海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > ニューヨークで冬の風物詩を楽しもう

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年12月20日

ニューヨークで冬の風物詩を楽しもう


ニューヨークで冬の風物詩を楽しもう

ニューヨークはただ今ホリデイシーズン真っ只中。クリスマス用のギフトアーケードや商業ビル、アパート、コンドミニアムの建物内外は、きらびやかなオブジェやツリー、リースであしらわれ、ライトアップもまばゆいばかり。
寒くて陽が短い冬だけど、ホリデイシーズンともなれば心もうきうきした気分になってくる。今年も目を楽しませてくれるとっておきの冬の風物詩を探してみよう。


メイシーズデパートやロード&テイラーのショーウィンドウは、模型やフィギュアをふんだんに使った、アットホームなクリスマス風景を演出。ウインドウいっぱいに繰り広げられるファンタスティックなスモールワールドに、観光客も入れ替わり立ち替わり目を輝かせながら覗きこんだり写真を撮ったり。ここはホリデイシーズン定番の観光スポットなのだ。

001.jpg002.jpg

ニューヨークの冬の風物詩とはずせないのは、やっぱりロックフェラーのクリスマスツリー。今年ニュージャージー州からやってきたツリーは、ハリケーン・サンディの暴風雨にも耐え抜いた樹齢80年のドイツトウヒだそうだ。高さ24メートルの頂きにスワロフスキーのスターを抱いたその姿は、復興の象徴であるかのようになんとも神々しい。ビルの谷間を抜けて突如視界に広がるこの巨大ツリーに誰もが歓声を上げ、そこかしこで家族や友人たちと記念写真大会。
80周年を迎えた11月28日の点灯式では、マライア・キャリーやロッド・スチュワートといった大物アーチストも訪れ、華やかなパフォーマンスが繰り広げられた。年を追うごとに観光客が多くなっていくロックフェラーセンター界隈。
週末の夜は、スケートリンクさへ覗き込めないくらいの大混雑になるときも。だけど、せっかくニューヨークに来たらがんばってツリーの根元まではたどり着いてみよう。

003.jpg


さて、これだけは見逃せないという一押しの風物詩をあげるとしたら?これはなんといってもワン・タイムズスクエア・ビルに映し出される高さ40メートルのデジタルクリスマスツリーを挙げたい。東芝のLED看板2枚とその下のTDKのLED看板1枚をつなぎ合わせた画期的なデジタルアートが今年もタイムズスクエアにお目見え。
「もっとも背の高い電気装飾アニメーション」として堂々ギネス世界記録に認定された。ということで必見の価値あり。地上120メートルにあるツリーの下部から幾重にも光が駆け上り、頂の星が美しく輝く。そして四方八方から光が舞い散るシーンは何度見ても楽しい。

004.jpg005.jpg


もうひとつ、同じ東芝の看板を眺めていると、ちょっと可愛いアニメーション映像も発見。お買い物シーンやイエローキャブ、ロックフェラーセンターのスケートリンクなど、楽しいニューヨークの冬の風景が、次々と色鮮やかに映し出されていくものだ。道行く観光客も思わず足を止めて携帯をかざしながら写真撮影に余念がない。

006.jpg007.jpg


タイムズスクエアに集う全米、全世界からの観光客。お買い物目当て、ミュージカルやコンサートがお目当て、もしかしたら秋に開幕したアメリカンフットボールのNYジャイアンツファンで遊びに来ているのかもしれない。
そういえば、夏に多かった「ヤンキース」や「ジーター2番」に替わり、秋・冬は「ジャイアンツ」やその花形選手「マニング10番」のグッズを身につけている人もちらほら見かけた。そんな光景もまた冬の風物詩として数えられるかも。


ニューヨークはいよいよその歳を締めくくる最大のイベントに近づきつつある。そう、世界中の人を熱狂させるタイムズスクエアのカウントダウンまであと少し!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2012年12月20日
« 前の記事「ハリケーン被害への支援、そして未来の探索。希望のサインが人々を繋ぐ」へ
»次の記事「年の瀬を迎える街 ~ただ今カウントダウンへ向けて始動中!」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    今年を振り返り、来年に思いを馳せるニューイヤーズイブ ~カウントダウンまであと4日~
    日本の2大企業のコラボでできあがった巨大デジタルクリスマスツリー
    東芝ビジョンの巨大スクリーンで投稿写真をお披露目

    アメリカ ツアー最安値


    2018/9/25更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集