海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > グラマシーパークホテルのバーでリッチな夜を楽しむ

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年5月25日

グラマシーパークホテルのバーでリッチな夜を楽しむ


グラマシーパークホテルのバーでリッチな夜を楽しむ

GRAMAERCY.jpg
マンハッタンにはいたるところにアイリッシュパブを見かけるが、ニューヨーク最後の夜をエレガントにきめたいならホテルのバーへ行こう。モーガンホテルやライブラリーホテルなど、こじんまりとしたところでもよいが、ここはひとつ館のパーティーに招待されたようなゴージャス気分を味わえるバーに行ってみたい。

ということで、お薦めなのが、21丁目とレキシントンアベニューにあるグラマシーパークホテルのバー。ここはハリウッドスターやスポーツ選手もよく出没するらしい。

Rose Bar &Jade Barという名で親しまれているが、入り口付近が青の間で奥に入るとビリヤードもある赤の広間になる。ビロード風のすわり心地のよいカウチにボエミアンスタイルの内装。前にも書いたが、ここグラマシーパークホテルは「アーチストスタジオ」風、もしくは「マジナイの館」風とでも呼ぶべきか、スタイリッシュに仕上がったデザイナーズホテルなのである。シックなシャンデリアとキャンドルライト、暖炉のあるバーは、どこかの貴族の館に招かれたような気分に浸れる。(しかしミュージックだけはナイトクラブののり。わたしのイメージとしてはクラシック、それもバロック調をリクエストしたいところなのだが)

客層やはり、白人中心。モデル風の金髪女性や30-50代くらいの男性が多い。ドレスコードはジーンズにTシャツでなければカジュアルなポロシャツでもかまわないだろう。
午後9時までだったら特に予約の必要はないとされるが、7時ごろからすでに混みはじめている。また9時過ぎまで滞在すると、予約した人が優先のため、席をあけ渡さなくてはならないこともあり。9時をすぎると、立って飲んでいる人も多くなる。

リッチなバーの気になるお値段だが

マティーニ 19ドル
シャンパン 21ドル〜
ワイン 15ドル〜
オンザロック 19ドル
フルーツカクテル 20ドル

(そのほか高級ウォッカ、ジン、テキーラになると何百ドルもするから間違ってオーダーしないように要注意。)

アイリッシュパブだとビール6ドルほど、ワインでも8,9ドルくらいの安さだから高級バーのお値段はちょっとはる。3杯も飲めば、チップをいれて70〜80ドルくらい。マンハッタンの最後の夜、と言っても財布の中身と相談する必要あり?

なおフードメニューもすこしはあるが、お酒をエレガントに味わうだけでがつがつ食べる向きのバーではない。(ナッツ類は無料でサーブ)

グラマシーパークホテルのバー
http://www.gramercyparkhotel.com/bars.html
グラマシーパークホテルについて―過去の記事
https://tokuhain.arukikata.co.jp/newyork/2006/10/post_15.html

写真はトイレの前
ゴージャスなソファーにアート作品が並ぶ。ちょっとしたスペース・空間にもデザイナーのこだわりが感じられる

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替
2008年5月25日
« 前の記事「ボストンから郊外へ出かけてみよう 〜レンタカーを借りてみる」へ
»次の記事「各航空会社の預け入れ荷物規定変更」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    人気のショコラティエ、マリベルが、キタノホテル内にオープン
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ホテルのチェーンは変われども
    お子様入場不可―いわくつきの博物館の実態は?
    街角風景?  〜NYの地下鉄あれこれ
    6月3日は第一回目の「JAPAN DAY@セントラルパーク」

    アメリカ ツアー最安値


    2018/12/13更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集