海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > 全米オープン観戦体験

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年6月22日

全米オープン観戦体験


全米オープン観戦体験

USOPEN%20GIFT.jpgUSOPEN%20TICKET.jpg

ひょんなことからUSオープンのチケットを入手した私は、6月19日金曜日、ゴルフ観戦初体験。場所はニューヨーク州のロングアイランド。マンハッタンから車で1時間のベスページステートパーク・ブラックコースが今回の競技場である。

恥ずかしながらゴルフ経験はまったくなく、ルールさへもよくわかっていない。「あの白いところは何?」「バンカーです」と後輩に教えられる有様だ。ゴルフクラブの「キャラウェイ」と言われても鎌倉の小町通り横のカレーショップ「キャラウェイ」を思い浮かべるゴルフ音痴な私である。

従って気の利いた解説はできないのであしからず。
まず会場にはいるにはバゲージチェック。続いて入場時にチケット($100)をスキャン。一度入場すると再入場はできない。また広いコース内では、携帯電話やデジカメ、音の出る機器はいっさい持ち込み禁止。バッグも小型のもの。ペット連れもだめ。また選手に話しかけたり、サインを求めるのも禁止、とかなりのルールを守らなくてはならない。(練習の日はいいらしい)

前日に大雨だったので芝生はかなりぬかっている。初体験の私は一人サンダル履きであっという間に泥だらけ。気づけばみなスニーカーやゴルフシューズを履いている。野球やテニスの観戦と違ってゴルフ場はとにかく歩く、歩く。

ボランティアの係員がロープをはって交通整理しているところを民族大移動のように観戦者は動くのである。ホールに近いところでは観覧席に座って見学することも出来るが、係員が入場制限を行い、選手がプレーする瞬間は手をあげて、沈黙を促す。(しかし別のエリアの歓声が聞こえてくるのだが)

入場して最初のプレーはなんと私も知っているタイガー・ウッズ。ゴルフ観戦はかなり遠目なので、彼だと認めるには無理がある。オペラグラスは必需品だ。それにしても今日の彼は素人の私が見ても不調のようだ。移動中、近くを通る彼に「タイガー!」とあちこちで歓声があがっても、愛想がない。(いつもこんなもの?)

金曜日は1時台でのプレーだと聞いていたが、前日の雨でスケジュールがくるっているようだ。朝から観戦していたにもかかわらず、日本人選手は見損ねてしまった。

今回の観戦で思ったことは、やはりふだんゴルフをやっていない人では観戦は楽しめないかもしれない。また見るには遠すぎるし、テニス、野球、バスケットボールのような迫力、熱気はあまり感じられなかった。

マーチャンダイズパビリオンではさすがにゴルフ無知な私も買い物に走り、ゴルフボール(3個セット11ドル)、クラブ拭きタオル(18ドル)、Tシャツ(22ドル)、ナイロンバッグ($10)を購入。チェンマイでゴルフ三昧の生活を送っている叔父にでも送ろうかしら。

USオープンのサイト(英語)
http://www.usopen.com/en_US/index.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦
2009年6月22日
« 前の記事「オバマグッズここにも出現」へ
»次の記事「ルーフトップで楽しむアートとマンハッタンビュー」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    人気のショコラティエ、マリベルが、キタノホテル内にオープン
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ジーターのフィットネスクラブ?
    ルーフトップバーで夏の夜に乾杯
    最近のミュージカルとタイムズスクエアー周辺
    各航空会社の預け入れ荷物規定変更

    アメリカ ツアー最安値


    2018/12/14更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集