海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > 街角風景?  〜ニューヨーカーはペットがお好き

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年5月21日

街角風景?  〜ニューヨーカーはペットがお好き


街角風景?  〜ニューヨーカーはペットがお好き

待ってる犬.jpg


LA、テキサス、オハイオ、シカゴ。いろいろなところに住んでみたが、NYほどペット連れの多い街は他にないと思う。とにかく「道を歩けばペットに当たる」。マンハッタンは独身者が多く、また子供のいないカップルが愛情を注ぐ対象としてペットを飼う傾向にあるようだ。種類もチワワからゴールデンリトリバーまで大小さまざま。

公園によっては、飼い主が見守る中、共同で遊ばせることのできる「犬の広場」のようなものがある。この間、マディソンパークで自慢のチワワ(だったかな?)を連れて散歩している友人に出くわした。
私:「お宅の犬、公園デビューはしないの?」友人:「うちは他の犬を怖がっちゃうからだめなの。人間の女性にはなつくんだけどねぇ」(まるで主婦の会話)そこへ日本人熟年カップルが通りかかる。奥さん:「可愛いわね。うちにもいるのよ。ワンちゃんのお名前は?」友人:「ミルキーです」奥さん:「え、男の子でミルキー? あらまー。カフェオレとかだったらよかったわねぇ」私:「(カフェオレ)??」何を言われているかわからない、当の本人はうれしそうに奥さんにじゃれついている(確かに男性のほうには寄り付かない)
こんなふうにペットを連れていると「出会い」も期待できそうなのでうらやましい。

米国のお買い物では、ペットを連れて中に入るのを容認しているお店も多い。(ただし友人はミルキーを連れてエステに行こうとしたがさすがにそれは断られたらしい)そんなことが街中でペットを連れている人を多く見かけるゆえんであるかもしれない。もちろん外に連れ出すとなるとこれは圧倒的に犬だが、この間は小型2匹に首輪をつけて散歩しているのをよくよく見ると一匹は犬、一匹は猫(!)、なんてことがあった。また、犬が首に米国旗のスカーフを巻きつけている姿も。さすが愛国心の強いアメリカ。日本ではいくらなんでもペットに日の丸スカーフは…。

散歩で困るのは便意を催されることだろう。そのため、飼い主はちゃんとビニールなりを用意して拾って始末するようだ。ずっと昔、犬を連れた人がひったくりにあったが、ひったくったプラスチックボックスを開けてみたらそれは犬の「落し物」。怒りで頭に血がのぼったらしい犯人はわざわざ飼い主のところに引き返し「なんだコレは!金をだせ!」と再度要求した、という笑い話のような記事を読んだ。ともかく、ペットを飼う人にはそれぞれマナーというものを心得ているようでホッとする。

こちらに住む日本人でも猫や犬はもとより、中にはウサギ、カメ、フェレットを飼う人もいる。当然家族のように愛情がわくためか、帰国のときは連れて帰る人が大半だ。
飛行機に乗せるには機内持ち込みか貨物室に入れるかのどちらかだが、小さいものは機内持ち込みを希望する人が多い。ただし、最近JAL、ANAの日系航空会社は機内持ち込みについては禁止するようになった。中には動物アレルギーの乗客もいるらしく苦情があったということが禁止の理由らしい。
ペットを飼ってみたい。連れて歩けばそれだけ社交の輪も広がりそう。だけどいろいろな諸事情を考えるとやはり大変、という結論に達して断念してしまう私である。日本のようにペットレンタルがあればいいのに。
ご参考までにこの間ペットショップでみた子犬一匹のお値段は$800くらい。

(写真は、犬を連れてレストランでお食事風景。暖かくなりオープンカフェスタイルのレストランが増えてくると、犬を伴ってくる人も多い。中には、飲み水用の皿も用意してくる飼い主も。私が犬だったら、「なんでご主人様だけおいしいもの食べて自分は水なの」って一蹴したいところだが、どの犬も騒がずおとなしく待っているのが不思議)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2006年5月21日
« 前の記事「サウスハンプトンで宿泊するならB&B」へ
»次の記事「ジョリーマディソンタワー 〜オリエンタルをミックスしたイタリア系ブティックホテル」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ハーレム入門編
    ヘルシーライフを実践すればニューヨーカー気分になれる?!

    アメリカ ツアー最安値


    2018/9/23更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集