海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > 禁じられた公園(?) 〜 グラマシーパーク&ホテル

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年10月 6日

禁じられた公園(?) 〜 グラマシーパーク&ホテル


禁じられた公園(?) 〜 グラマシーパーク&ホテル

グラマシー.jpg
レキシントンアベニューをどんどん下がると突然21丁目で公園につきあたる。その公園を突っ切ろうにも門が立ちふさがり、いつもロックされた状態だ。ごく普通の公園のようなのになんなのこれは? 実はこれが有名なグラマシーパークなのだ。何が有名なのかというと、一般人の立ち入りが禁じられていること。公園に入る権利を持っている人びとは、周囲に家を持っている住民のみ。「何々ブロックまでの人が、公園の鍵を持つ権利がある」ときちんと決められているそうだ。いつ見ても、中にはほとんど人がいないので権利を持っている人はほんとうに限られた人だけなのだろう。うらやましい。

ところで私たちでもひとつだけ中に入れる方法がある。21丁目の公園の前にたつグラマシーパークホテルに滞在すること。宿泊者には公園の鍵を貸してくれるのだ。
先日この内部を見る機会があったが、これぞまさにNYならではのホテル。扉をあけてもらうと(ドアマンやベルボーイの白人男性は皆モデルのようにハンサムぞろい!)そこからもう西洋館にお招きを受けた客人のような気分になった。高い天井、少し古めかしくもノスタルジックな雰囲気の漂うインテリア。重そうなどっしりとした木製のテーブルは一瞬「ここでタロット占いをやるのか」といった錯覚をおこしてしまう代物だ(ホテルのロゴマークGPHからして「マジナイの館」というイメージなのだ)。

ペントハウススタイルを含むトータルの部屋数は185室。薄暗い廊下だけに、部屋の扉をあけると窓の日差しが幾分まぶしい。ここから眺めるグラマシーパークは、外を柵越しから眺める分にはわからなかった美しいレイアウトを垣間見ることができる。
部屋の内部は住居デザインを手がけるイアン・シュラガーのこだわりで、どこもかしこもアートづくし。シャワー室に置かれた2枚の巨大な熱帯葉。さめの歯のようなランプ。洗面台の天井両端からは、シャボン玉のように透明な大小の球状バルブが、ブドウの房状に垂れ下がっている。クオリティーの高そうなオフホワイトのベッドカバーの上には、ネイビーカラーのベルベットのドレープが、さりげない装いで斜め掛け。アートのセンスのない私は最初、お掃除の人が置き忘れた(!)布地かと思った。革張りのテーブルの上で取るブレックファーストはどんな気分だろう。ソファーにもショールのような布地が片側だけに敷き詰められ、座るのがもったいないようだ。

一昔前までは安かったルームレートも今では1泊$400をくだらないこのホテル。それでも、ハンサムな男性にドアをあけてもらい、公園の鍵を受け取り、西洋のお屋敷にお呼ばれされた気分も味わえるのだったらそんなに高い買い物ではない?

Gramercy Park Hotel
2 Lexington Ave (21st at Lex AVE)
TEL; 212-920-3300
http://www.gramercyparkhotel.com/

写真はいつも鉄門で閉じられたグラマシーパーク。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2006年10月 6日
« 前の記事「日本―米国 〜 変遷する航空会社運行路線」へ
»次の記事「水上タクシーからNYを臨む」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    人気のショコラティエ、マリベルが、キタノホテル内にオープン
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ビルの谷間で新鮮な食材を! ユニオンスクエアーの青空市
    名門コロンビア大学にて ~勉学に勤しんだ日々を回顧する

    アメリカ ツアー最安値


    2018/12/12更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集