海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 奈良特派員ブログ > 東院庭園は華やかな天平文化の遺構

日本国内/奈良特派員ブログ 大向 雅

日本国内・奈良特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年11月22日

東院庭園は華やかな天平文化の遺構


東院庭園は華やかな天平文化の遺構

S__56287421 (2).jpg

以前にも色々と書きましたが、奈良の平城宮跡はとにかく広いので、見どころがたくさんあります。

DSC02593 (2).JPG

その中で今回紹介するのはここ東院庭園です。

DSC02586 (3).JPG

一見すると、お客を集めるために急ごしらえで造ったような建物のようにも見えるかも知れませんが...こちらの庭園はれっきとした天平時代の遺跡なのです。

長年にわたって土の中に埋もれていた遺跡が発掘されたのは、昭和42年のことですのでかなり最近の話♪


DSC02578 (2).JPG


奈良時代の末に称徳(しょうとく)天皇が平城宮の東に東院玉殿を建てて宴会や儀式を催したということが、続日本紀(しょくにほんぎ)に書かれているので、目星をつけた場所を調査したところ...大きな池を持つ庭園の遺跡が発掘されたわけです。

DSC02568 (2).JPG


まずは、庭園と同様に復元された健部門(たけるべもん)から展示室を抜けて庭園を目指します。

10068 (2).JPG

展示室には、東院庭園がそもそもどのような遺構だったのか、ひと目で分かるようにミニチュアが置かれています。


10067 (2).JPG

柱跡の礎石をはじめ、建物に使われていたであろう宮殿用の緑釉瓦(りょくゆうがわら)がいくつか発掘されましたが、一体どのような建物だったのかは今となっては想像するしかないそうです。

DSC02571 (2).JPG


研究者の先生たちが、発掘された礎石の大きさから、一生懸命割り出した柱の直径や本数などから考えた結果、法隆寺の食堂に近いものと推察され復元されてはいますが、あくまでも想像です。


DSC02576 (2).JPG

ただし、この隅楼(すみろう)という建物については、柱そのものが発掘されており、柱の間に貫(ぬき)が通され腕木となり、その下に交差した枕木というような非常に頑丈な構造から、二階建てであったというようなことが判明しています。

DSC02610 (2).JPG

こうしてリアルタイムスリップをたびたび体験することができるのは、先人たちの苦労のおかげです。こういう大切な遺構はできるだけ多くの人に伝えたいものです。1300年前のことを思い描きながら、ゆっくりと平城宮を歩けば、きっと感じ取っていただける「何か」があると思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

観光福祉タクシーMIYABIWELCAB

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年11月22日
« 前の記事「霊験あらたかなる霊山寺奥ノ院」へ
»次の記事「豪商の屋敷が立ち並ぶ今井町」 へ
おすすめ記事
奈良特派員 新着記事
室生・龍穴神社は奈良屈指のパワースポット
日本一の桜の名所・吉野山
日本国技発祥の地・相撲神社
銅鏡がどっさり出てきた黒塚古墳
御嶽山・大和本宮
天岩戸の扉が立つ天之石立神社
柳生一族の菩提寺・芳徳寺
剣豪の里に建つ、旧柳生藩家老屋敷
1年前の同じ月に投稿された記事
元興寺の見どころ
猿沢池の景観でほっこり
手向山八幡宮から鏡池へ
天平美術の宝庫・三月堂
二月堂から奈良を展望

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■奈良県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都別府和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 奈良特派員

    奈良特派員
    大向 雅
    京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集