海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 奈良特派員ブログ > 秋篠寺の伎芸天像は麗しき東洋のミューズ

日本国内/奈良特派員ブログ 大向 雅

日本国内・奈良特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月 8日

秋篠寺の伎芸天像は麗しき東洋のミューズ


秋篠寺の伎芸天像は麗しき東洋のミューズ

DSC07055 (2).JPG
秋篠寺というと現在の入り口は駐車場に近い東門ですが、本来はこちらの南門が正式な入り口になります。こちらに回るのは遠回りだし、東門も風情があるのでわざわざ来る人はまばらですが、この参道を歩けば東西に塔が建っていたという、かつての創建当時の秋篠寺の迫力を感じることができるので、ぜひ一度こちらからも入ってみて頂きたいと思います。

DSC07065 (2).JPG
秋篠寺の本堂は鎌倉時代の再建ですが、屋根は寄棟造(よせむねづくり)本瓦葺き。堂の周囲には縁などを設けることなく、内部は床を張らずに土間のまま全体に簡素な造りで、奈良時代に創建された当時の建築を思わせる様式と雰囲気を残しており、国宝に指定されています。なんとなく唐招提寺の金堂にも共通する感じもします。

DSC07830 (2).JPG
本堂の中には御本尊の薬師如来坐像を守るように、日光菩薩、月光菩薩そして愛嬌のある十二神将像と、いわゆる薬師ファミリーが勢揃いしている他、地蔵菩薩、帝釈天、伎芸天などが安置されています。

IMG_9822 (2).JPG
中でも、とりわけ人気があるのがこちらの伎芸天(ぎげいてん)像

本堂の向かって左端に立たれて像高なんと205cmを超える大きさですが、まったく威圧感を与えることなく瞑想的な表情と美しく優雅な身のこなしで多くの人を魅了してきた像なのです。


この像は、頭部のみが奈良時代の脱活乾漆(だっかつかんしつ)という技法、体部は鎌倉時代の木造という異色の存在ですが、像全体としてもバランスがとれていてまったく違和感がないことが逆にすごいです。

伎芸天とは、仏教を守護する天部の一人で容姿端麗な女神とされていて、器楽の技芸が群を抜いていたため技芸修達、福徳円満の神とされ東洋のミューズと称されています。ミューズというのは音楽・舞踏・学術・文芸などを司るギリシャ神話の女神のことです。


伎芸天の彫像の例は日本では本像以外に見当たらないので、この像が果たして本当に伎芸天なのかどうかは専門家でも判断できませんが、像を目の前にすればそんなことはどうでもよくなってしまうほど魅力的です。


とても優しい眼差しでこちらに微笑んでくださるお顔は、もしかすると光仁天皇の妻であった井上皇后がモデルだったかもと想像しながらお参りするのもロマンがあって楽しいものです。

f5d49416 (2).jpg
こちらは京都国立博物館の本館の正面の破風にあるレリーフですが、美術工芸の神とされる左の毘首羯磨(びしゅかつま)と向き合うように飾られているのも伎芸天ですので、機会があったらぜひご覧になってみてください。

DSC07067 (2).JPG
本堂の西側にある大元堂というお堂には、これまたもの凄くインパクトのある仏像が安置されています。


daigensui (2).jpg
それこそがこの明王最強の力を持つといわれる大元帥(だいげんすい)明王という像です。全国にさまざまな明王像がありますが、その中でも特に憤怒の表情に筋骨隆々の6本の腕に凄まじい迫力があります。こちらもまた大元帥明王の尊像としては唯一現存する像ということで大変貴重なものです。


もの静かな美しい伎芸天像と荒々しい大元帥明王像という対照的な仏像がおられるということも秋篠寺の魅力の一つなのかも知れません。


ただし大元帥明王像は秘仏でして、毎年6月6日のみの御開帳となります。その日限りの特別な御朱印も頂けることもあって、大変な賑わいとなりますので参拝に来られる方は時間に余裕をみてお越しください。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年2月 8日
« 前の記事「秋篠寺は奈良時代最後の勅願寺」へ
»次の記事「世界最古で最高の法隆寺」 へ
おすすめ記事
    奈良特派員 新着記事
    高鴨神社は賀茂社の総本社
    奈良の夏といえば燈花会
    桃尾の滝で癒されながらパワー充填
    日本で最初に神宮と称された石上神宮
    戦艦大和に祀られた大和神社の神
    キトラ古墳・四神の館
    飛鳥美人が微笑む高松塚古墳
    蘇我馬子のお墓?石舞台古墳

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■奈良県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 奈良特派員

      奈良特派員
      大向 雅
      京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集