海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 奈良特派員ブログ > キトラ古墳・四神の館

日本国内/奈良特派員ブログ 大向 雅

日本国内・奈良特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年7月12日

キトラ古墳・四神の館


キトラ古墳・四神の館

78148510-s.png 今回は、国営飛鳥歴史公園キトラ古墳地区の四神の館(しじんのやかた)から。


IMG_1057 (2).JPG

名前の通りキトラ古墳のすぐ脇に建てられた施設で、地下一階に入りますと現代から飛鳥時代へと遡っていく年表の廊下が、まるでタイムトンネルの様です。


IMG_1074 (2).JPG

内部ではキトラ古墳の作り方や、古墳の石室と壁画が再現されるなどして、誰でも分かりやすく楽しく学べるような造りになっています。


IMG_1065 (2).JPG


石室上部に描かれていた天文図も再現され、CGを駆使してかなりドラマチックな仕上げとなっています。

IMG_1083 (2).JPG

壁画の発見から保存にいたるまでの歴史も克明に記されていますし、明日香村の保存と暮らしなどについての映画も上映されているので、かなりの見応えのある施設だと思います。

そして上に上がって一階は、キトラ古墳壁画保存管理施設となっていて、実物の壁画や出土遺物を保存管理してあり四半期ごとに修復のなった実物の壁画を見せて頂けます。普段はこのように暗い部屋のカーテンの向こうですが、本番はこのようにけっこう間近で見られます。(要予約)

IMG_1059 (2).JPG


そしてこれほどの施設入館料は無料なんです。キトラ古墳そのものに興味を示してくれる人達が今のところ少ないので、他所から見ればこんなところに税金を使って箱モノ建てることは無駄遣いだ!と怒られるかもしれませんが、ここはなかなか有意義な施設だと思います。もう少し全国に広く知れ渡るように頑張ります(≧▽≦)

IMG_8614 (2).JPG

そのキトラ古墳といいますのは、高松塚古墳に続いて発見された漆喰が塗られた石室に鮮やかな色彩の壁画が描かれた古墳で、青龍・朱雀・白虎・玄武という、それぞれ東南西北を守護する四神や十二支の顔を持つ人身像が描かれ、天井には本格的天文図が描かれていることでも非常に有名で、学術的にもとても価値の高い古墳なのです。


石室の壁画はすべて薄く剥がされて保存されましたので、石室自体はきっちりと埋め戻されて穏やかな表情です。


キトラという名前の由来は諸説ありまして、地名の北浦(きたうら)が訛ったもの説、盗掘孔から見たときに玄武と青龍が見えたことから「亀」と「虎」でキトラになった説などがありますが、どれもまったく腑に落ちない説ばかりで埋葬者に関しても不明のままではありますが、場所や石室の豪華さ、副葬品の豪奢さから考えても天武(てんむ)天皇の皇子である可能性が高いとされています。


DSC02172 (2).JPG


そのほど近い場所に、第四十代・天武天皇、第四十一代・持統天皇のご夫婦の合葬の御陵があります。


DSC02178 (2).JPG


飛鳥に沢山ある御霊の中でも飛びぬけて風水的にも素晴らしい場所にあり、堂々とした八角形墳であることからも、お二人がいかに国造りに尽力され、愛されていたのかをうかがい知ることができます。

明日香村は本当に多くの史跡名勝がありますので、駅前にあるレンタサイクルで移動されるのをおすすめ致します。最近は電動アシスト付きの車両もありますからアップダウンの多い飛鳥でも楽々ですよ♪

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年7月12日
« 前の記事「飛鳥美人が微笑む高松塚古墳」へ
»次の記事「戦艦大和に祀られた大和神社の神」 へ
おすすめ記事
    奈良特派員 新着記事
    戦艦大和に祀られた大和神社の神
    キトラ古墳・四神の館
    飛鳥美人が微笑む高松塚古墳
    蘇我馬子のお墓?石舞台古墳
    日本最古の仏教寺院・飛鳥寺
    五百羅漢と高取城跡にロマンを感じる
    壷阪寺は古さを感じさせない古寺♪
    室生寺は平安仏教美術の宝庫

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■奈良県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 奈良特派員

      奈良特派員
      大向 雅
      京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集