海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 奈良特派員ブログ > 南朝の御所・吉水神社

日本国内/奈良特派員ブログ 大向 雅

日本国内・奈良特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年4月12日

南朝の御所・吉水神社


南朝の御所・吉水神社

DSC00371 (2).JPG


今回は世界遺産・紀伊山地の霊場と参詣道の一つに指定されている吉水神社(よしみずじんじゃ)を紹介いたします。


こちらは本来、金峯山寺(きんぷせんじ)に属する吉水院(きっすいいん)という僧房であり、京を追われた後醍醐(ごだいご)天皇が吉野に入られたときに行宮(あんぐう=仮の御所)を設けられた場所として名高い所です。


IMG_5043 (2).JPG


桃山時代には太閤・豊臣秀吉が盛大な花見を催したことでも有名場所でもあり、ここからの眺望は本当に素晴らしいです。残念ながら桜のない時期の写真ですがこの看板に偽りなく、春には一目千本の桜が見渡せます。

DSC09184 (2).JPG

江戸時代までは僧房であった吉水院は、明治維新の神仏分離令によって、後醍醐天皇を主祭神とし、併せて南朝方の忠臣であった楠木正成(くすのきまさしげ)、宗信法印(そうしんほういん)という南朝時代の僧を併せてお祀りする吉水神社へとされたわけです。


向って右端には残念ながら平成13年に焼失してしまった勝手神社(かってじんじゃ)もここに仮遷座されています。


勝手神社というのは平安時代末期に源頼朝(みなもとのよりとも)が差し向けた刺客から逃れて、別々に吉野を目指した義経(よしつね)と静御前(しずかごぜん)が再開を果たした場所であり、また永遠の別れの場所となってしまったことで、よく舞台などに登場する場所なのです。

IMG_5037 (2).JPG

隣接する書院は国の重要文化財に指定されており、源義経が使用したと伝わる鎧や太刀などの武具や、後醍醐天皇をはじめとする南朝の歴代天皇ゆかりの品々。そして太閤秀吉公の時代のものに至る数々の宝物が展示されています。

IMG_5031 (2).JPG
この部屋は上段の間と下段の間で構成され、桃山時代特有の帳台構(ちょうだいがまえ)にリフォームされ、豪華な書院造(しょいんづくり)の様式に風格が加わり、絢爛豪華な桃山書院の姿をとどめています。


IMG_5038 (2).JPG
この北闕門(ほっけつもん)と名付けられた門は文字通り北に向いており、後醍醐天皇が朝夕ここに立たれて京の空を見ながら「九字真法」によって邪鬼を払われたと伝わります。


九字真法とは「臨(りん)・兵(びょう)・闘(とう)・者(しゃ)・皆(かい)・陣(じん)・烈(れつ)・在(ざい)・前(ぜん」の九字の呪文を唱えながら同時に手を刀に見立てて四縦五横(縦に四回横に五回)に空を切るお祓い法のことです。


この作法については門の前に解説してありますので、ぜひご自分でもなさってみてください。


DSC05036 (2).JPG

いつの日か京へ戻られることを祈願しながら、毎日ここで繰り返し九字真法を唱えておられたことを思いながらこの地に立つと、後醍醐天皇のお気持ちが少しは感じられるかもしれません。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年4月12日
« 前の記事「修験道の本山・金峯山寺」へ
»次の記事「後醍醐天皇の勅願所・如意輪寺」 へ
奈良特派員 新着記事
【急募!】奈良特派員を募集しております!
元号も奈良から祝・令和
偉大な霊剣が御祭神・石上神宮
室生・龍穴神社は奈良屈指のパワースポット
日本一の桜の名所・吉野山
日本国技発祥の地・相撲神社
銅鏡がどっさり出てきた黒塚古墳
御嶽山・大和本宮

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■奈良県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 奈良特派員

    奈良特派員
    大向 雅
    京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集