海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > 噂のアイロンシェフのお店「モリモト」に潜入

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年7月 9日

噂のアイロンシェフのお店「モリモト」に潜入


噂のアイロンシェフのお店「モリモト」に潜入

ここはミートパッキング。高級レストランやクラブがひしめき、セレブに出会う確率も高い。和食のアイロンシェフとして有名な森本正治氏のレストラン「モリモト」もチェルシーマーケット、ハイラインの近くに位置し、セレブはもとより、地元、近郊から足を運ぶ舌の肥えた美食家で連日連夜賑わっている。(ちなみに同僚はここでジーターを見たそうだ)
そんなちょっと敷居の高いお店に、誕生日をかねて初めて潜入。(潜入なんていうと怪しげであるが一応、WEBサイト「OPENTABLE.COM」で予約済み)。前から気になっていた銭湯のようなのれんをくぐって中にはいってみるとーー。

MORIMOTO ENTRANCE.jpg

日本の伝統的な内装、と思いきや、そこはコンテポラリーアート感覚にあふれるニューヨークならではのハイソな空間(つい最近改装を終えた、グランドハイアットホテルに通じるものがある)
段差のついた広間に、奥にはキッチンで働くシェフの姿も見える間取り。広い空間ではあるが、ひとつ残念なのは、ペアで来た人々用の壁際のテーブルが一列に並び、隣のテーブルが接近しすぎてプライバシーを保つには今ひとつ。カップルで来た人たちにはもう少し距離をあけたテーブルの配置がうれしいかも。
この内装はこれまたシェフと同じく世界的に有名な建築家、安藤忠雄氏によるものだとか。私が特に気に入ったのは、トイレ。個室の扉を開けると、そこは吸い込まれそうな3D的異次元の「世界」が広がっている。その立体的空間にちりばめられた花。実に不思議な世界でしばし見とれてしまった。(あまりトイレに長くいると連れに変に思われる!)
MORIMOTO TOILET.jpgmorimoto hana.jpg

さて、誕生日ということで、今日は特別に奮発して一番お高い$125の「おまかせ」コース。記念日でないと食べれないこのコースも、はたとみれば、半ズボン姿のカジュアルないでたちのお隣さんも同じものを注文している。ウエイターと話しているのを小耳にしたところ、ニュージャージー州から食事に来ているとか。(ニューヨーク周辺はやっぱりお金持ちが多い!)
さて、125ドルのスタートは、トロのタルタル。上品に添えられた数種類の薬味の中にはサワークリームやマカモレといった、メキシカン風味も。
APET-MORIMOTO.jpg

そういえばツナのピザというイタリア風のメニューもあり(これは「おまかせ」にはなかったが)、またサラダはフォンデュスタイル。
MORIMOTO SALADA.jpg

各国料理のテイストをさりげなくミックスしているものの、途中に登場したお寿司を味わえば、やっぱり基本コンセプトは和の味なのだ、と納得しながら頂く。
MORIMOTO SUSHI.jpgape2 morimoto.jpg

ロブスターや和牛もボリュームはありながらこってりしすぎず、それでいてたっぷり食べ応えあり、7種目のデザートの頃はちょっと息切れ?

MORIMOTO MAIN.jpg

あっさりアイスクリーム系でまとめられたスイーツを食べてほどよい満腹感を味わえる。
今度行くときは、ぜったいツナピザにトライしよう(ってまた来年までお預け?)

MORIMOTO SWEETS.jpg


http://www.morimotonyc.com

このほか、フィラデルフィア、ナパバレー、ハワイにもお店があり。
MORIMOTO
88 10th AVE NYC NY 10011
TEL: 212-989-8883
LUNCH: (月)- (金) 12:00-14:30
Dinner : (日) 17:30-22:00
  (月)-(水)17:30-23:00  (木)-(土)17:30-MIDNIGHT

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2012年7月 9日
« 前の記事「真夏の到来を告げるゲイプライドパレード」へ
»次の記事「マンハッタン南の秘境(?)の島へ行ってきた。ガバナーズ・アイランド初上陸!(上)」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    人気のショコラティエ、マリベルが、キタノホテル内にオープン
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ニューヨークの新スポット、ハイライン第二区画が6月にオープン!
    7月4日はメイシーズの花火大会、今年もハドソン川で―

    アメリカ ツアー最安値


    2018/12/15更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集