海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > 変遷・進化するニューヨークのホテル(ONE UN ...

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年10月22日

変遷・進化するニューヨークのホテル(ONE UN NEW YORK HOTELを例に挙げてみると)


変遷・進化するニューヨークのホテル(ONE UN NEW YORK HOTELを例に挙げてみると)

最近に始まったことではないが、ニューヨークのホテルでチェーン系列が変わり、そのためホテルの名前が一新されることも多い。たとえばビジネス客に長年親しまれてきた42丁目、グランドセントラルターミナル近くの「ヘルムズレーホテル」もつい最近はウエスティン系となり、「ザ・ウエスティン・ニューヨーク グランドセントラル」という名称に変わった。

http://www.westinnewyorkgrandcentral.com/?EM=IDP_HELMSLEY_REDIRECT_WESTINGC_WI_3789_NYC

そのワンブロック東の「チューダーホテル」が「ヒルトンマンハッタンイースト」に変わったのは、数年前のこと。ヒルトンといっても、チューダー地区(イーストリーバーに近い歴史的アパート区域)にあるため、6番街にある大型のヒルトンホテルとは違い、こじんまりとした様相で室料金も6番街の「老舗」に比べればいくぶん安く抑えられている。

http://www3.hilton.com/en/hotels/new-york/hilton-manhattan-east-NYCMDHF/index.html


さて、改装も多いニューヨークのホテル。最近部分的に改装を終了し、名前も変わったホテルをひとつご紹介しよう。

http://www.millenniumhotels.com/oneunnewyork/


こちらは以前にも紹介した、(旧)UNプラザホテル。文字通り国連(United Nation)の近くにあるため国連ゲストも多いが日本人でも利用率が高いホテルである。ミレニアム系というチェーンこそは変わらないが、この度名前を「ONE UN ニューヨーク」と改め、ウェストタワーをなんと$30ミリオン以上をかけ、トータル154部屋の改装を終了した。ニューヨークという土地柄、スタイリッシュで洗練された空間を全面的にアピール。設備、インテリアも時代の先端を行くホテルとして申し分ない。たとえば、最近のマンハッタンのホテルにトレンディーとなりつつある床から天井までのガラス張りの窓。イーストリバービューもあり、また都会の夜景を堪能したい女性客のハートをつかむには申し分のないデザインだ。

UN NO HEYA 2012.jpgUN BIG WINDOW.jpg

またiPODのドックはもちろん、ハイスピードWIFIは無料、部屋にはエスプレッソマシーンまである。スクエア型トイレのデザインも斬新だ。(座るくぼみはちゃんと楕円形!)

UN TOILET.jpgUN TOILET 2.jpg

部屋の広さも367スクエアフィート~と申し分ない。ただ日本人にとって難点なのは、バスタブつきの部屋がないこと。ウエストタワーでバスタブがあるのは2ベッドルームスイートだけだそうだ。バスルームがかなり広いためあってもよさそうなものだが、最近のホテルは「禁煙のみ」と「シャワーのみ」が増えてきている。確かにバスタブがない分、視覚的に広めに感じられるのが利点なのかもしれない。
30階には専用のクラブラウンジがありコンチネンタルブレックファーストやイーブニングカクテルが楽しめる。

UN 30 FLOOR LOUNGE.jpg

マンハッタン内のホテルは、常に競合していくために進化を遂げなければならない。そのためこのOEN UNも第二段階として来年はレストラン改装に着手、第三段階はスイミングプールもあるイーストタワーもアップグレードする計画があるらしい。今後どんな装いを見せてくれるか今から楽しみである。

UN HOTEL LOBBY 2012.jpgUN LOBBY 2012.jpg

ちなみにホテルの担当者の話だと、ここ数年、ハドソンリバーから打ち上げられた独立記念日の花火大会が、来年はイーストリバー側に戻される計画があるらしい。これが実現するとホテルにとっては花火大会鑑賞の「特等席」となるにちがいない。
ホテルは高く泊まれないという人も、1階にちょっとしたデリタイプのカフェができたので、お茶をしに出かけてみては? 場所は44丁目と1番街。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2012年10月22日
« 前の記事「カリブ海で久しぶりのSCUBAダイビング」へ
»次の記事「感謝祭で初めてのターキー」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ただ今ミッドタウンはユニクロ旋風
    今、旬なNYのレストランといえば--  日本人シェフが切り盛りするオープン1年目の「バーバスク」(スペイン料理)

    アメリカ ツアー最安値


    2018/9/23更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集