海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューオリンズ特派員ブログ > Cafe Du Monde

アメリカ/ニューオリンズ特派員ブログ 旧特派員 石川 麻里子

アメリカ・ニューオリンズ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年4月 9日

Cafe Du Monde


Cafe Du Monde

今回は、ニューオリンズを訪れたら絶対に立ち寄りたい、Cafe Du Mondeのご紹介です。

日本にも進出しているので、名前をご存知の方も多いかと思いますが、カフェオレとBeignet=ベニエが看板メニューのお店です。もはやニューオリンズ名物と言っても良く、ニューオリンズに立ち寄る旅行者が必ず訪れる場所です。

日本の支店では飲み物もいろいろな季節限定品や、ベニエに付けるディップが選べたりといろいろ凝ったメニューがあるようですが、ニューオリンズの本店では、まさに『カフェオレとベニエだけ』のお店。

ベニエは、もともとフランスの植民地だったニューオリンズに入植者を通して渡って来たお菓子です。簡単に言ってしまえば穴の開いていない揚げドーナッツで、ここでは南部で採れるコットンの油でカラっと揚げたものに、粉砂糖をたっぷりとかけていただきます。

そしてここのコーヒーはコーヒー豆の他に、チコリ(エンダイブ)の根を炒った粉末が混じっていて、独特の苦みがあります。これも植民地時代、ナポレオンが大陸封鎖令を出した時にイギリス製品がボイコットされた影響でニューオリンズでもコーヒー豆が不足しました。もともと苦みのあるチコリの根の粉末を、風味付けのためにお茶に入れる風習のあったニューオリンズでは、足りないコーヒー豆を水増しするためにチコリの根を混ぜたものが生み出されたそうです。

Cafe du Mondeは1860年代初頭にニューオリンズのフレンチクオーター中心、フレンチマーケットにオープンして、今でも同じ場所、同じメニューで営業しています。

Cafe%20Du%20Monde%20side.jpg

おどろきの年中無休(12/25以外)、24時間営業なので、夜中に小腹が空いた時にも、または早起きした朝ご飯にも立ち寄れます。

まず、ストライプのテント屋根で覆われた、半オープンテラスの開いている席に勝手に座ると、ウェイターさんがやってきて注文を取ってくれます。ベニエはひとさらに3つ載っているので、ひとさら単位で注文します。
飲み物は暖かいカフェオレ、冷たいカフェオレ、フローズンカフェオレとそれぞれサイズが選べます。
混んでいない時間帯であれば、わりとすぐに注文したものが運ばれてきます。そしてその場ですぐにお会計。現金しか受けつけてくれないのでご注意!注文したものの値段に少しの心付け(ひとりあたり1ドル程度で良いと思います)を足して支払います。ベニエ一皿と小さいカフェオレを頼んでも、ひとり$5程度です。あとはゆっくり、おいしいベニエとコーヒーを味わいます。

ベニエは1つ10センチ角ほどの正方形で、外はカリカリ、中はフワフワ!初めて見たときは『デカ!』と思ったのですが、ふわふわしていて脂っこくなく味もくどくないので、簡単に一人で3つ食べられました。とはいってもこれは在米7年のすでに胃袋のだいぶ拡張した女子の意見ですので、胃袋に自信の無い方はシェアしても良いと思います。

2799120147_d09e9bbff8.jpg

ところで、ベニエにはこれでもか!と粉砂糖がかけられているのですが、この粉砂糖がフワフワとあちこちに落ちているので、洋服や荷物に付きやすいです。テーブルはウェイターさんが拭いてくれても、椅子や床のあちこちに粉砂糖が付いています。また食べるときも、袖口や口の周りが粉砂糖だらけになるのはまず防げません。でも、口の周りを真っ白にしながらほおばるのがまた楽しいのです。周りのお客さんもみんな口元真っ白でお互い笑い合っているので、気にせずガブリと行ってください!

フレンチマーケットとなりの本店は日中とてもにぎわっていて、お店の前に行列が出来ていることもしばしば。独特の雰囲気のある本店でぜひ味わっていただきたいところですが、時間の限られている方でそんなに待てない!という場合は、本店からあるいても15分程度、川沿いのRiverwalkというショッピングモールの中にスタンドがあります。ここはいつ行ってもそれほど混んでいないので、おすすめです。

また、ベニエを家庭でも楽しめるベニエミックスや、缶入りのコーヒー豆、マグカップなどもおみやげにおすすめです。本店のテイクアウトウィンドウでもおみやげ品の注文ができますし、Riverwalkの支店でも購入できます。人気のあるおみやげなので、街中にあるおみやげ屋さんや空港でも購入できますが、本店のテイクアウトウィンドウで買った方が多少割安です。
在米の方はネットでも購入できます。

information(2010年4月8日現在)

Cafe du Monde(本店)
800 Decatur Street New Orleans, LA 70116
504-525-4544
URL :http://http://www.cafedumonde.com/

年中無休、24時間営業。(クリスマス当日12/25を除く)

現金のみ。

Cafe du Monde(Riverwalk支店)
Riverwalk Marketplace, 1 Poydras, Suite 27, New Orleans, LA 70130
504-587-0841
月〜土 9:00〜18:00、日 9:30〜18:00

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2010年4月 9日
« 前の記事「プリザベーション・ホール」へ
»次の記事「ジャズフェスティバルシーズンがやってきました!」 へ
おすすめ記事
    ニューオリンズ特派員 新着記事
    ルイジアナの住宅
    政府閉鎖とトロピカルストーム
    ミシシッピ川クルーズ
    スパイス屋さん
    ルイジアナ家庭の味
    ジャズフェスティバル
    Mardi Gras グッツ
    SUPER BALL

    アメリカ ツアー最安値


    2018/12/13更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集