海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 奈良特派員ブログ > 秋篠寺は奈良時代最後の勅願寺

日本国内/奈良特派員ブログ 大向 雅

日本国内・奈良特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月 1日

秋篠寺は奈良時代最後の勅願寺


秋篠寺は奈良時代最後の勅願寺

DSC07052 (2).JPG
秋篠寺(あきしのでら)は、静かでこじんまりしており、とくに女性に人気が高いお寺です。古刹の気品が漂うこの門構えは、さすが奈良のお寺と思わせてくださいます。

DSC06594 (2).JPG
特にこの苔むした庭。信じられないことに、ここを見るだけなら拝観料は必要ないので散歩がてら境内を通り抜けていくこともできます。

DSC07057 (2).JPG
しかし、穏やかで静かな空間を持つことで知られる秋篠寺ですが、その創建にはかなり複雑な事情があることは、あまりご存じないない方も多いでしょう。


寺伝によりますと776年、奈良時代最後の第四十九代・光仁(こうにん)天皇の勅願により、薬師如来を本尊とする寺を造営とされています。

少し遡った宝亀元年(770年)に称徳(しょうとく)天皇が崩御(ほうぎょ)されました。女性であった称徳天皇は未婚のために子供がおられませんでしたが、後継ぎとなる皇太子を指名する前に崩御されてしまったので、後継者を巡り新たに政権争いが起こってしまうことになりました。


称徳天皇の皇統である、いわゆる天武天皇系の男子皇族が居られたにもかかわらず、左大臣・藤原永手(ながて)や藤原百川(ももかわ)らが画策し、天智天皇の孫にあたる白壁王(しらかべおう)を皇太子として擁立し、半ば強引に光仁天皇として即位させてしまい、聖武天皇の皇女であり白壁王の妻であった井上(いのえ)内親王は皇后に、息子の他戸(おさべ)親王が次の皇太子に立てられました。


これはこれで一件落着のように思えましたが、2年後どういうわけか天皇である夫を井上皇后が呪詛したとの嫌疑により廃后され、他戸親王もまた廃太子されて幽閉されてしまったのです。そして共に幽閉先で非業の死をとげられました。

DSC03780 (2).JPG
一連の事件は、かつて藤原不比等(ふひと)が光明皇后のときに画策したように、皇后を皇族ではなく藤原家から出すことで、外戚(がいせき)として絶対的な権力を手に入れるために藤原百川、藤原蔵下麻呂らが計画しといわれています。


しかし、悪いことをすれば必ず報いがあるもので、藤原蔵下麻呂が42歳で病没し、さらに翌年にも日照り、飢饉、異常な風雨、イナゴの大群、落雷、地震などの天変地異が相次ぎました。

2 (2).jpg
その後、朝廷は僧侶数百人に大般若経を唱えさせて大祓(おおはらえ)を試みましたが、天変地異はまったく衰えず、781年11月には天皇御自身が、そして12月には皇太子までもが病に臥せることになってしまいました。


いわれのない罪で廃后・廃太子された井上皇后と他戸皇太子の怨みによるものだと人々が騒いだ為、怨霊を恐れた天皇の勅願で秋篠寺が建立されたと伝わります。それが事実かどうかは定かではありませんが、続日本紀には780年に光仁天皇が秋篠寺に食封(じきふ)一百戸を施入したという記述がありますので、深い関係があったのは確かなようです。

DSC07830 (2).JPG
静かで癒されるお寺の秋篠寺ですが、奈良時代の終わりから平安時代の始まりという激動の中で創建されたことを知っておいて欲しいと思います。

DSC03348 (2).JPG
そして秋篠(あきしの)という名前は、三笠宮(みかさのみや)や高円宮(たかまどのみや)と同様、宮号にもなるほど奈良に古くから伝わる由緒ある名前だということもお忘れなく。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年2月 1日
« 前の記事「厳しさと優しさを伝えた鑑真和上」へ
»次の記事「秋篠寺の伎芸天像は麗しき東洋のミューズ」 へ
おすすめ記事
    奈良特派員 新着記事
    高鴨神社は賀茂社の総本社
    奈良の夏といえば燈花会
    桃尾の滝で癒されながらパワー充填
    日本で最初に神宮と称された石上神宮
    戦艦大和に祀られた大和神社の神
    キトラ古墳・四神の館
    飛鳥美人が微笑む高松塚古墳
    蘇我馬子のお墓?石舞台古墳

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■奈良県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 奈良特派員

      奈良特派員
      大向 雅
      京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集