海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > 格安バスでボストンへ

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年1月28日

格安バスでボストンへ


メール プリント もっと見る

格安バスでボストンへ

1月のマーティン・ルーサー・キングJrのホリデイを利用してボストンへ行ってきた。これまでにも10回ほどボストンへ行ったが、飛行機、アムトラック、もしくはレンタカーの利用。今回は、初めてメガバスを体験した。数年前に1回だけ、ボストンからニューヨークへの帰りにチャイナバスに乗った。これは15ドルと格段に安かった。しかし、出発地はボストンのサウスステーションでも、ニューヨークの到着地はチャイナタウンのはずれ。おまけに運転手が(バスの割には)猛スピードで飛ばし、しかも途中、後ろを何度か振り返っていたので、怖くなった。幸い事故にはあわず4時間足らずで到着したのだがーー。

そうこうするうちに、バスも競争が激しくなり、グレイハウンド、ピーターパンなどの長距離バスに混ざって、メガバス、ボルトバスなどの格安バスが出てきた。今まで主だったトラブルもなく、格安とあって超人気だ。近郊のフィラデルフィア、ワシントンDC、ボストンへの旅にはうってつけ。ただし、ニューヨークのポートオーソリティーバスターミナルが飽和状態のためか、ミッドタウンのはずれから出る。野外で待つため寒いとき、雨が降ったときは少し不便である。
さて、今回ボストン行きで利用したメガバスは、インターネットで往復$28で購入(料金は日にちや時間帯で異なる。)乗り場は34丁目の11番街と12番街の間。かなり西である。スーツケースなど重い荷物のある人は、M34のクロスタウンバス(34丁目の東西を走る)を利用すればよい。最寄の地下鉄はA、C、Eで34丁目(8番街)で下車。メガバスは二階建てで「FROM $1」というサインが車体に書かれているのが特徴なので、行けばすぐにわかるだろう。

http://us.megabus.com/

帰りのバスは28丁目と7番街に到着する。FIT(ファッション工科大学)界隈だ。
二階席に乗ってみたが、高速を走る限りは、さしたる景色の変化もなく、あまり二階のメリットもないかもしれない。乗客は旅馴れているのか、景色に興味ないのか1階席から埋まっていく。車内には電源もあるのがうれしい。
なお、アムトラックと違って、各駅に止まらず直行であるのが利点だが、渋滞にはまることもあるのでご注意を。

さて、今回のボストン行きは、友人に会いに行ったので観光はせず、クインシーマーケットとその近くのお土産品を覗いただけで終わった。それでもちょっとだけボストン産物やフードなどに触れておこう。
quincy market.JPG (← 夜のクインシーマーケット)

相変わらずロブスターのサンドイッチ、ロブスターのぬいぐるみといった、「ニューイングランドの特産品」が目に付く。
LOB.JPGLOB STUFF.JPG

オバマ人形やボストン茶会事件の紅茶は、歴史の街を象徴したお土産品。
BOSTON TEA PARTY.JPG
BAMA DOLL.JPG

ひとつとっておきのレストランをご紹介。レストランといっても、わずか20席のこじんまりとしたイタリア系のレトロなお店。え?ここが?刺青をしたおにいちゃんがキッチンで一人奮闘しているだけ?
DAILY CATCH RESTAURANT.JPG

メニューはボードにかかれているものを注文。メインはパスタにシーフード料理。私たちはイカ墨パスタを注文。お味がちょっと薄味だったが、こってりしたパスタの食感に海の幸の香りが絶妙だ。時間が押し迫ると、後から後からお客さんが途絶えず、寒い外にまで待ち並んでいる。すでに2店舗できたらしいが、この老舗が超人気とのこと。遅く行ったのではまずすぐには入れないらしい。友人の上司も大のお気に入りだそうだ。ボストンへ行く機会があったら立ち寄ってみてはいかが?

(レストラン名:デイリーキャッチ)
http://www.dailycatch.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル
2013年1月28日
« 前の記事「今宵は寒さも吹き飛ぶカウントダウン!」へ
»次の記事「新装オープン。42丁目のヘルムズレーがウエスティンホテルへ」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    夏に行きたい!人気のルーフトップバー、人気のカクテルは?
    1年前の同じ月に投稿された記事
    生まれ変わったグランドハイアット- コンテンポラリー感あふれるアートな装いに
    あの興奮が再び! 熱気もパワーも倍増した2011年のカウントダウン

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集