海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 奈良特派員ブログ > 厳しさと優しさを伝えた鑑真和上

日本国内/奈良特派員ブログ 大向 雅

日本国内・奈良特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月25日

厳しさと優しさを伝えた鑑真和上


メール プリント もっと見る

厳しさと優しさを伝えた鑑真和上

DSC00710 (2).JPG鑑真和上(がんじんわじょう)は、来日して最初の5年間は東大寺の戒壇院にて受戒をしておられましたが、東大寺の別当である良弁をはじめとする日本の僧侶も多く育ってきたこともあり、平城京の右京五条二坊にありました新田部(にいたべ)親王邸の跡地に寺領を譲り受け、新たに戒律伝導の拠点として建立されたのが現在の唐招提寺です。

DSC02266.JPG
そして講堂(こうどう)として使われているこの建物こそが、その当時の平城京に建っていた東朝集殿(ひがしちょうしゅうでん)という建物を移築されたもので、お寺のお堂として改造したものです。平城宮にあった建造物の遺構としては唯一現存するものとして非常に価値が高く、国宝に指定されています。


また薬師寺と同様、講堂の中に如来となられた姿の弥勒仏をお祀りしているのも、古代の形式が残された奈良らしい特徴だと思います。

DSC00712 (2).JPG
鼓楼(ころう)は、西側の対称的位置に建つ鐘楼(しょうろう)に対して「鼓楼」と称されていますが、実は中に太鼓があるわけでなく、鑑真和上が唐から持ってこられた仏舎利(お釈迦さまの遺骨)を安置しており、そのため舎利殿ともいわれています。

DSC01407 (2).JPG
鼓楼は毎年5月19日に梵網会(ぼんもうえ)通称「うちわまき」とよばれる行事が行われることで有名です。 これは鎌倉時代に唐招提寺を復興した覚盛(かくじょう)上人を偲んで行われる行事で、鼓楼の上から数百枚のうちわ(天平時代の夫人が持っている柄杓に似てハート型をしている)が撒かれる行事なのです。


「うちわ」については次のようなエピソードがあります。ある日、修行中の覚盛上人が蚊にさされそうになったのを見ていた弟子の僧が、その蚊を叩こうとしたそうです。しかし覚盛その弟子に向かい「生きとし生けるものは、何らかの施しで支えられている。蚊に自分の血を与えるのも菩薩行である」と諭したそうです。

DSC05891 (2).JPG
覚盛上人が亡くなった後、教えを守るということで法華寺(ほっけじ)の尼僧たちから「せめてこの団扇で蚊を追い払ってください」と霊前に供え、参拝に来られた人たちに授けるようになり、いつしか覚盛上人の命日に行われるようになったのが、この「うちわまき」の由来だそうです。

DSC00672 (2).JPG
御影堂(みえいどう)は、もともとは興福寺の別当坊一乗院の宸殿であったものを、昭和39年に移築された建物です。内部には日本画家の巨匠・東山魁夷(ひがしやまかいい)による5部作もの素晴らしい襖絵が描かれており、「宸殿の間」の奥に安置された厨子(ずし)には国宝・鑑真和上坐像が安置されています。


あいにく現在、御影堂は修理が行われており拝観謝絶の状態で、襖絵は数年お目にかかれませんが、鑑真和上の像は6月5~7日の3日間の開山忌に新宝蔵で公開されます。ただし旧開山堂では精巧に作られたお身代わり像が常時公開されているので、一年を通してそのお顔を拝することができるようになっています。

DSC05073 (2).JPG
境内の一番奥に歩いていくと風情をもった土塀がでてきます。「鑑真和上御廟」と書かれた入り口を一歩入ると、一面ふかふかの苔と背の高い木立に包まれ、何とも言えない空間が広がります。

DSC04945 (2).JPG
参道となる白砂の道の突当ると、八角形に囲まれた墳丘に鑑真和上のお墓である宝筐院塔が立っています。この前ではついつい襟を正したい気持ちになります。


鑑真和上は「日本は仏法興隆に有縁の国...誰もゆかぬなら我がゆかん」と55歳で来日を決意され、日本に正しい仏教の戒律を伝え続け、76歳のとき唐招提寺の宿坊で、西を向いて座したまま静かに波乱の人生を閉じられました。


梢を過ぎる風の音が、和上の厳しくも優しい声のように聞こえ、温かく包まれるような気分になります。唐招提寺はけっして華やかなお寺ではないですが、どこをとっても鑑真和上の人と心が感じられるお寺なのです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年1月25日
« 前の記事「鑑真和上の魂が宿る唐招提寺」へ
»次の記事「秋篠寺は奈良時代最後の勅願寺」 へ
おすすめ記事
    奈良特派員 新着記事
    藤原鎌足を祀る談山神社
    大きな慈悲で救ってくださる長谷寺の観音様
    天平時代の仏像を守る聖林寺
    狭井神社から三輪山に登拝
    神奈備信仰の元祖・大神神社
    後醍醐天皇の勅願所・如意輪寺
    南朝の御所・吉水神社
    修験道の本山・金峯山寺

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■奈良県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2渋川湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 奈良特派員

      奈良特派員
      大向 雅
      京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集