海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > カリブ海で久しぶりのSCUBAダイビング

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年10月16日

カリブ海で久しぶりのSCUBAダイビング


メール プリント もっと見る

カリブ海で久しぶりのSCUBAダイビング

Turks-&-Caicos-2-(2).jpg

一応、ダイバーの私。PADIのライセンスも持ってるし、過去100本は潜っている。それなのにここ10年ほとんど潜る機会はなく、しかも何年か前に映画「オープンウォーター」を観て以来、上がってみてボートが待っていなかったら、サメに囲まれたらーーなんて悲惨な想像が頭をよぎり、ついついダイビングから足が遠のいてしまった。カンクンや沈船で有名なアルーバでも体験せず。このままでは二度とダイビングをする機会を失ってしまう。

タンク.JPG


意を決して今回は、1日2本のダイビングに挑戦。ほんとうは、アフタヌーン1本でいいかしら、なんて考えていたのにあれよあれよという間に、定番の2本ダイブに参加が決まってしまう。ちなみにお値段は134ドル+器材を借りて25ドル。相変わらずお金のかかるアクティビティーである。
さて、その日はタークス&ケイコスに到着して3日目だった。朝8時20分に集合。恐る恐るお店に行くともうダイビング何日目という白人客ばかり。総勢30名近くも集まったのにはびっくり。年代的には30-50代くらいか。もちろん30名が一緒のボートで行くのではなく、2班に分けられた。私は後発隊。

‏Turks & Caicos.JPG

古いバスに乗せられ、ボート発着の桟橋まで20分。それにしてもこのバス、よくあるような日本の中古車らしい。「自動扉」と書いてある。三菱FUSO ROSAのマーク。

ダイビングボート.JPG

桟橋からボートに乗りこんだが、すでに器材はセットされていた(実はセッティングは久しぶりなので自分でやるのを楽しみにしていたのだが)。

準備に忙しい.JPG

今回、初めてギアのひとつとして、コンピュータを腕につけさせられた。デジタル表示で深度や潜水時間が表示される。いまどきのダイビングシステムは進んでいる、と一人で関心。

出発.JPG

さて、その日はノースウエストポイントまで1時間のボートクルーズ。やはり海の上は気持ちいい。陽の光を受けたエメラルドグリーンがきらきら光って見える。遠く水平線を見ているとだんだん穏やかな気分になってきた。ポイントも、陸が見えるところだし、しかもアンカーリングスタイルとわかって一気に安心度が増す。ボートを見失う心配はない!!おき去りにされても、陸まで泳げる!?
そんな心配は無用だった。私と3人の男性は一人参加のためインストラクターにくっついて潜ることになったのだ。
波のうねりはまったくなく、海の中の流れもあまりない。ドロップオフも急ではなく、まさに初心者にはうってつけのスポットだ。残念ながらあまり知った魚はいなかったが、小型リーフシャークが何回も登場してちょっとドキドキ。
それにしても、コンピュータをつけていたおかげで、1回目のダイビングは最後まで潜っていたことがたたり、2回目のダイブはいち早くあがるはめに。この制限時間が示される新機器がとってもうらめしかった。

ダイビングショップが安全かどうか、参加してみる前は不安になったものの、終わってみればとっても安全すぎて(?)ちょっとモノ足りない気もしたのであった。
帰るボートの中ではすでに、ナイトダイビングの話でもりあがっている。残念ながら、翌日飛行機に乗るため、参加はあきらめた。ちなみにナイトダイブのお値段は85ドル。

到着.JPG


余談だが、島影を廻るとき半島の突き出た部分に瀟洒なお屋敷がいくつか建っていた。人々の話を聞くとそのひとつが、プリンスの別荘だったらしい。

T on the Diving Boat.JPG


(ダイビングショップ↓)
http://www.diveprovo.com

【プリンスの別荘の話題↓】
http://issuu.com/tcweeklynews/docs/tcwn_april-23-28_all_pages

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦 旅行・ツアー・ホテル
2012年10月16日
« 前の記事「ニューヨークからお手軽に南の島へ。今回はタークス&ケイコス諸島へひとっ飛び!」へ
»次の記事「変遷・進化するニューヨークのホテル(ONE UN NEW YORK HOTELを例に挙げてみると)」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    夏に行きたい!人気のルーフトップバー、人気のカクテルは?
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ただ今ミッドタウンはユニクロ旋風
    今、旬なNYのレストランといえば--  日本人シェフが切り盛りするオープン1年目の「バーバスク」(スペイン料理)

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集