海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > ニューへブン日帰りの旅 −イェール大学でイングラン...

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年11月10日

ニューへブン日帰りの旅 −イェール大学でイングランド的風景を満喫−


ニューへブン日帰りの旅 −イェール大学でイングランド的風景を満喫−

マンハッタンのビル群に囲まれていると、時々視界の広いところへ逃れたくなる。ふらっと電車に乗り、1,2時間ゆられて知らない街に到着。観光名所じゃなく、地元の人々の生活を垣間見るだけ。そんな旅も悪くない。

いつもは34丁目のペン駅からロングアイランド鉄道に乗り、東のビーチ方面に出かける私だが、今回は42丁目のグランドセントラル駅から出発するニューへブン線でマンハッタンの北東、コネチカット州へと足を延ばしてみた。出発してからおよそ2時間弱で到着。途中の小さい駅に比べたら終着のニューへブン駅は、ターミナルがあり近代的要素を盛り込んだ駅舎だが、それでもマンハッタンやワシントンDCのターミナルに比べたら、ローカルな感じが否めない。

さて、この駅を出て、右のユニオンアベニューを歩き続けると、左手にショップやカフェなどが見えてくる。ここからがニューへブンのダウンタウンの始まり、かつ有名なイェール大学の広大なキャンパスへと続くのである。ご存知のようにイェール大学は、アイビーリーグの中でも人気や知名度、学問的レベルを総合すると、ハーバード大学、プリンストン大学と並び全米の最高教育機関である。著名な政治家、学者も多く排出し、(クリントン夫妻、ジョージ・パタキNY州知事など)また、ジョディー・フォスターやメリル・ストリープ、シガニー・ウィーバーといったハリウッド女優もここで学んだとされる。設立は18世紀初頭。ヨーロッパからの移民が増加するに連れ、この新天地にヨーロッパの伝統・人文教育を継承していく必要性を唱えた聖職者らの意向で創立されたものである。

由緒正しい名門アイビーリーグとはいえ、歩いている学生は、良家の子女というより、どこにでもいる普通の若者。カフェで談笑したり、芝生の上で寝転びながら本を読んだり、と土曜日の午後を満喫している。

キャンパス内はイギリスの名門校、オックスフォード大学やケンブリッジ大学を彷彿させるような、ゴシックスタイル、あるいはコロニアルスタイルなどの建造物が立ち並び、キャンパスを歩いているだけで、英国に紛れ込んだ気分となる。

ニューへブンであまりショッピングは楽しめないが、記念に大学のロゴ入りノートやTシャツ、マグカップやキーホルダーを買って帰るのもいい。

行き方
42丁目グランドセントラルターミナルからニューへブンラインで2時間弱、ニューへブン駅下車。電車は1時間に一本の割合。週末などオフピークは往復で$28(2006年9月現在)
鉄道のサイト
メトロノース レイルロード
http://www.mta.nyc.ny.us/mnr/index.html

大学のサイト
http://www.yale.edu/

写真はイェール大学の校舎風景。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2006年11月10日
« 前の記事「NYの一大イベント―シティーマラソンは今年もビッグに開幕」へ
»次の記事「ついに正式店舗をオープン 〜 ソーホーに進出した「ユニクロ」」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    人気のショコラティエ、マリベルが、キタノホテル内にオープン
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    1年前の同じ月に投稿された記事
    NYの老舗「ウィルナーケミスト」は美容と健康グッズの宝庫
    個性あふれるNYのバー

    アメリカ ツアー最安値


    2018/12/13更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集