海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > 大リーグ初観戦-はたして今日の松井選手は――

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2005年6月 1日

大リーグ初観戦-はたして今日の松井選手は――


メール プリント もっと見る

大リーグ初観戦-はたして今日の松井選手は――

 
 「夏にむけてまっしぐら!」というわけにはいかず、このところ雨が多いニューヨーク。
そんなかで、この間初めて野球観戦、しかもNY名物の「サブウェイ(地下鉄)シリーズ」に行って来た。ご存知の人も多いだろうが、地元ヤンキース対メッツの対戦でチームの両球場が地下鉄で行き来(米国の移動はまず飛行機)できることからこの名で呼ばれるようになった3日間の対戦である。その最終戦日曜日のゲーム。券面18ドルのアッパー席(つまり最上階)だが、見晴らしはいいし、観戦初心者には悪くない。

  ところで野球の知識に乏しい私と知り合いのAちゃんは、松井が55番ということ以外に名前と背番号が把握できない。「あれメッツの松井って何番だっけ」「キャプテンのジーターって2番なの?あの女の子の着てるシャツがそうだとすると、2番って表示ないから今日は出ないんだ」「あの髪モジャモジャの投手(メッツのペドロさん)は知ってるよ。TVで見たことある」などと貧しい会話をしながら、かくして試合はスタート。

  今回の試合をざっと説明するとメッツの松井は出場せず、ヤンキースの松井は打順が4番。前半はメッツのモジャモジャ投手のがんばりで(トレードマークなのかこのモジャモジャアフロヘアーのかつらをかぶったファンもけっこういた)ヤンキースは得点に結びつかず、メッツが2点リード。しかし後半、メッツ側は投手の交替が災いしたのか、ヤンキースは松井のタイムリーなヒットで同点に追いつき、しかも追加点をあげる。このまま逃げ切り9回裏、メッツは挽回できず(しかも雨が降り出し、なんとなくゲームは終わりという雰囲気だった。バッターがちょっと気の毒)そのままヤンキースの勝利。

  ゲームが終了してからもアメリカ人の盛り上がりはすごい。「レッツゴー、ヤンキース」の掛け声に、その「ヤンキース」の部分をはもって「ヤンキース、サックス(「クソッタレ」のような意味)!」と応酬するメッツファン。サッカーやアメフトファンほどの凄まじさはないにしても、老若男女一体で勝利感(あるいは敗北感?)に酔いしれその興奮がジンジンと伝わってくる。また、シェイスタジアム噂のメッツ側がホームランを打ったときだけお目見えするビッグアップルの登場の仕掛け(思ったより派手でなく控えめな現れ方!)や、選手を皮肉ったカトゥーン(たとえば誰かが三振するとスクリーンにマンガが飛び出し「FROZEN」の文字(はやり風の日本語でいうと「固まっちゃった」)で締めくくるワルノリさ。ところどころにアメリカ人ならではのユーモアが感じられる。
 
 それにしてもやはり松井選手のがんばりには敬服する。日本人である彼がアメリカは大リーグの名門で、しかも打順4番という重要なポジション。そのプレッシャーにも負けず(ここぞというとき、期待を込めて観客はみな総立ち)一人黙々とがんばる姿にはいたく感動した。彼が期待通りの活躍をしてくれると日々のストレスがいっぺんに吹き飛んでしまうような爽快感を覚える。私たちもこの松井選手の姿勢から何かを学び取れるはず。そういった意味では今回、野球度素人の私たちにも興奮を与えてくれたこの大リーグ観戦は必見の価値あり。ニューヨーク滞在中にチャンスがあったならぜひとも球場に足を運んでもらいたい。

チケットの料金
人気の試合はプレミアがつく。たとえば6月17日ごろのヤンキース対シカゴカブスはインターネットですでに売り切れの噂。業者ではアッパーの席を$75くらいで売っている。
1階のメインチャンプだと$250くらい。

購入法
直接球場に出向いて、購入またはクラブハウスでも席を相談しながら決めることもできる。
インターネットで購入し、当日球場の窓口で受け取る事も可
ヤンキースHP:www.newyork.yankees.mlb.com
メッツHP:www.newyork.mets.mlb.com
チケットマスター:www.ticketmaster.com
球場までの送迎付ツアー:www.jtbusa.com/look/09_sp/09_4_mlb.asp

入場の注意点
これはシェイスタジアムの球場への入場でのことなのでNYや他の球場でも同じかは不明。大きいバッグパックなどの持込できない、缶やペットボトル、ビデオカメラ禁止とあったので、なるべく小さいバッグを持参したもののけっこうバックパックなどを持ち込んでいる人も多かった。それを拒否されている様子はなし。あまり大きなバッグに荷物たくさんというのでなければいいような雰囲気で、空港やビルの金属探知機もなく、球場スタッフが荷物の中身を確認するのみ。

2857.jpg


メッツの本拠地シェイスタジアムはラガーディア空港の近く。頻繁に飛び交う離着陸の飛行機のその騒音は気にならないまでも、低い高度で機体をかしげて飛んでくる光景には何回もどきどきさせられた。

シェイスタジアムへの行き方
42丁目から紫の7番のフラッシング行きにのり終点のひとつ手前、Queens Willets Point
で下車

ヤンキ-スタジアムへの行き方
地下鉄4、C,Dにてアップタウン方面へ。Bronx 161St.で下車

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦
2005年6月 1日
« 前の記事「ハーレム入門編」へ
»次の記事「■番外編■ プラザホテルの大セールは?」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    夏に行きたい!人気のルーフトップバー、人気のカクテルは?

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集