海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > 街角風景?  12月のマンハッタンはイルミネーショ...

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年12月17日

街角風景?  12月のマンハッタンはイルミネーションの洪水


街角風景?  12月のマンハッタンはイルミネーションの洪水

%83%8D%83b%83N%83t%83F%83%89%81%5B%83c%83%8A%81%5B.jpg

NY%82%CC%83N%83%8A%83X%83%7D%83X.jpg  いよいよクリスマスが押し迫ったこの時期。しかし、マンハッタンはこの12月中旬、買い物客が引き上げ少し落ち着きを取り戻す時期でもあるのだ。どうやらクリスマス商戦が12月第一週に集中するのは、早めにクリスマスギフトを購入し、親しい親戚、知人に送っておくためでもあるらしい(郵便局は毎年この時期長蛇の列)。一般の家庭では、大きいクリスマスツリーの下に大小さまざまなギフトを置き、クリスマスの当日に開封するのを心待ちにする。

さて、クリスマスのこの時期、街中はイルミネーションの洪水になる。お勧めのクリスマススポットは‐‐‐

1)ロックフェラーのクリスマスツリー
世界でも知名度の高い巨大クリスマスツリー。今年はコネチカット州リッジフィールドで伐採された重量9トンのノルウェー・トウヒという種類だそうだ。3万5千個の電飾が豪華絢爛な光の世界を演出する。ツリーを人目見ようと例年、観光客で周辺は歩けないほどの混雑となる。うっかりうろうろすると地方から来たらしい家族に「どいてよ!写真撮るんだから」とこちらが田舎者(?)扱いされる始末。この間は夜11時30分に仕事を終え、この時間は人もあまりいないかも、とロックフェラーへ赴いたらちょうどライトアップは終わり。ただの巨木のみがそびえたっている。え?クリスマスツリーに消灯の時間なんてあったの? ちなみにエンパイアーステートのライトアップも12時で消灯となる。

2)ロード&テイラーのディスプレイ
どのデパートのデコレーションもクリスマスシーズンは必見の価値あり。 特に38と39丁目間のフィフスアベニューにあるロード&テイラーは毎回、古き良き時代のアメリカ人のクリスマス風景がミニチュアサイズで表現されている。夜会舞踏会、馬車で送迎されるシーン、暖炉でクリスマスを待つ子供たちなど、眺めるだけでほのぼのとした気分になる。

3) メイシーズの壁面ネオン
独立記念日の花火大会やサンクスギビングのパレードなど、毎年ビッグなイベントに一役買っている、マンハッタン最大デパート、メイシーズは、ビルの壁一面、クリスマスツリーをかたどったネオンで彩られる。また店内も光り輝くばかりの飾りつけ。巨大なイベント会場といってもおかしくない。クリスマスまでは夜10−12時と遅くまで開店している。

4)一般の住宅では-―\n余談だが、郊外の家でも、窓、庭、屋根の上、軒下、柵などありとあらゆるところに電飾が施こされ、いかにアメリカ人の生活がクリスマスとは深く関わっているかを間のあたりにする。

シアトルの知人を訪問したとき「名物の家があるから見に行こう」といわれ、連れて行かれた見知らぬ人の一般宅は、なんと観光客で取り囲まれるほどの豪華絢爛さ。屋根の上を電飾トナカイが走り、庭の雪だるまの軍団もおびただしい光を発散させている。アメリカのクリスマスシーズンは暗闇とは無縁の世界?(電気代はどのくらいなかかるのかと野暮な疑問を持つ私)

それでは皆様、よいお年を。明日からヴェトナム+2年半ぶりの日本帰国です。
来年もよろしくお願いします。

(写真はロックフェラーのクリスマスツリー、ロード&テイラー前のディスプレイ、メーシーズの風景)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2006年12月17日
« 前の記事「テキサス州サンアントニオは毎日カーニバル?」へ
»次の記事「テロの悲惨さを忘れずに 〜トリビュートWTCビジターセンターで遺品を公開」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    無料コンサートはジュリアード音楽院で
    ノリータでお買い物―オリジナルブランドでセレブ気分

    アメリカ ツアー最安値


    2018/9/18更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集