って春日大社へ抜けるようになっていますが、今回は三月堂の前の階段を西へ降りて行きますと、目の前に巨大な梵鐘が現れます。


京都の知恩院、方広寺とともに日本三大梵鐘にあげられるこの鐘は東大寺創建期からの遺構で、鐘楼は鎌倉時代に栄西禅師が東大寺の大勧進となったときの時代のものです。奈良太郎という愛称で親しまれており、毎晩8時に撞かれてその大きく優しい音が奈良の街に響き、とても心地よいです。

DSC03048.JPG
階段を下りていきますと金色に輝く大きな相輪が目に飛び込んできます。こちらは1970年に大阪で開催された万国博覧会のときのパビリオンの一つ古河館の遺構です。古河館パビリオンは東大寺の七重塔を模したもので高さ86mもある立派なものでしたが、残念ながら万博終了後に解体されて相輪の部分だけが東大寺に寄進されました。
DSC03030.JPG
さて、帰り道は中門の方へ行かずに池のほとりを歩きましょう。この大きな池は鏡池という名前の通り大仏殿が水面に綺麗に写り込みますので、四季折々の風景が楽しめます。
DSC02772.JPG
再び南大門に戻ってきまして、簡単にではございますが東大寺を一回りいたしました。このブログの記事が皆様のご旅行に少しでも参考になれば幸いです。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年11月16日
« 前の記事「天平美術の宝庫・三月堂」へ
»次の記事「猿沢池の景観でほっこり」 へ
おすすめ記事
    奈良特派員 新着記事
    金閣と銀閣が建ち並ぶ霊山寺
    一味和合の精神を守る西大寺
    国分尼寺の総本山・法華寺
    船旅や留学の安全祈願は海龍王寺で
    賣太神社の主祭神は古事記編纂の立役者
    子守明神と称される率川神社
    夕やけ小やけの傳香寺
    岡寺では「義淵僧正ハンパないって!」と言われていたかも

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■奈良県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 奈良特派員

      奈良特派員
      大向 雅
      京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集