海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 奈良特派員ブログ > 大きな慈悲で救ってくださる長谷寺の観音様

日本国内/奈良特派員ブログ 大向 雅

日本国内・奈良特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月17日

大きな慈悲で救ってくださる長谷寺の観音様


大きな慈悲で救ってくださる長谷寺の観音様

DSC03246 (2).JPG

長谷寺(はせでら)は、真言宗豊山派総本山の大寺院です。ご本尊は十一面観音で、西国三十三所観音霊場の第八番札所とされており、日本でも有数の観音霊場としてもその名を全国に轟かせています。


DSC01732 (2).JPG


創建は奈良時代前半と推定され、寺伝によると天武(てんむ)天皇の御代、686年に僧の道明(どうみょう)が初瀬山の西の丘(現在、本長谷寺と呼ばれている場所)に三重塔を建立したことが始まりとされています。


平安時代になりますと長谷寺には多くの文化人が参詣され、紫式部の「源氏物語」をはじめ、菅原孝標女の「更級日記」、藤原道綱母の「蜻蛉日記」といった様ざまな歌や物語に登場するようになりました。1024年には藤原道長が参詣した記録ものこされていて、中世以降は武士や庶民にも観音信仰が広がりました。


長谷寺はもともと東大寺の末寺でしたが、平安時代中期には興福寺の末寺となり、16世紀以降は覚鑁(かくばん)によって興された新義真言宗の寺院へと変わっていきました。そして天正16年(1588年)、豊臣秀吉により根来寺を追われた新義真言宗門徒が入山し、専誉(せんよ)によって現在の真言宗豊山派が確立され、全国に約3000もの寺院を抱える一大宗派へと成長しました。

DSC09650 (2).JPG
入口の仁王門から本堂までは399段の登廊(のぼりろう)を上るわけですが、最初の直線はほとんど段差を感じないような階段ですので、意外と楽に感じられるかもしれません。

DSC09124 (2).JPG
階段の途中には宗宝蔵と呼ばれる宝物館があり、中には国宝・銅板法華説相図が展示されています。これは釈迦が説法していたところ、地中から巨大な宝塔が出現した場面を表現したもので縦83.3センチ、横75.0センチの鋳銅の板に宝塔と諸仏が浮き彫り状に鋳出されています。

千仏は、薄い銅板を型に当てて槌で叩き出して成形した押出し仏で、銅板の下部には長文の銘が刻まれており、「戌年に飛鳥浄御原で天下を治めた天皇の病気平癒のため僧・道明が作った」と書かれています。これが即ち686年天武天皇の病気平癒のために長谷寺を創建したという根拠といわれています。

DSC07543 (2).JPG
国宝の本堂は、本尊を安置する正堂(しょうどう)、相の間、礼堂(らいどう)から成る巨大な建築で、前面は京都の清水寺本堂と同じく舞台造になっています。本堂は奈良時代の創建後、室町時代の1536年までに計7回焼も失しており、現在の本堂は、徳川家光の寄進を得て、1645年から工事に取り掛かり、5年後の1650年に落慶したものです。扁額には大悲閣と書かれています。


大きな悲しみと書きますが「悲」という漢字は元来、救う・助けるという意味ですので大きな慈しみをもって衆生を救うという意味です。

DSC03266 (2).JPG
京都の清水寺と同様に崖の上に大きく舞台が張り出した造りになっていますので四季折々のロケーションも抜群です。

IMG_2052.jpg
高さ10メートル以上ある本尊・十一面観音像も8代目ですが、1538年にはすでに完成しておりましたので、新本堂建設工事は本尊をいっさい移動せずに行われました。そのため、内内陣の中に本尊を祀り、外側に内陣を造るといった複雑な構成となっています。つまり内々陣はまるで巨大な御厨子のようになっています。

また、御本尊は一般的な十一面観音像の像容とは異なり、左手には通常の十一面観音像と同じく水瓶を持たれていますが、右手には数珠とともに地蔵菩薩の持つような錫杖(しゃくじょう)を持たれています。伝承によれば、これは地蔵菩薩と同じく自ら人間界に下りて衆生を救済して行脚する姿を表したものとされており、他の宗派(真言宗他派も含む)には見られない独特の形式だそうです。


120511 (2).JPG
普段の参拝では、御本尊の上半分だけしか拝することはできませんが、3/1~5/30の特別公開(要・別途特別拝観料1000円)の折にはこの大きな観音さまの御足に触れてお参りできます。

機会がありましたら、ぜひお参りください。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年5月17日
« 前の記事「天平時代の仏像を守る聖林寺」へ
»次の記事「藤原鎌足を祀る談山神社」 へ
おすすめ記事
    奈良特派員 新着記事
    船旅や留学の安全祈願は海龍王寺で
    賣太神社の主祭神は古事記編纂の立役者
    子守明神と称される率川神社
    夕やけ小やけの傳香寺
    岡寺では「義淵僧正ハンパないって!」と言われていたかも
    国宝・紙本著色信貴山縁起絵巻
    不思議なパワーがみなぎる朝護孫子寺
    お願いは一言で!葛城一言主神社

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■奈良県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 奈良特派員

      奈良特派員
      大向 雅
      京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集