海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 奈良特派員ブログ > 後醍醐天皇の勅願所・如意輪寺

日本国内/奈良特派員ブログ 大向 雅

日本国内・奈良特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年4月19日

後醍醐天皇の勅願所・如意輪寺


後醍醐天皇の勅願所・如意輪寺

DSC09212 (2).JPG

吉野で忘れてはならないのがここ、如意輪寺(にょいりんじ)です。

IMG_5035 (2).JPG
金峯山寺や吉水神社からですと直線距離はあまりありませんが、間には深い桜の谷がありますので、歩いて散策される方には結構なハイキングコースになります。


平安時代の中期、920年頃に真言密教の僧・日蔵(にちぞう)によって開かれたと伝わっています。


DSC09173 (2).JPG
以後、歴史の表舞台に登場するようなお寺ではありませんでしたが、鎌倉幕府を倒し建武の新政を開始された後醍醐天皇が、足利尊氏と仲違いしたことによって京を追われて吉野に南朝の宮を定めた際に、勅願所(ちょくがんしょ)とされたのがこの如意輪でした。勅願所といいますのは、天皇や上皇によって国家安泰、五穀豊穣などを祈願するための寺社のことですから、こちらも相当なパワーを秘めていたのだと思います。

DSC09219 (2).JPG


そして、ふたたび京に帰るという夢も叶わぬまま崩御された後醍醐天皇は、この塔尾御陵(とおのおのみささぎ)に眠っておられます。後醍醐天皇が病の床で詠まれた「身はたとへ南山の苔に埋むるとも魂魄は常に北闕の天を望まん」という歌の通り、一般的に南向きに石室への入り口である羨道(せんどう)を設けるところを、あえて北を正面とされているのも有名なお話です。

DSC09213 (2).JPG

山門の正面にある本堂には御本尊の如意輪観音菩薩やお隣にある不動堂なども真言密教の名残がそのままありますが、江戸時代初期に浄土宗の寺院となっています。


DSC09208 (2).JPG


境内は無料で散策できますが、せっかくここまで来たのなら拝観料を払って宝物館へ行かれることをおすすめ致します。建物の中に入ると椅子のようなベッドのような何やら不思議なものが置かれているのが目に入ります。実はこちらには御本尊の如意輪観音菩薩をモデルとした天井画が描かれていて、その仏様を仰向けになって拝むための台なのです。


他の寺院でも天井に龍の絵などが描かれていることは良くあることですが、このようにわざわざ寝ながら拝むというのはちょっとお目にかかれません。

他にも慶派の仏師による蔵王権現像や、後醍醐天皇をはじめとする南朝ゆかりの品々が展示されています。その中でもとくに有名なのが楠木正行(くすのきまさつら)の辞世の歌を鏃(矢じり)で刻んだとされる本堂の扉です。


DSC09205 (2).JPG

こちらは太平記に出てくる桜井の別れという有名な話の石像です。1336年、後醍醐天皇の忠臣であった楠木正成(くすのきまさしげ)は若干11歳の嫡子・正行を呼び寄せて「もし自分が討死にした後は後醍醐天皇のために、お前は身命を惜しみ、忠義の心を失わず、一族郎党一人でも生き残るようにして、いつの日か必ず朝敵を滅せ」と別れを告げ、桜井駅で別れた後、足利尊氏の軍と湊川にて一戦交えて戦死してしまいます。


そして1348年12月、約束通り正行が父の仇である足利軍との戦いに出陣する際に後醍醐天皇陵に詣でた後、本堂の扉に「かへらじとかねて思へば梓弓なき数に入る名をぞとどむる」と決死の覚悟を刻まれたのがこの扉であったそうです。


残念ながら彼は四条畷(しじょうなわて)の戦いで足利軍の高師直(こうのもろなお)に惨敗。わすか23歳の若さでこの世を去りました。

DSC09206 (2).JPG


奥には枝垂れ桜に囲まれた多宝塔が有り、桜の時期は大勢の人で混雑しますが、新緑の季節になると静けさを取り戻し、凄まじい南北朝時代を生きた人達の声をぜひ感じて欲しいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年4月19日
« 前の記事「南朝の御所・吉水神社」へ
»次の記事「神奈備信仰の元祖・大神神社」 へ
奈良特派員 新着記事
【急募!】奈良特派員を募集しております!
元号も奈良から祝・令和
偉大な霊剣が御祭神・石上神宮
室生・龍穴神社は奈良屈指のパワースポット
日本一の桜の名所・吉野山
日本国技発祥の地・相撲神社
銅鏡がどっさり出てきた黒塚古墳
御嶽山・大和本宮

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■奈良県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 奈良特派員

    奈良特派員
    大向 雅
    京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集