海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > タイタニックの悲劇を体感する展示会

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年7月 6日

タイタニックの悲劇を体感する展示会


メール プリント もっと見る

タイタニックの悲劇を体感する展示会

レオナルド・ディカプリオ主演の「タイタニック」が世に出てすでに10年以上もたつ。あの映画で全世界の人々が、多くの犠牲者を出した1912年の沈没事件のあらましを知ることになった。以後タイタニックにまつわる展示会は、カナダやイギリスなど世界で催されてきたが、ニューヨークでも6月24日から大規模な展示会がスタートした。場所は自然、冒険、科学技術、歴史番組で有名なディスカバリーチャンネルの展示会場でタイムズスクエアーの劇場近く。

入場料を払いチケットを購入すると、展示会入り口で、ホワイトスターラインと記された「ボーディングパス=乗船券」が渡される。ランダムで渡されるボーディングパスには実際に乗船したある乗客の名前、乗船した場所、キャビンのクラス、年齢、渡航目的が記されている。

展示会のスタートは、巨大なシップがどのように作られたか建造の様子からスタート。そして処女航海。新天地米国へ向かういろいろな人の思いや写真。展示会の中には実際にタイタニックに乗船したかのように通路や船室のドアが再現されている。大広間の階段にたどり着くと誰しもが、ジャックがローズをエスコートした場面を思い浮かべるだろう。実際にこの階段に立って記念撮影をすることが出来る(有料)。

そして次にはタイタニックがアイスバーグに近づく緊迫感。夜空の星に立ちはだかるような氷山を目前にすると、凍るような寒空の中に身をおいていた人々の絶望的な気持ちが伝わってきて切なくなる。

そして沈没する様子。70年以上もたって引き上げられた遺品の数々。救助された人々と犠牲になった人々の名前が記されたボード。やはり1等船室や2等船室の乗客は助かった人が多いのに比べ(1等船室の死者はほとんど男性)、3等船室は犠牲者が多い。しかし一番の犠牲者は乗組員である。ボイラールームにいた人々を始として700人以上の乗組員が海に消えたのだ。助かった乗組員は200名程度。

先ほど渡された乗船カードの名前は19歳の女性で2等の乗客。救助された側に名前があった。それにしても、人の人生それぞれだが彼女の経歴、乗船理由がなんともいえない。英国ウースターのキャンディショップで働いていた彼女は妻子持ちのボスと駆け落ちしてロサンゼルスに行く途中だったらしい。しかも、彼女は乗船しているときにボスの子供を宿していたことを知らなかった。このボスは助かったのだろうか?

Discoverytsx.com
226 West 44th Street (7番街と8番街の間)
電話:866−987−9692
開館時間 :7日間 朝10時から夜10時まで

大人$19.50
シニア(65歳以上) $18.50
小人(4歳から12歳) $17.50
4歳以下 無料

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2009年7月 6日
« 前の記事「ジャクソン5に思いを馳せて」へ
»次の記事「ゴージャスパークビューはリッツカールトン」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    夏に行きたい!人気のルーフトップバー、人気のカクテルは?
    1年前の同じ月に投稿された記事
    格安みやげ物店で掘り出し物を探そう
    MLBオールスター戦でマンハッタンはお祭り気分
    マンハッタンを抜けて目指すはファイヤーアイランド
    7月4日は、何の日?

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集