海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > マンハッタンを抜けて目指すはファイヤーアイランド

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年7月 6日

マンハッタンを抜けて目指すはファイヤーアイランド


マンハッタンを抜けて目指すはファイヤーアイランド

フェリーの先端.jpg
木戸.jpg
かえる.jpg

過去マンハッタンから日帰りで行けるビーチを紹介した。コニーアイランド、ロングビーチそしてジョーンズビーチ。マンハッタンの東、イーストリバーを越えたところのロングアイランドというエリアは、東突端のモントークまで海岸線が続き、ビーチが点在する。

コニーアイランドは地下鉄に乗り、マンハッタンからわずか2ドルで行けるお手軽ビーチ。ロングビーチは、ペンシルバニア駅からロングアイランド(LIRR)鉄道で一路東へ。そこからさら東に行くとジョーンズビーチ。広大な白砂が続く美しいビーチだが、駅を降りるとバスに乗らなければならない。

そしてさらに東に位置するファイヤーアイランド。ここはもっと不便だ。鉄道で途中乗り換え、それからシャトル、そしてフェリー。故にマンハッタンから2時間〜3時間はかかる。

だが、到着してみれば緑に溢れ、鳥のさえずりが聞こえるのどかな島。ニューヨーカーにとって都会での疲れを癒すお手ごろのスポットと言えるだろう。なんといっても、島には車が走っていない。ゴルフカート、自転車、そして運搬用のキャスター付き手押し車のみ。(もちろん消防自動車、ポリスカーはさすがにふつうの車だがそれでも小さい!)

路地はせまく、ほとんどが住宅地だ。住宅といってもみな夏用のセカンドハウスとして使用しているらしい。セレブの別荘地として知られるサウスハンプトンとはかけ離れているが、それでも不動産屋の貼紙をみると購入のお値段は5−6万ドル以上(6千万円くらい?)。 レントもあるが8月の間、スタジオ形式の部屋を借りるとそれだけで5千ドル!

各家はほとんど、木材を利用した簡素なつくり。塀もひと昔前の日本を偲ばせるような木戸になっている。フェリーの発着所周辺は、さすがにペンション風のホテルやちょっとしたレストラン、スーパーマーケット、土産物店などが並ぶ。

ここから反対側の海岸線に続くビーチには歩いて10分ほど。海の色は―。 しょせんニューヨークである。あまり期待しないほうがいい。波も高く、サーフィンにはおあつらえむきだが泳げない。それでも元気に子供が波打ち際で飛び回っている(もちろん監視員はいる)。

排気ガスのないあたり一面の空気には、金木犀のようなすがすがしい香りが混りあい、心地よく鼻腔を刺激する。ビーチ目的ではなく、自然の中に一日身をおきたい、ゆっくり散歩したい人にはお薦めの島である。

主な行き方:
34丁目のペンシルバニア駅からベイショアまでの切符を購入(往復で19-20ドル、これはオフピークの料金)。ベイショアのトラックナンバーを確認し、ホームへ。途中、JFK空港近くのジャマイカ駅で乗り換え、2階建てのモントーク行きに。ベイショアで下車すると、シャトルバンが待っている。オーシャンビーチまでと、告げるとピア行きのバンに乗せられる(片道4ドル。現金で支払い)。ピアに到着すると、今度はフェリーチケット売り場でファイアーアイランドの往復乗船券を購入(15ドル)。所要30分ほどで島に到着する。
例えばペンシルバニア駅を朝7時38分に出発する列車に乗ると、最終的に島に到着するのは10時ごろとなる。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2008年7月 6日
« 前の記事「7月4日は、何の日?」へ
»次の記事「MLBオールスター戦でマンハッタンはお祭り気分」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    人気のショコラティエ、マリベルが、キタノホテル内にオープン
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    1年前の同じ月に投稿された記事
    アイスクリーム天国?
    7月18日 - 今日のニューヨーク(夕方の現場から)
    7月18日 - 今日のニューヨーク(朝の現場から)
    ボストンからNYへ 〜 噂の格安チャイナバスに乗る

    アメリカ ツアー最安値


    2018/12/14更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集