海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 奈良特派員ブログ > 天平の悲しいヒロイン達

日本国内/奈良特派員ブログ 大向 雅

日本国内・奈良特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月27日

天平の悲しいヒロイン達


天平の悲しいヒロイン達

前回の御霊神社からのつづきになりますが、今回は少々文字が多いことをお許しください。

IMG_4584 (2).JPG

井上内親王は第45代・聖武(しょうむ)天皇の第一皇女として、県犬養広刀自(あがたいぬかいひろとじ)との間に生まれました。しかし、わずか11歳で伊勢神宮の斎王に任ぜられ、27歳になるまで宮中に戻ることなく奉仕されていました。

聖武天皇と光明子(こうみょうし)との間には、安倍(あべ)内親王(ないしんのう=女性)と皇太子の基(もとい)親王がおられ、広刀自との間には井上内親王と弟であり第二皇子の安積(あさか)親王がおられました。しかし基親王がわずか1歳で薨去されたので、皇太子のポストが空白になってしまいました。


次席の安積親王が皇太子にという流れが当然でしたが、当時政治権力を握っていた光明子の兄弟縁者が、なんと皇族出身ではない光明子を皇后にしたうえに、その娘である安倍内親王を立太子(りったいし=皇太子として定めること)してしまったのです。


これまでの日本の歴史を振り返ってみても、推古天皇を初めとする女性の天皇は何人もおられましたが、内親王が立太子されたことは慣例が無い初めてのことでした。それより何よりも第二皇子の安積親王がいるにもかかわらず、このような暴挙に出た藤原家に反発する声も多かったことは間違いないと思います。


このような暴挙を許すまじと、反対勢力が立ち上がろうとした矢先に、なんと安積親王が16歳という若さで突然亡くなられてしまったのです。死亡原因は脚気(かっけ)によるとのことですが、その死があまりにもタイミング良く突然すぎることから、藤原仲麻呂(なかまろ)による暗殺説もいまだに語り継がれています。

このことによって正式に安倍皇太子が誕生。井上内親王は、弟の安積親王の薨去によって、斎王の任を解かれて帰京されました。そして天智天皇の孫にあたる白壁王(しらかべおう)の妃となり、37歳という高齢出産で酒人(さかひと)内親王を出産。その後なんと45歳で他戸(おさべ)王を出産されています。ここまでは内親王としては決して華やかな人生とは言えないまでも、それほどの不幸ではありませんでした。


DSC04051_LI.jpg


一方では、東大寺建立を発願された聖武天皇から譲位された安倍皇太子が、第四十六代・孝謙(こうけん)天皇に即位されましたが、完全に藤原家に言われるがままの孝謙天皇はさしたる実績もなく、第四十七代・淳仁(じゅんにん)天皇に譲位、ご自身は太政天皇(上皇)に即位されました。しかし淳仁天皇どうにも反りが合わずに、天皇が持つべき権限を取り上げ、藤原仲麻呂ら重臣らと、袂を分かつことにました。


DSC09668 (2).JPG

自分の政治生命も脅かされそうになった藤原仲麻呂が、764年に起こしたクーデター「恵美押勝(えみのおしかつ)の乱」では、上皇軍の圧倒的武力により仲麻呂を殺害することで制圧。片棒を担いだ淳仁天皇を廃し、大炊(おおい)親王として淡路島に流刑とされた上皇は、第四十八代・称徳天皇として重祚(ちょうそ=一度退位した君主がふたたび即位すること)されました。が、しかしわずか6年足らずで崩御されてしまいます。


IMG_8821 (2).JPG

称徳天皇は生涯独身であり、また度重なる政変による粛清によって天武天皇の嫡流にあたる男系皇族が少なくなっていたためもあり、吉備真備(きびのまきび)や藤原百川をはじめとする群臣が評議し、天智天皇の孫にあたる白壁王(しらかべおう)が後継として指名され、770年10月に白壁王は62歳という高齢で第四十九代・光仁(こうにん)天皇として即位。それに伴い井上皇后に立后、そして他戸親王が立太子されました。


井上皇后は聖武天皇の皇女でありますし、白壁王との間に生まれた他戸親王は天智、天武両天皇の血を引く男性皇族の一人として十二分にその素質がありましたので、これですべてが報われたと誰もが思っておりました。


DSC07975.JPG
ところが772年3月のこと、井上皇后は光仁天皇を呪詛したとして突如として皇后を廃され、同年5月には他戸親王も皇太子を廃されてしまったのです。

そして翌773年1月には、光仁天皇の第一王子ではありますが、母親が皇族出身ではないので、皇太子の権利はなかったはずの山部王が立太子されました。


さらに、天皇の同母姉・難波(なにわ)内親王が薨去すると、内親王を呪詛し殺害したという罪で、井上内親王と他戸親王は庶民に落とされ皇族ですらない状態で幽閉。その後、二人同時に幽閉先で急死しされ、これによって天武天皇の皇統は完全に絶えてしまいました。


DSC04131 (2).JPG

その後、京では天変地異が続き、777年11月には光仁天皇が病床に倒れ、2月には山部親王も死の淵をさまよう大病になり、雨が降らず井戸や河川が涸れ果てたとのこと。これらは井上内親王の怨霊によるものと考えられ、内親王の遺骨を改葬し墓を御墓と追称。さらに平安時代に入ってからは内親王を皇后へと追号し、御墓を山陵と追称するなど、その名誉は回復されることとなりました。

DSC04539 (2).JPG


かなり簡単な解説となってしまいましたが、あまり存在を知られていない御霊神社には、このような壮絶な悲話があることを知っておいて欲しいと思います。

日の丸 (2).jpg


まもなく今上天皇が皇太子に譲位され、新しい年号に変わることで平成という一つの歴史が終わり、新しい時代へバトンタッチする歴史的瞬間に立ち会えることはとても意味深いですよね。これからも日本の歴史が未来永劫、続きますように。

観光福祉タクシーMIYABIWELCAB

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年12月27日
« 前の記事「悲劇のヒロインが祀られる御霊神社」へ
»次の記事「春日大社へ初詣」 へ
おすすめ記事
奈良特派員 新着記事
春日若宮十五社巡り
春日大社へ初詣
天平の悲しいヒロイン達
悲劇のヒロインが祀られる御霊神社
閻魔大王が睨みを効かせる百毫寺
日本最初の大嘗祭が執り行われた地に建つ等彌神社
豪商の屋敷が立ち並ぶ今井町
東院庭園は華やかな天平文化の遺構
1年前の同じ月に投稿された記事
平城宮跡資料館で古代ロマンを感じよう
なんと大きな平城京!
新薬師寺の十二神将像
軒先の身代わり猿たち

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■奈良県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都別府和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 奈良特派員

    奈良特派員
    大向 雅
    京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集