海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 奈良特派員ブログ > 世界最古で最高の法隆寺

日本国内/奈良特派員ブログ 大向 雅

日本国内・奈良特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月15日

世界最古で最高の法隆寺


メール プリント もっと見る

世界最古で最高の法隆寺

DSC01593 (2).JPG法隆寺(ほうりゅうじ)は世界最古の木造建築が建つことで知られていますが、とにかくこんなに凄いオーラを放つお寺は他にありません。


しかし残念なことに、ほとんどの人がその凄さが分かっていないのでとても勿体ないく思います。ただそれを伝えることができる人が少ないので仕方がありません。


法隆寺は推古(すいこ)天皇の御世、607年に摂政であった聖徳太子によって創建された日本でも最古級の寺院ですが、飛鳥時代の642年に一度全焼してしまいました。


そのことにつきましては「日本書紀」の天智9年(670年)4月30日条には「夜半之後、災法隆寺、一屋無余」という記述があります。要約しますと「夜明け前に、法隆寺に火災がが発生し、ひとつの建物も余ること無かった」ということになります。


ですから現在の法隆寺の伽藍は、創建当時からのオリジナルというわけではありませんが、奈良時代に入ってすぐに再建されたもので、ゆうに1300年を超える歴史を誇り、数々の戦乱や動乱の時代をくぐり抜けてきたわけです。そしてその姿を現代にまで伝え続けてきたことはもはや奇跡としか言いようがありません。


また建物と同様に秀逸な仏像や工芸品なども多数所有されており、明治期に皇室に献上されたり、国立博物館などに多数移されたりしたものの、現在でも法隆寺には国宝・重文に指定されている建造物と仏像、美術工芸品を合わせますと190件2300点にも及びます。まさに仏教美術の宝庫であり、1993年に日本で初めての世界文化遺産に登録されたのも納得します。


とにかく有名な金堂、五重塔がある西院伽藍をはじめとする境内はかなり広大ですので、始めて来られた方だと回ることに一生懸命になってしまい、一体何が何やら分からないうちに終ってしまいます。それでは知識や感動よりも疲労感だけが残ってしまいますので、ポイントを押さえながら解説したいと思います。

IMG_7213 (2).JPG
まず、電車やバス、車で来られた方はほとんど皆さま正門である南大門から入って行かれます。そのときに慌てて入ってはこの鯛の様な形をした石を見落とします。

IMG_7217.JPG
この鯛石(たいいし)は法隆寺を水害から守ってくれている石です。かつて大雨が降ると、そばにある大和川が氾濫してこの周辺は洪水の災害に見舞われていましたが「「鯛」=「魚」つまり水はここまでしか来ませんよ、」という意味で、この石より奥にある法隆寺は水の災害に遭わないというおまじないの石なのです。

DSC01551 (2).JPG
そしてこの特に威圧感もなく建つ南大門は室町時代の再建とはいえ国宝に指定されています。そしてこの門をくぐってしまいますと、より古い建物が沢山ありますので過去へタイムスリップするためのゲートのようでもあります。

DSC01556 (3).JPG
参道を突き当たりますと、現在修復中の中門があります。こちらも奈良時代初期に建てられました。他の寺院では門の大きさに関わらず柱の数は偶数と決まっていますが、なぜか法隆寺の中門の柱は五本。つまり真ん中が通れないように柱が立てられているという事です。


その理由は解明されていませんが、門の中に聖徳太子一族の怨念を封じ込められており、ある種の結界のような役割をしているという説があり、他にも様々な角度で研究をされていますが、今のところどの説も納得できないものばかりです。

DSC01471 (3).JPG
そして、こちらに向かって睨みを利かす筋骨隆々の阿形(あぎょう)像と吽形(うんぎょう)像。この日本でも最古であろう塑像(そぞう)つまり粘土を固めて造られた像が、1300年もの間、風雪に耐えながらこの中門を守っておられます。

DSC01470 (2).JPG
阿形像がオリジナルなのに対して、吽形は長い歴史の中で体の半分が木材によって補修されていますが、じっくり見ても境目がどこなのかが良くわかりません。本当に昔の造像と補修技術の高さにはいつも度肝を抜かれます。

DSC01561 (2).JPG
中門の前に立つこの石標には「西円堂み祢の薬師如来」と書かれていますが、ほとんどの方がスルーされますので、法隆寺の重要なポイントを見逃している方が多いのです。

DSC01476 (2).JPG
法隆寺の参拝受付は、中門手前を左手に進み回廊の端の入り口からで、案内板に促されて入っていかれるわけですが、そこは軽くスルーして直進して頂くと築地塀(ついじべい)に突き当たる手前で三叉路になります。そこを右手にとると階段の上には西円堂(さいえんどう)が階段の上に建っているのが見えます。

西円堂は奈良時代に橘夫人(橘三千代(たちばなみちよ)=藤原不比等(ふじわらのふひと)の妻、聖武天皇の皇后・光明子の母)の発願で、東大寺創建に尽力された行基(ぎょうき)によって建てられました。現在のものは鎌倉時代に再建された立派な八角円堂で、国宝に指定されています。

DSC01565 (3).JPG
そして堂内には創建時代からと思われる薬師如来像が祀られています。造像の様式は奈良時代の仏像の代表的な特徴の一つ、脱活乾漆(だっかつかんしつ)という技法です。丈六(じょうろく=一丈六尺=立ち上がられたときにおよそ4,85mになる大きさ)のお像で、脱活乾漆像では国内最大級です。とてもふくよかな良いお顔をされた仏像で、国宝に指定されています。

y02 (2).JPG
こちらの薬師如来像は、通称・峰薬師(みねやくし)と呼ばれており、金堂や五重塔がある西院伽藍から離れた少し小高い所で、孤独に衆生を救い続けておられます。特に「耳」の病気に霊験あらたかとされ、耳通しが良くなるように「キリ」を奉納するようになっています。

DSC01570 (2).JPG
さて、あらためて受付に戻って行きますが、先ほどは見過ごした立派なお堂が目に入ってきます。西室(にしむろ)・三経院(さんきょういん)というお堂です。


当初は僧侶の住居として建てられた西室でしたが、後にかつて聖徳太子が勝鬘経(しょうまんぎょう)・維摩経(ゆいまきょう)法華経(ほけきょう)の 三つの経典を注釈されたことにちなみ、一部が改装され三経院とよばれ、経典の講義が行われたお堂となります。そしてこちらもまた...国宝。


まだ一切拝観料も払っていないのに、門もお堂も仏像も国宝だらけ。これだけでも法隆寺が別格な存在だということを感じることができますよね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年2月15日
« 前の記事「秋篠寺の伎芸天像は麗しき東洋のミューズ」へ
»次の記事「法隆寺は国宝のオンパレード」 へ
おすすめ記事
    奈良特派員 新着記事
    藤原鎌足を祀る談山神社
    大きな慈悲で救ってくださる長谷寺の観音様
    天平時代の仏像を守る聖林寺
    狭井神社から三輪山に登拝
    神奈備信仰の元祖・大神神社
    後醍醐天皇の勅願所・如意輪寺
    南朝の御所・吉水神社
    修験道の本山・金峯山寺

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■奈良県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2渋川湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 奈良特派員

      奈良特派員
      大向 雅
      京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集