海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

3年ぶりくらいにワシントンDCへ。すでに20回も行っているDCだが、この夏、どこへも出かけなくてすっかり出不精になってしまったため、土日で出かけてみることに。往路メガバス、帰りはいつもの鉄道=アムトラックにした。

メガバスはボストン行きで1回利用したことがある。これで2回目だ。アムトラックと違って安いし、目的地までノンストップなのが嬉しい。今回はギリギリだったので、運賃は片道25ドルだが、前からの購入だと5ドルくらいからDC行切符が買える。
ちなみに帰りのアムトラック普通列車は91ドルだった。

DCと東京間にはANAが就航しているので、東京からニューヨークまでANA、中移動はメガバス(スーツケースも積める)、IAD(ワシントンダレス空港)から東京へANAで戻りーーという選択も悪くない。

メガの夜NY出発.JPG

さて、私が選んだのは夜中3時半発のバス。これに乗れば朝、7:45AM到着だから2日間まるまる有効に使える。
しかし3時半の出発のバスって危なくない!?

場所も34丁目の西側のはずれ。11番街を超えたところだ。近くには地下鉄7番のハドソンヤード駅もあるが、さすがに人も多くはないので慣れていない人は、乗り場まではタクシーで行くほうがお勧めする。乗り場は34丁目の道路沿い。(冬は寒空で待たなくてはいけないのが難点)
すでに大勢の人が並んでいるためここまでくるとホッとする。

ちなみにメガバスのNY出発点と、(帰りもメガバス利用の場合、)NY到着点は異なる。到着は7番街27丁目付近のFIT=ファッション工科大学の目前だからもう少しミッドタウン中心部よりになり便利だ。

4bannno seki mega.jpg

今回、追加7ドルで2階の1番前の座席を購入してみた。メガバスはダブルデッカー仕様で一部座席が指定となっている。1番前に4席あるが、ここは眺めもいいに違いない。ほかの指定席は1ドル~。テーブルのあるところも3ドルと少々お高いが、このくらいの指定料だったら席を確保しておきたい。

後部シートメガ.jpg

しかし、印刷したチケットには座席マークに「4」の数字だけ。これでほんとうに特等席に乗れるの?
案の定、乗り込んでみるとフロント席を勘違いしたファミリーに陣取られている。そこ「私の席なんですけど、シート4番で」
え?という顔をされたが、私の隣の購入者もやってきてやっとリザーブドシートだと気が付いてくれる。

乗り込むときに印刷した用紙を1枚だけ持っていて、係員に取られはしなかったが、席のナンバーが表示されているためリザーブドシートの証拠となる。係員に渡すこともあるかもしれないので念のため2枚用意しておこう。

最前列4席は購入者で埋まった。一人は、一番前だというのに毛布を頭からかぶって寝る体勢。何のための一番前やら。。

いよいよ出発。いや~思ったより怖い。横転したら死ぬ。と発車したとたん不吉なことばかり考える。夜中は渋滞がないので車の数も少なく安全のようにも思えるが。

メガバス風景コワイ.jpg

隣の人のいびきも気になりながら、うつらうつらしているうちに夜も空けてくる。やっぱり怖いけど、ちょっと慣れてきたかな。

DC touchaku desu.jpg

やがてDCの街へ入り、

DCnoBUS stationvdesu.jpg

到着。メガバスにお疲れ様と言いたい。(いや、ドライバーにもだけど)

メガバス本体.jpg

窓からはDC発のバス待ちの人たちが見える。

DC no BUS machi no hito.jpg

20年以上も前は、治安のよろしくなかったDCのバスディーポだけどすっかり変わって、様々なバスが発着するようになった。
時代の流れを感じる。

メガバスサイト(↓)

https://us.megabus.com/


2017年9月 4日

 ~ 昼と夜の時間が逆転!困ることといえば…

ニューヨークと日本の時差はサマータイムの場合、13時間。日付変更線が太平洋を分断するところにあり、日本の方が早くに進んでいる。例えば、ニューヨークでこれを書いている今は8月20日日曜日の夜の11時20分。日本は今8月21日月曜日の12時20分。ちょうど、皆さんはランチタイムの頃だろう。
つまり日本とニューヨークでは昼と夜がほぼ真逆なのだ。
直行便もその日の昼間に出て次の日の午後に東京に到着。2日間が移動でなくなる分、ニューヨークに戻るその1日は長くなる。

時差ボケという言葉があるが、13時間も開きがあるとかえって体のリズムを整えるにはちょうどいいという芸能人のコメントもあったりする。

しかし、日本とやり取りをする駐在員や現地スタッフは結構大変だ。少し残業をして帰るタイミングで日本からEメールがどんどん届き始める。また日本とのスカイプや電話、TV会議のため夜7時8時まで残ることにもなる。もちろん日本の企業もこちらの企業との連絡などで多少早めに会社に来たりと調整は大変そうだ。ともすれば日々の睡眠時間にも影響が出て健康によろしくない。

さて、サマータイムの終わりは、今年は11月5日。いつも日曜日の夜中の2時に時計を調整する。時計の針を1時間遅らせるわけだ。これをすると一挙に、夏の終わりを感じる。終業時間が近づくと外はもう暗闇の世界になっているからだ。サマータイムの始まりは、逆に1時間時計を早める。
昔はこれになれなくて、うっかり授業に遅刻したりしていたけれど、今はデジタル化。スマートフォンがひとりでに時間の調整をしてくれるわけで、飛行機に乗り遅れるーーという失敗はないようだ。

ハドソン川に沈む夕日.JPG
ハドソン川の向こうに沈む夕日。日本では次の日の朝を迎えている頃だ。


2017年8月21日

ミッドタウンのメイシーズを抜けて6番街を下って行った28丁目にマクドナルドがある。廻りは花、植木などのガーデニングを扱った昔ながらのお店が連なっているところだが、一昔前、この辺りの雰囲気はあまりよくはなかった。しかし、今ではスタイリッシュなEVENTIホテルやACEホテルも出現し、お洒落なエリアに変わりつつある。

この10月にはノードストロームラックという有名デパートのアウトレット店もオープンするらしい。
Mc の近くノードストーム.JPG

これに先駆けて、6番街と28丁目のマクドナルドも一時リノベーションのため閉鎖。
ある時通りがかってみたら「マックカフェ」として再オープンしていた。外観も内装も以前とは全く違う!


MC cafe 外観.JPG

エントランスを入ると大きなホールになっており、高い天井、広いスペース。前のようにごみごみしていない。塵、ゴミ一つ落ちていない長居したくなるカフェに生まれ変わっていた。

Mc Cafe 内観.JPG

以前のようにカウンターで注文もできるが、スクリーンタッチで欲しいものを選び、クレジットカードでその場で決済、備え付けの番号札のナンバーを入力して席で待っていると、スタッフが席まで注文したフードを運んでくれる。カウンターで長い順番待ちもしなくていいし慣れると楽なことこの上ない。注文を間違えられることもないし、スクリーンの写真をじっくり眺めながらオーダーを決めることができる。

M Cafe スクリーン.JPG

マクドナルドは細かいメニューを見ながら注文できないが、このスクリーンタッチ方式だと、事細かに選ぶことができ、こんなメニューもあったのか、と驚かされる。

Mc ソースの種類.JPG ソースの種類とカロリー表示まで!

今回の注文。ブレックファーストメニューのハッシュブラウンポテトは外せない(!)

Mc Cafe 注文内容.JPG

電源の差し込み口もあり、wifiも使えるマックカフェ。何よりコーヒーの種類がいろいろあって嬉しい。


Mc Cafe entrance.JPG

次回のニューヨーク訪問で立ち寄ってみてはいかがだろうか?


2017年8月21日
2017年8月14日
2017年7月31日
2017年5月30日
2017年4月30日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ニューヨーク特派員

    ニューヨーク特派員
    青木 多佳子
    大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集