海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 奈良特派員ブログ > 銅鏡がどっさり出てきた黒塚古墳

日本国内/奈良特派員ブログ 大向 雅

日本国内・奈良特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年3月28日

銅鏡がどっさり出てきた黒塚古墳


銅鏡がどっさり出てきた黒塚古墳

S__58736839 (2).jpg


皆様は古代の鏡、本物の銅鏡(どうきょう)をご覧になったことがありますか?聞いたことはあっても、実際に見る機会がそうあるわけでもないし、正直どんなのか良く分からないという方も大勢おられるのではないでしょうか?

S__58736842 (3).jpg


これがその銅鏡。その名の通り青銅で造られた鏡です。写真で見たことがある人でも実際に手に取ったことがないと、ゴテゴテとした模様が施された青銅製特有の緑色なのでまったく使えない感じ。一体どうやって鏡として使うのかが分かりませんよね?

3 (2).jpg

しかしこれは長い年月の間に酸化して緑青が形成されたためであり、作られた当時の銅鏡の反射面は白銀色ないし黄金色に輝くちゃんとした鏡だったのです。


2 (2).jpg

もちろんこちらはレプリカですが、鏡の表面はピッカピカに磨かれているので、ばっちりお顔が映りますよ♪

驚くべきはここからです。やはり銅製の鏡ですから、使っているうちに曇ってくるわけで、古代よりクエン酸が含まれるザクロを研磨剤として用い、曇りの原因となるシュウ酸カルシウムなどの汚れを取り除いていたそうです。


また元禄時代には、水銀に錫の粉末を混ぜてアマルガムという物質を作り、これに梅酢を加えて砥ぐようになりました。クエン酸の効果で表面の汚れが除去され、そこに錫アマルガムが付着することによってメッキ状態になり、いっそう美しい鏡面が得られたということです(゚д゚)ポカーン


その時代からは比較にならないくらい科学が発達している現代、私たちのような一般人が、この方法を考えつくことはありませんよね?先人たちの智恵には本当にいつも驚かされてばかりです。


かつて邪馬台国の女王・卑弥呼(ひみこ)に対して、魏の国王が銅鏡100枚を贈ったということが、有名な魏志倭人伝(ぎしわじんでん)に書いてあるので、もしも全国の邪馬台国候補地で、大量の銅鏡が発掘されることがあれば一気にその地に邪馬台国説が浮上することになるのですが...そう旨い話があるはずが...。あったのです!

S__58736841 (3).jpg

奈良の天理市にある黒塚古墳にて1997年から始まった発掘調査で、なんとっ!石室に綺麗に並べられた三角縁神獣鏡(さんかくえん(ぶち)しんじゅうきょう)33面と画文帯(がもんたい)神獣鏡が1面、発見されたのです。

発掘当時の様子は、被葬者の頭のところに画文帯神獣鏡と、両側に刀1、剣1が置かれ、外には東壁側15面、西壁側17面と、じつに32面もの三角縁神獣鏡が木棺と壁のわずかな間に立て並べられていたそうです。


S__58736840 (2).jpg


今までの考古学の調査で、これほど一度にたくさんの銅鏡が入れられていた例はなかったので、もしや?と、さすがに考古学の研究者や古代マニア達が、このそれほど大きな規模ではない古墳にどッと押し寄せて、小さい街が一時パニックになるほどだったとか。


しかしその後、卑弥呼がもらった銅鏡よりも、製作年代が新しいことが分かり...一見落着。


S__58736843 (2).jpg

現在は古墳のすぐ隣に「天理市立黒塚古墳展示館」を建てて、発掘された時の埋葬の状態を正確に再現してくださってますので、小難しい説明を受けるよりもインパクトがあって楽しめます。

普通あまり観光で行くところではありませんが、このように分かりやすく石室の状態を再現してくれているところは少ないので、興味がおありの方は、ぜひ一度は訪れてほしいと思います。


観光福祉タクシーMIYABIWELCAB

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2019年3月28日
« 前の記事「御嶽山・大和本宮」へ
»次の記事「日本国技発祥の地・相撲神社」 へ
奈良特派員 新着記事
【急募!】奈良特派員を募集しております!
元号も奈良から祝・令和
偉大な霊剣が御祭神・石上神宮
室生・龍穴神社は奈良屈指のパワースポット
日本一の桜の名所・吉野山
日本国技発祥の地・相撲神社
銅鏡がどっさり出てきた黒塚古墳
御嶽山・大和本宮
1年前の同じ月に投稿された記事
日本一の桜の名所・吉野山
日本建国の地・橿原神宮
中宮寺に祀られる飛鳥時代の微笑
法隆寺・夢殿に封じ込められた仏像
法隆寺・大宝蔵院はまるで博物館

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■奈良県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 奈良特派員

    奈良特派員
    大向 雅
    京都奈良観光散策 雅流塾の代表 観光ハイヤーの経験と知識をもとに2014年に独自の観光ガイドシステムを立ち上げフリーランスの観光コンシェルジュ“たっしー&たー坊”として活動中 古都奈良にある神社・仏閣や名所旧跡を通して 古代より現在まで先人たちから受け継ぎ育んできた歴史と文化を分かりやすく伝えていきたいと思います。 DISQUS ID @disqus_YaoRmxkTzr

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集