海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > 日本のロックがパワー炸裂 (上) ! ~ 1万2千...

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年3月27日

日本のロックがパワー炸裂 (上) ! ~ 1万2千人がラルク~アン~シエルに酔った日


日本のロックがパワー炸裂 (上) ! ~ 1万2千人がラルク~アン~シエルに酔った日

いよいよ3月25日(日)。ラルクがマディソン・スクエア・ガーデン=MSGにやってくる。バンド結成20周年記念のワールドツアー。中もでここニューヨークは20周年記念にふさわしい最高の場所。インディーズの時代から上り詰め、メンバーも皆中年と呼ばれる年なのに、今だ留まることを知らず可能性を求めて前進していく。
彼らを見ていると、音楽という括りを超えて、その生き方には誰もが学び取りたい何か大きな力を感じる。勇気付けられるし、励まされる。パワーがもらえる。
そんな彼らに会いたくて、夜7時半、観客はぞくぞくと32丁目のマディソンスクエアガーデンに集結する。やはりアジア人が圧倒的に多いし、日本語の会話が聞こえてくる中で、白人、黒人やラティーノもそこかしこにいる。

chikyuu iriguchi.jpg

私がラルクのコンサートに行くのはこれが初めてだ。いつだったかオタコンがメリーランド州のバルチモアで開催され、彼らが出演するという話題を聞いたことがあった。が、結局用事があって行けずじまい。その翌日、紀伊国屋書店の音楽雑誌のコーナーで、私はインド系の少女に声をかけられた。
「ねえ、教えて、ラルクのhydeが出ている雑誌ってどれ?」
「もしかしてあなた、きのうはバルチモアまで行ったの?」
「ええ、もうhydeがかっこよくって最高だった!!」
漫画にすると彼女の目は紛れもなくハートマーク。
すでにこの頃から、米国でのラルクの知名度もアップしてきていたようだ。
そして、とうとうMSGでのビッグイベント。メンバーはもう日本から着いているだろうか。ギリギリに到着して、体調悪くならないかな~とまるで身内のように心配してみる。
ちなみに何かの雑誌で、hydeは日本とNYの時差が一番体になじむと言ってたっけ。まあ私が心配してもしょうがないんだけど。   
さて、中にはいると、すでにそこでは記念の即席ギフト店があり。

chikyuu-omiyage.jpg

ここ1階から左右に分かれてエスカレータで各フロアへ上る。
私の104のあるレベルはメインフロアとなっていて、そこにもお土産、フード(かなり高い!)の売店があり。Tシャツ、メンバーのカタログ本、エコバックなどが売られている。

chikyuu-food.jpg

ぐるっと楕円形のフロアを1周してみるとステージの背後にあたる場所は、クローズエリアのため閑散としていた。ニックスなど試合のあるときは、こちら側までかなりの賑わいなのだろう。

chikyuu-omiyage inside.jpg

さて、私の席の104の入り口をはいってみるとーー。すごい!! 巨大な空間にハイセイリング。照明がレーザービームのように旋回する。ライブコンサートというより、やっぱり野球がホッケー、テニスのようなスポーツ試合観戦の雰囲気だ。
私の列は下まで降りた前から2番目。おまけに1番前は誰もいない絶好ポジションだった(ヤッタ!!唯一邪魔!なのはクレーンで吊り下げられたようなカメラ)今回、協賛の関係からか無料のチケットで入った友人もけっこういたが、私は直接MSGの窓口にて購入。そのためか私のエリアは日本人以外の集団が多かった。

seat2.jpg
(こちら左は、フロア席)

(下記はスタンド席。念のためーライブが終わったときに撮影してみた)
seat1.jpg

私の眼下には、フロア席の後方の人たちがひしめいている。フロアではあまり段差がないようで、背の高い人が前を占領するとかなりつらいものがある。それに、フロアにしつらえた即席の席と比べると、スタンドの席のほうが心地よく、席幅も十分あり途中で席を立つこともできるのでお勧めだ。しかし、あとでわかったことだがフロアの人たちはもう「座る」という感覚のない熱狂振りでここが会場のパワーの源だったのかもしれない。

ステージに向かって左の前方は人がまばらだったのがちょっと気になった。私のいる右側の前方は埋まっているのにーー。この会場は2万人近く収容できるとあって、さすがに2万人を埋め尽くすにはちょっと無理があったかも。それでも後の報道では約1万2000人が集まったということだから、まずまずだろう。
さて、予定の8時を過ぎても一向に始まらない。10分、15分、20分。ちょっとイライラ(するところが私もニューヨークの人間。いけない、いけない)

STAGE1da.jpg


ようやく暗闇の世界から、一転、スクリーンがまばゆいまでにきらめき、ライブの始まりを告げる。メンバーの名前が一人づつ映し出されると、ゼットコースターの100倍(!)かと思われる絶叫が、会場内に響き渡った。20周年のワールドツアーの開催地の名もスクリーンに登場。もはや観衆の興奮の息遣いまで聞こえてきそうだ。
そしてーー曲が始まった。

(長いのでここでいったん終了します。下へ続く)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2012年3月27日
« 前の記事「久しぶりのブルックリンはダンボへ。 ~パノラミックビューを楽しみながら、春到来を感じる。」へ
»次の記事「日本のロックがパワー炸裂 (下) ! ~ 魅力あふれるラルクの世界に国境はなし?」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    人気のショコラティエ、マリベルが、キタノホテル内にオープン
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ユニークグッズ2 ニューヨークでみかける「HARAJUKU」?
    ユニークグッズ1  本場インドのカレーパックはミュージックCD付

    アメリカ ツアー最安値


    2018/12/11更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集