海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > ブラックフライデイは朝が勝負?

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年11月27日

ブラックフライデイは朝が勝負?


ブラックフライデイは朝が勝負?

ニューヨークのブラックフライデイではどのようなセールをやっているのか。いつもより朝早めに家を出て散策してみた。(早目といっても午前9時半はまわっていたが)
休みの日の朝というのは、人も車の通りも少なく比較的閑散としているものだが、34丁目のメイシーズデパートの周辺はすでに人だかり。中はどこもかしこも「モーニングスペシャル」の貼紙なのだ。何かめぼしいものを見つけるために皆、香水やシャツ、アクセサリーコーナーを徘徊している。全米でもっとも大きいニューヨークのメイシーズは、34丁目の6番街と7番街の間を占める巨大ビル。今でも木の枠のエレベータが動いてる歴史的にも古い有名デパートだが、階数もありとにかく広い。朝だけではとても見て廻ることができない。
34丁目の6番街から5番街に向かって、H&Mやオープンしたてのユニクロ、ZARAといったリテイルストアーが軒を並べている。6番街と34丁目のコーナーには、セクシーランジェリーのヴィクトリアズシークレット。

VS-inside-(267x400).jpg

ここはブラックフライデイに限らずいつも混んでいるが、今日はいつにもまして大繁盛。入り口の扉を見ると、なんと25日の開店時間は夜中の12時だった!!商品は女性用オンリーのはずなのに、カップルはともかく、楽しそうな男性の集団もけっこういる(?)まあ、ここはブラックの男性店員も多いので決まり悪さは感じないのだろう。

victoria's-seacret-(333x500).jpg

混んでいる割にはめぼしいものがないのですぐに引き上げた。(もしかしたら夜中に特別セールがあったのかも)なお、ビクトリアズシークレットは日本で言う「半期に一度の大セール」をやることがあり、そのときのほうがずっとお買い得。たとえば化粧品では最大75%引きというのもあった。

 さてお次は、「エスプリ」。過去にホノルルのエスプリショップにはまってホテルとショップを一日6回も往復したことがあった。また西海岸のサンフランシスコ郊外にエスプリの大型アウトレットファクトリーがあり、そこでもヤマのように買い物をした経験もあり。最近は、ダフィーやDSWなどディスカウントストアーでの買い物が多く、こういったリテイルストアーを覗くことはあまりなかった。
ところが-。

Black Friday 50% off (450x300).jpg

「正午まではお店の中の全商品が半額」。という宣伝文句に踊らされ、ついつい中へはいってしまった。どのお店もセールの対象品は、奥の1箇所のコーナーにまとめられているのが常。季節はずれや売れ残りモノがほとんどなのだが、今日はお店全体、すなわち新入荷品まで半額なのだ!!というわけで、「お金は使わない」つもりで家を出た私が、すでにここでグレーのセーターとデザイン柄タイツのために40ドル費やしてしまった。まあ、逆に言えば40ドル得をしたわけでもあるけど。お隣のバナナリパブリックも朝だけ全商品40%割引というのをやっているけど、もう中にははいらないゾ。
さて今年のニューヨークのブラックフライデイ。不況なのに10%増の買い物客と予想しているらしいが、この「増」は中国からの買い物客を見込んでのことのようだ。ほんとうに中国マネーはすごい。

最近のニューヨークは一昔前と違いどこもかしこも、中国人買い物客でいっぱい。有名なニューヨーク郊外のアウトレットショッピング、ウッドベリーコモンの「コーチ」では、バッグを一人当たり5個も6個も手にして並んでいる中国人を結構見かけるが、今頃はどんなにすごいことになっているのか。

最後に個人的な感想を一言。ブラックフライデイでは「朝早く」と思って出かけたが、ほんとうにお得なお買い物をするには、どこのお店が何時からオープンするのか、対象はどんなものかあらかじめネットなどでリサーチ。そして当日は夜中に繰り出すのが賢いお買い物作戦と言えるかもしれない。付け加えれば財布の紐を緩めすぎないように--。

MACYS DEPART XMAS (550x367).jpg (写真は別の日に撮ったメイシーズ内。これからクリスマスに向けて、1年で一番の書き入れ時シーズンとなる)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り ショッピング・雑貨・お土産
2011年11月27日
« 前の記事「24日のサンクスギビングデイ、そして25日は買い物三昧「ブラックフライデイ」」へ
»次の記事「東芝ビジョンの巨大スクリーンで投稿写真をお披露目」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    人気のショコラティエ、マリベルが、キタノホテル内にオープン
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ブルックリン通を名乗るなら、ここは絶対はずせないBBQのお店
    NYシティーマラソン-観戦のコツ
    フェニックス経由で聖なる地、セドナへ
    ハロウィーンは大人も子供も楽しめるお祭り

    アメリカ ツアー最安値


    2018/12/10更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集