海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 奈良特派員ブログ > 平城宮跡資料館で古代ロマンを感じよう

日本国内/奈良特派員ブログ 大向 雅

日本国内・奈良特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月28日

平城宮跡資料館で古代ロマンを感じよう


平城宮跡資料館で古代ロマンを感じよう

DSC04712 (2).JPG
今回は平城宮跡の西側の奈良文化財研究所に隣接している平城宮跡資料館を紹介します。

DSC04729 (2).JPG
ここには発掘調査によって出てきた、奈良時代のものと思われる様ざまな遺物をはじめ、精巧なレプリカや当時の宮中の暮らしぶりや役人の使っていた道具なども再現して展示されています。

入館すると、ボランティアガイドさんがやってきて、あれやこれやと説明してくださるので助かります。私も展示物が入れ替わったりした時にお邪魔して、よくお話を聞かせていただきます。


648 (2).jpg
こちらには、なかなか興味深い資料がありまして、例えばこれは昭和37年の平城宮跡の写真ですが、東西に走る近鉄電車のまわりは田んぼだらけなのが良く分かります。

649 (2).jpg
そしてこちらの写真が新しいもの。電車のレールは同じように走っていますが、まわりの風景は全然違っているのが一目瞭然です。平城京遷都1300年祭、世界文化遺産登録などがあったおかげで現在はもっと整備されていますので、このお隣にまたパネルが追加されるかもしれませんね。

650 (2).jpg
これは桓武(かんむ)天皇によって長岡京への遷都の詔(みことのり)が出されて、急ピッチで平城宮の建物を取り壊し、新しい京へ移築するための準備をしているところ。このように解体した後、使える部材は全部持っていく方が、新たに部材を揃える経費を削減できるわけです。


平城宮につきましては、千年以上を経た現代になってから遺跡の発掘調査が始められたわけですが、調査が終わった場所の柱間などを綿密に測量し、奈良時代の建物がどのように建てられていたか現代の我々にも理解しやすいように築地塀などを復元されたり、柱穴の部分には石を置いたりと工夫をされています。

654 (2).jpg
しかも驚くことに、こちらの断面図によりますと奈良時代の本物の遺構は、現在の地面より1m以上も下に現存しており(黒いところが本当の地面)きっちりと保存されているのです。遺構を保護するという労力には本当に頭が下がる思いでいっぱいです。

DSC04723 (2).JPG
それから古代の遺物として有名なのが、この木簡(もっかん)とよばれるものです。古代では紙は大変貴重なものでしたから、このように木片に墨で文字を書き記し、必要なくなれば文字を削り取ることで再利用できる優れものでした。

中でも奈良時代に活躍された皇族であり、左大臣も務められた長屋王の名前が記されたこの木簡が、たまたま百貨店建築の為の調査で発掘されたときには、一時期工事を中断して発掘を優先させたりして大騒ぎでした。上の写真でも分かるように長年にわたりこの地は田んぼでしたので、水分を良く含んだ土の中で、朽ちることなく守られてきた歴史の証人なのです。

DSC04730 (2).JPG
そのときには約5万点もの木簡が発掘され、その後も多数土中から見つかっており、奈良時代の人々の暮らしぶりが少しでも分かるようにと、日々研究者によって解読が続けられています。

DSC02614 (3).JPG
先人たちの残してくれたタイムカプセルを守るために戦っている人たちに感謝しつつ、ぜひ悠久の歴史を感じながら歩いて頂ければと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年12月28日
« 前の記事「なんと大きな平城京!」へ
»次の記事「薬師寺はシルクロードの終着駅」 へ
おすすめ記事
    奈良特派員 新着記事
    キトラ古墳・四神の館
    飛鳥美人が微笑む高松塚古墳
    蘇我馬子のお墓?石舞台古墳
    日本最古の仏教寺院・飛鳥寺
    五百羅漢と高取城跡にロマンを感じる
    壷阪寺は古さを感じさせない古寺♪
    室生寺は平安仏教美術の宝庫
    藤原鎌足を祀る談山神社

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■奈良県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 奈良特派員

      奈良特派員
      大向 雅
      京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集