海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > ロックフェラーの「ザ・シーグリル」はニューイングラ...

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年9月24日

ロックフェラーの「ザ・シーグリル」はニューイングランド近海の魚介類が盛りだくさん!


メール プリント もっと見る

ロックフェラーの「ザ・シーグリル」はニューイングランド近海の魚介類が盛りだくさん!

今年の夏はニューイングランドに行く予定がなかったため、せめてマンハッタンのどこかでおいしいロブスターを食べよう。と思い立ったときにおあつらえむきのレストランが頭に浮かんだ。ロックフェラーセンターの「ザ・シーグリル」。この春までチェルシー地区にあるイベンティーホテル内のスペイン料理店「バーバスク」にて料理長をしていた日本人シェフ、Mr.フジナガの新たな勤め先でもある。ここでもエグゼクティブシェフとして忙しく切り盛りしているらしい。

場所は、ロックフェラーのスケートリンク脇のエレベータで地階へ下りたところ。バーバスクと違ってNY観光スポットのど真ん中。客層もバーバスクのように地元やヨーロッパ系だけでなく、アジア系、インド系、ヒスパニックと様々だ。

シーフード高級店とあってお値段もそこそこお高いが、レストランウィーク期間だったら、35ドルで前菜、メイン、デザートを堪能できるのでその時期をねらっていってみるのもよい。

私が行ったときも夏のレストランウィークのため、35ドルの特別メニューから3コースをチョイス。まずはプリンスエドワードのムール貝に舌鼓をうち、メインコースはぜったいはずせないメーン州特産のロブスターポット。あさりにムール貝に海老とまさに海の幸づくし。

ATSUATSU lOB.JPG

お店の名前の通りシーグリルを味わえるこのレストランでなぜか連れは、コースから外れ「黒牛フィレミニヨン」を注文している!!

BEEF.jpg


しかも最初のロブスター入りシーグリル特製チャウダーですでにお腹がいっぱいらしく、半分(!)おすそ分けを頂く。

cLUM cHOUDER.JPG

と、いうわけでこの日の私は、肉+魚料理の贅沢メインコースを一挙に味わったために、仕上げのデザートは無難にレモンのシャーベット(胃袋に余裕があればキーライムパイを試してみたかったが)。

キッチンで忙しく立ち働いているフジナガシェフのところに寄ってみると、実は彼のおススメは「KUROBUTA」だったらしい。シーグリルで?? 機会があったら日本人シェフが活躍するこのお店で彼おススメの「黒豚」を食べてみてはいかが。ロブスターに目がないの私は次回も結局この「ロブポット」にはまるだろう。。


The SeaGrill
19West 49th St. bet 5th and 6th AVE.
212-332-7610

営業時間:
ランチタイム― 月 ~ 金  11:30 a.m. - 3:00 p.m.
ディナータイム―月 ~ 土  5:00 p.m. - 10:00 p.m.
(日曜日は休み)

http://www.patinagroup.com/restaurant.php?restaurants_id=31

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2012年9月24日
« 前の記事「ヤンキース店でもうイチローTシャツがお目見え」へ
»次の記事「ニューヨークからお手軽に南の島へ。今回はタークス&ケイコス諸島へひとっ飛び!」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    夏に行きたい!人気のルーフトップバー、人気のカクテルは?
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ファッションに彩られた夜  「ファッションズ ナイト アウト」
    全米オープンテニスはスイートルームで観戦!

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集