海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > NY、パリ、ロンドン 〜 3都市滞在を比較して (...

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年11月 1日

NY、パリ、ロンドン 〜 3都市滞在を比較して (後半)


NY、パリ、ロンドン 〜 3都市滞在を比較して (後半)

shokuryou.jpg
前回の続きで3都市の比較の紹介

4)地下鉄
これはパリ、ロンドンの方が圧倒的にきれい。NYの地下鉄は落書きが多いし、座るイスも硬すぎる。ロンドンの地下鉄の絨毯張りのイスは座り心地がよかった。パリの電車の一部がまだ手動で開けないといけないのはちょっと不便(意外と硬い)。一方で、あと何分で到着、という表示システムは近代的でこれになれてしまうと、NYのシステムが古臭く感じる。それにしても、ロンドンの地下鉄の初乗り4ポンドは高い。したがって毎日5−6ポンドくらいの一日パス(ピークなどの時間帯によって料金が違う)を購入することになる。もちろんダブルデッカー乗車にも可能。ちょっとした観光バス気分を味わえるので6ポンド(およそ$12)でも安いと思えるところか。

5)入場料
これは3都市どこも高い。いろいろ入ると滞在中は計100ドルになることも。特にロンドン塔の15ポンド(およそUS$30)にはびっくり。しかたがないので無料入場できるところを探し、今回はいつもの英国博物館、トラファルガーの国立美術館、パリではマレ地区のユーゴーの家や貴族の館などを見学。ちなみにNYでの入場無料は、チェルシーのギャラリーくらい。モマ美術館など金曜日の夕方は任意寄付となっているところもいくつかあるが、果たしてまったく「寄付」しないで入場できるのか、まだ試したことがないのでなんともいえない。ご参考までに入場無料制度の素晴らしい都市は文句なくワシントンDCのスミソニアン美術館・博物館群。スミソニアン動物園は曜日、日にちにかかわらずいつでも入場無料なのだ。

6)街並み
パリ、ロンドンの方が歴史を感じさせる風景が多い。NYはもちろん自由の女神やエンパイアーステートなどあるものの、基本的にはビル群でマンハッタン内にはいると視界が狭くなってしまう。教会や一部の建物に歴史は感じるもののやはり「新世界」なので、歴史情緒を感じるにはやはりパリ、ロンドン。衛生的な面でもNYは遅れているようだ。
またNYではフィットネスクラブ、エステサロン、オーガニックフードのお店が目白押しにもかかわらず、ロンドン、パリの街中ではあまり見受けられない。目立つのはヘアーサロンだけ。美容と健康へのこだわりの違いだろうか。

7)お土産品
パリ: スーパーのお菓子は駄菓子類でもさすがフランスだけあって安くておいしい。話題のコントレックスというミネラルウォーターもさすが原産国ではNYの半額。たとえば500mlで40ユーロ(しかしお土産には重い)。
ロンドン: 「マーク&スペンサー」の51ペンスのビスケットは安価のわりには予想外においしくボリュームたっぷり。甘味も抑え目。20パック入りの「ハロッズ」の紅茶(1.99ポンド)と合わせてお土産には喜ばれそう。
NY: 残念ながらお土産になる安価でおいしい食材類ではヨーロッパに分があるようだ。私個人としては、電子レンジ3分でふくらむポップコーンパックが安くて喜ばれると思うのだがいかがだろうか。その他、「バス&ボディ ワークス」のソープやボディーローションも手ごろなお値段でおすすめ。ヨーロッパではこのショップのチェーンがなく、相変わらず「ボディ ショップ」ばかりが目に付いた。
以上ご参考になれば幸いである。

写真は電子レンジ3分で膨らむポップコーン
1パック70−90セントくらいでお土産には手ごろ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替 見所・観光・定番スポット
2006年11月 1日
« 前の記事「NY、パリ、ロンドン 〜 3都市滞在を比較して (前半)」へ
»次の記事「NYの一大イベント―シティーマラソンは今年もビッグに開幕」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    NYの老舗「ウィルナーケミスト」は美容と健康グッズの宝庫
    個性あふれるNYのバー

    アメリカ ツアー最安値


    2018/9/25更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集