海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > グラウンドゼロ・あれから4年

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2005年9月16日

グラウンドゼロ・あれから4年


グラウンドゼロ・あれから4年

今年も911の追悼式典がしめやかにとり行われた。すでに4年。年を追うごとに少しずつ人々の記憶から失われていく。年々増加するマンハッタンへの観光客。ホテルは昨年よりもさらに値上がりし、ここ最近もマンハッタン中のホテルがほぼ満室となることもしばしば。エンパイアーステートビルの展望台での順番を待つ楽しそうな観光客を見ているとなぜか4年前の出来事が夢のようにさえ思われる。

一方で、ニューヨーカーにとって、特に犠牲となった人々の身近な存在であった人にとってはやはり一生ぬぐえない心の痛みであることには変りはない。街中、ありとあらゆるところで見られた献花やキャンドル、寄せ書き。行方不明の人の貼り紙。新聞に一面埋め尽くされた消防士の顔写真、誰もが掲げていたアメリカ国旗などが今でも頭に焼き付いている。そして9月11日の式典の中継で涙を拭きながら、遺影を掲げている遺族の方を見ると、今さらながら言いようのない切なさに胸のつまる思いがした。

今現在、グラウンドゼロと呼ばれる貿易センタービルの跡地には何もない。工事用の鉄骨などの置き場所となっているだけで、この間行ってみたときは作業員さえ見当たらなかった。周囲は金網の柵に覆われ、たくさんの観光客がその現場を一目見ようとバスや地下鉄に乗ってやってくる。その観光客のために設置されたものか、当時の朝から次の日までの出来事を事細かに記した掲示板が目を引いた。分刻みのタイムライン(時系列)で書かれているため当時の様子がかなりわかりやすくまとめられている。また、「911のヒーロー」として命を落とした人々の名前も刻まれたボードも掲げられている。こうして人々は何もない工事現場のような跡地に、4年前の悲惨な出来事を反芻させているのかもしれない。

変ったことといえば、グラウンドゼロの跡地に隣接して大きな駅の入り口ができていたこと。名前も「World Trade Center Path Station」。この階段を降りると一方が地下鉄(E,A,C,2,3,R,Wライン)。そして反対側がニュージャージー州へ向かうNJトランジットの改札口となっている。そういえば、世界貿易センタービルの地下にはもともと列車のターミナルがあった。つまりそれがまた復活したかたちとなったのだろう。ただし、駅はまだ臨時につくられただけとあって、がらんとしている。昔のように小売店や飲食店で賑わっているわけではない。ここが再び大きな発着ターミナルとして活気を取り戻すにはまだまだ時間がかかりそうである。

グラウンドゼロは、バッテリー公園やシーポートピアにも歩いていける。また、復活した「センチュリー21」という有名なブランド品ディスカウントショップは目の前である。ショッピングの前に、このグラウンドゼロと呼ばれる跡地の前で起こった出来事に思いをめぐらし、鎮魂の祈りをささげてほしい。

2989.jpg

グラウンドゼロにて
時系列(タイムライン)による当時の出来事が記されたボード
目で追っていくと忘れていた悲惨な情景がまざまざとよみがえる。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2005年9月16日
« 前の記事「ブルックリンで過ごす日曜日の昼下がり キャロルガーデン/パークスロープ」へ
»次の記事「名門コロンビア大学にて ~勉学に勤しんだ日々を回顧する」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!

    アメリカ ツアー最安値


    2018/9/20更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集