海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > メモリアルデー 〜アメリカの休日

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年5月29日

メモリアルデー 〜アメリカの休日


メモリアルデー 〜アメリカの休日

墓地.jpg墓参り.jpgメモリアルイベント.jpgFLAG.jpg

5月の第4週目の月曜日はメモリアルホリデー。したがって3日間を利用して、バケーションに出かける人も多い。 私も久しぶりにシアトルのホストファミリーの家にお邪魔した。

ところでメモリアルデーに何をするか、「せっかくタカコが来たのだから新しい水族館にでも行くか、もしくは航空博物館」という家族の話し合いの中で、高齢のおじいさんが、

「メモリアルデーなんだ。 セメタリー(墓地)に行くべきだよ」

との一言で、墓参りとなった。

今まで何の気なしに祝日をからめた3連休としか考えていなかったメモリアルデーだが、これは戦没者の追悼記念日なのである。昔は南北戦争の戦士を弔うものだったらしいが、それがあらゆる戦没者を弔うもの、今では一般に亡くなった人の墓参り、言うなれば日本のお盆のようなものとなった。

さて、メモリアルデーに初めて墓参りを体験した私。 セメタリーについてびっくりしたのはアメリカのロイヤリティーの象徴ともいえる星条旗の列。 ひとつひとつの墓にも国旗が飾られている。 名前、および生まれから没した年号まで刻まれている石碑。 「セービング プライベート ライアン」など映画でよくみるシーンがそこにあった。

このような墓でもひときわ目立っていたのが、中国系移民の墓。 柵が設けられて中にはベンチとテーブル付の墓もある(!) 中国系移民の墓は個別ではなく(日本と同じように)家族が眠るため、規模が大きいのだとホストファミリーが説明してくれた。

確かにアジア人も座って祈っている光景もちらほらと見かけた。 しかし墓の数のわりには全体的に参拝者が少ない気もした。 年代とともにメモリアルデーの意義も失われていくのだろうか。 そういう意味では日本も、お盆に墓参りに行く人の数も減っているのかもしれない。 伝統が受け継がれていかなくなるのはちょっと寂しい気もする。

写真は息子の死を追悼するおじいさん (右上)
セメタリーでは戦争時の服、銃などの即席展示場もあったりする(左下)
おびただしい星条旗が出迎えるセメタリー(右下)
英国庭園式のセメタリー。こんなところに葬られたい(?!) (左上)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2009年5月29日
« 前の記事「お手ごろ価格、ゴディバのブラウニー」へ
»次の記事「さようなら 14丁目のヴァージンメガストア」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    グラマシーパークホテルのバーでリッチな夜を楽しむ
    ボストンから郊外へ出かけてみよう 〜レンタカーを借りてみる
    ニューヨーク記念にゲットしてみたいアイテムは?
    初夏に向かって  〜ニューヨークの様々なイベント

    アメリカ ツアー最安値


    2018/9/23更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集