海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > 話しちゃいけないパーティーって?

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年8月 3日

話しちゃいけないパーティーって?


メール プリント もっと見る

話しちゃいけないパーティーって?

Quiet%20Psrty.jpg

NYには数多くのイベントがあるが最近、一風変わったパーティーに行ってきた。
その名も「QUIET PARTY」文字通り静かなパーティーの意だが、「静か」というのは話をしてはいけない、つまり口頭会話厳禁ということなのである。相手との話はすべて筆談。

なにやらおもしろそうだったので友人と2人で出かけてみた。定期的に催されるようだが、今回の場所(いつもそうなのかは不明)ハウストンストリートの西側のマダムXというバー。名前と店内中赤いライトの照明がなにやら怪しげな雰囲気をかもし出し、私たちはちょっとひいてしまった。しかし、ここまで来たからにはぜひ体験してみないと。

一階はふつうのバーだが、2階がその会場との説明を受けた。階段を上がる直前に入場料10ドルを支払う。時間は午後6時半から9時半まで。もちろんバーだからダンスホールのような大広間というわけにはいかないが、長いスペースの一角一角にイス、ソファー、テーブル、そしてそこかしこに筆談用のメモ、ボールペンが散らばっている。6時半ではまだ人が少なかったが、そのうち座る場所もないほど混雑してくる(どちらかというと男性が多い)。慣れている人が多いのか、男でも女でも気軽に何人もの人とメモを交換し始める。私たちもたちまち男女あわせて何人もの人からメモを受け取るので、そのうち、返すのが遅れてきた。
筆談会話は簡単。たとえば
「ハーイ、楽しんでる? 私の名前はアリス? あなたは?」
「私はタカコ。このパーティー何回目?」
「3回目。ここで出会った男性と何人かデートしたけど、あまり話が続かなかったわ。久しぶりにまた来てみたの」という調子。話が続けば、映画やスポーツといった趣味の話になり、最後に気が合えば、携帯電話やE-Mailアドレスの交換をする。

筆談パーティーのいいところはシャイにならなくてもいいところ。
またちょっとお気に入りの異性にメモを渡されたらトキメキがある。
気に入らない人のメモには返事を出さない、もしくは短く済ませる(わかりやすい!)。
つまらない人とどうやって会話を切り上げようか考えなくて済む。
一方難点は、英語での筆談。英語で書くことによって、また読むことによって
コミュニケーションを取らなければいけない。また相手の字が、判読しづらいのも難点。

概して3時間かなり楽しめたし、昨日は仲良く筆談したS君からお誘いの電話。
機会があったらまた行ってみたい。

写真:このような紙にどんどん筆談していく。(書くのに、また文章を考えるのにちょっと疲れるかも)白人、黒人、アジア人と人種は様々。アルメニアアメリカ人なんていう人もいた。女性同士のメモ交換でもいいが、基本的には異性の知り合いを見つけたいと思っている人がほとんどのようなので、結婚している人、恋人がいる人は、遠慮したほうがよろしいかも。

サイトを見ると、このイベントはサンフランシスコや上海など、他でも催されているらしい。
www.quietparty.com

補足:ビールなどのオーダーはもちろん口頭でOK、またパーティーは予約の必要なし。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2006年8月 3日
« 前の記事「超ブランド品を格安でゲット ― ウッドベリー・コモンで買い物三昧はいかが?」へ
»次の記事「チャイナタウンでエステ体験」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    夏に行きたい!人気のルーフトップバー、人気のカクテルは?
    1年前の同じ月に投稿された記事
    夏はやっぱり海・マンハッタンから行ける日帰りビーチ
    マンハッタンのホテルにはこんなのもあり?!

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集