海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 奈良特派員ブログ > 賣太神社の主祭神は古事記編纂の立役者

日本国内/奈良特派員ブログ 大向 雅

日本国内・奈良特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月11日

賣太神社の主祭神は古事記編纂の立役者


賣太神社の主祭神は古事記編纂の立役者

S__56140020 (2).jpg

今回は大和郡山市にあります賣太(めた=売太)神社を紹介。

S__56140011 (2).jpg

古事記編纂に携わった稗田阿礼(ひえだのあれ)を主祭神として祀り、福祭神には猿田彦命(サルタヒコノミコト)と天鈿女命(アメノウズメノミコト)の夫婦神が祀られています。


S__56140017 (2).jpg

稗田阿礼は、太安万侶(おおのやすまろ)と共に、日本最古の歴史書とされる「古事記」の編纂に大きく関わった人物です。しかしながら逆に古事記以外にはその足跡を記すものが一切残されておらず、その正体はベールに包まれた方なのです。


その古事記の上巻の序にはこのように書かれています。


S__56140016 (2).jpg


時有舎人。姓稗田、名阿礼、年是二十八。為人聡明、度目誦口、払耳勒心。即、勅語阿礼、令誦習帝皇日継及先代旧辞。(そのとき、一人の舎人がいた。姓は稗田、名は阿礼。年は28歳。聡明な人で、目に触れたものは即座に言葉にすることができ、耳に触れたものは心に留めて忘れることはない。すぐさま(天武)天皇は阿礼に帝皇日継(ていおうのひつぎ)と先代旧辞(せんだいのくじ)を誦習(しょうしゅう)するようにとお命じになられた。

2 (2).jpg


この誦習という言葉は、長年にわたって「暗唱する」という意味であると教えられてきましたが、最近では「節をつけ繰り返し朗読」というする意味が一般的だそうで、稗田阿礼は記憶力が凄いというよりも、漢語や古代からの大和文字などにも精通されていて、翻訳や同時通訳ができた人物と考えるのが自然かもしれません。


S__56140015 (2).jpg


この稗田という土地は猿女君(さるめのきみ)稗田氏の本拠地でありました。猿女君は、古代より朝廷の祭祀に携わってきた氏族の一つでアメノウズメを始祖とされています。日本の神話において、アメノウズメは天照大御神が岩戸隠れの際に、岩戸の前で舞を舞ったという伝承から、鎮魂祭での演舞や大嘗祭における前行などを執り行った氏族だそうです。猿女君という名前は、やはり夫神である猿田彦の一字を入れたものでしょう。

S__56140018 (2).jpg

そして、ここ稗田は現存する環濠集落としても、非常に有名な場所なのです。環濠集落というのは、周囲に堀をめぐらせた集落のことをいい、水稲農耕とともに大陸からもたらされた集落の境界施設と考えられています。


S__56140008 (2).jpg


また稗田環濠集落は、かつての平城京の羅城門付近に存在しており、平城京に通じる主要幹線道路であった「下つ道」も通っておりましたので、かなり賑わっていた場所であったと考えられます。

S__56140009 (2).jpg


一説には、そのような場所に建てられた賣太神社は、平城京へ往来する人々の穢れを払ったり、旅の安全を祈願するような役割も担っていたという考えも有るようです。


このように奈良は、昔の村がそのままの形で残されていたりするので、古の歴史がつい昨日のように思えてしまう...本当にすごい場所ですよね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年10月11日
« 前の記事「子守明神と称される率川神社」へ
おすすめ記事
    奈良特派員 新着記事
    賣太神社の主祭神は古事記編纂の立役者
    子守明神と称される率川神社
    夕やけ小やけの傳香寺
    岡寺では「義淵僧正ハンパないって!」と言われていたかも
    国宝・紙本著色信貴山縁起絵巻
    不思議なパワーがみなぎる朝護孫子寺
    お願いは一言で!葛城一言主神社
    奈良にも大文字があります
    1年前の同じ月に投稿された記事
    国家の安泰を願った毘盧遮那仏
    あまねく光を照らす大仏様
    東大寺の中門と戒壇堂
    圧倒的な存在感の東大寺

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■奈良県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 奈良特派員

      奈良特派員
      大向 雅
      京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集