海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > アウトレット VS ブランド物ディスカウント店

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年4月23日

アウトレット VS ブランド物ディスカウント店


アウトレット VS ブランド物ディスカウント店

アメリカのどの州に行っても、大型アウトレットがそこかしこにある。しかしたいてい、郊外の、それも道路沿いに立地する場合がほとんどだから、車がないとたどり着けない。
その点マンハッタンは、バス路線が発達しているためアウトレットへも比較的スムーズに行ける。

代表的なアウトレットは、地球の歩き方NY編にも掲載されている「ウッドベリーコモン」。42丁目のポートオーソリティーバスターミナルから出発し、1時間程度北上したところにある巨大アウトレット。シャネル、グッチ、コーチといったブランドからカジュアル系のバナナリパブリック、ギャップ、DKNYなど200件以上の店舗がひしめいている。

http://www.premiumoutlets.com/outlets/outlet.asp?id=7

1日でも見切れない広さのために、往復40ドル以上を費やして行く価値は十分ある。
アウトレットだけでなくプラスαで何か楽しみたいという人には、ポートオーソリティーからバスでアトランティックシティーに行くことをお勧めする。ここはカジノと夏はビーチも楽しめる人気スポットだが、バスのターミナル周辺には小規模ながら、アウトレット店が散らばっている。

http://www.tangeroutlet.com/atlanticcity

だけど、実はマンハッタン内でも、「センチュリー21」「ダフィーズ」「TJマックス」「マーシャルズ」「レイマンズ」など、ブランド物のディスカウントショップが軒並み揃っている。ディオールのサングラス、ミュウミュウのサンダル、カルバンクラインのスーツ。

郊外に行く時間がなくても、これらのストアーを散策すれば掘り出し物がいくらでも見つかるのだ。特にセール品からさらに「追加でさらに75%引き」という表示もあればついつい余計なものも買ってしまいたくなる。いろいろな国のデパートに行ったが、ニューヨークほど「お買い得」にありつける街はない。

senrihin3.jpg

(↑)マーシャルズで買った、元値80ドルのラルフローレンのベッドスカート。25ドルでゲット!

最近は競争激化のためか、高級なイメージがあるデパートさへ、思い切った割引価格を掲げている例も見受けられる。

たとえば、この間メイシーズで購入したシルバーメタリックのアクセサリーの元値は40ドルなのに、なんと8ドルで放出。ギフト用にまとめ買いをしている人もいた。

senrihin1.jpg

何でも高いというニューヨークのイメージだが、衣服、アクセサリー、靴類では「ソーホーのセレクトショップでお買い物」というのでなければ(こういったところはやっぱりお高い!)、ブランド物ディスカウントの買い物天国といっても過言でない。

DSW1.jpg

14丁目にある靴専門のディスカウントショップ「DSW」が、つい最近、34丁目のペン駅前、7番街近くにもオープンした。

DSW2.jpg

また、グラウンドゼロ前にある有名なセンチュリー21は、新たにリンカーンセンター付近にもオープンし、ミッドタウン西で働くOLやビジネスマン、観光客で連日賑わいを見せている。
このように続々と大型ディスカウント店がオープンするマンハッタンでは、特に郊外のアウトレットに行かなくても十分お買い物を楽しめるのだ。むしろ財布の紐がゆるくなりすぎないようにお買い物はマンハッタン内で止めておくべき?

**ブランド物ディスカウント店を集中してチェックできるエリア*
地下鉄14丁目の6番街で下りる。(LやオレンジのB,D,F,Vライン)
6番街の18-19丁目の間に、「TJマックス」「マーシャルズ」があり。7番街の16丁目には「レイマンズ」また17丁目の7番街と6番街には「ハウジングワークス」という古着、靴のリサイクル店(家具や食器もあり)があり、掘り出し物が見つかることも。ディスカウント店を散策したら、6番街20丁目のライムライトにも立ち寄ってみたい。

(4月のお題 "アウトレット")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2012年4月23日
« 前の記事「日本のロックがパワー炸裂 (下) ! ~ 魅力あふれるラルクの世界に国境はなし?」へ
»次の記事「メトロポリタン・オペラハウスで初鑑賞」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    人気のショコラティエ、マリベルが、キタノホテル内にオープン
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム

    アメリカ ツアー最安値


    2018/12/14更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集