海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > エンパイアかトップ・オブ・ザ・ロック。展望台はどち...

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年4月15日

エンパイアかトップ・オブ・ザ・ロック。展望台はどちらを選ぶ?


エンパイアかトップ・オブ・ザ・ロック。展望台はどちらを選ぶ?

ニューヨークにある2つの展望台、エンパイアー・ステート・ビルとトップ・オブ・ザ・ロック。妹が日本から観光に来ていたので、数年ぶりに展望台に上ってみることにした。さて、一人20ドル以上の展望台。どちらにするか?
聞いてみると、NYではショッピングよりも風景をカメラに収めたいというので、奮発して両方上ることにした。少しでも安く済ませるために、あっとニューヨークのオンラインで前売り2ドル引きを購入し、あらかじめ入場券を受け取っておく。

http://ticket.at-newyork.com/top-of-the-rock.htm

最初は、夜のトップ・オブ・ザ・ロック。まずは皆、中2階行きのエレベータに乗る。ここでお決まりの写真撮影。座って3ポーズ決める。下においたバッグは見えないようにーーそして手を上げてよろめくような指示があったけどこれは何のため? これはあとで解明。
さて、ここから一気に70階。天井に映し出された建築工程のフィルムを見上げること1分間。あっという間に展望台へ到達する。ガラス張りの外に広がる夜景に早くも皆カメラを構えシャッターを切る。しかしまだその上の階まで行き、屋上に出て夜景を眺めることができるので、写真を撮るのはここから上のほうがいい。トップ・オブ・ザ・ロックの醍醐味はなんといっても、エンパイアーを眺められること。特に夜景のときに映し出されるエンパイアーのイルミネーションはニューヨークにいることを実感させてくれる。

top pf the rock night view.JPG

お土産コーナーには、シンボルであるかのように、高層ビル建築中の移民労働者が、高層の梁に腰掛け昼休みを取っている写真。マグカップや、トランプ、マウスパッドなど。これは高所恐怖症の私は堪えられない!見ただけで足がすくむ。
(どんな写真かというと下のデイリーメールをご覧ください。)

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2206050/The-picture-proves-iconic-photograph-workers-eating-lunch-Rockefeller-beam-publicity-stunt.html

さて、夜景鑑賞を終わり階下に戻ると、記念写真コーナーがある。すでに撮った写真がきれいに並べられてーー。そうだったのか。記念写真はまさに、高層ビルの梁に腰掛けて(写真の労働者のように)高層の空中にいるような演出なのだ。だから手をあげてバランスをくずしたようなポーズを取るように言われたのだ。しかし、写真の中の私も妹も、手はあげているものの怖がるどころか笑っている!!(こりやだめだ)記念にほしいということで妹のために別のポーズのものを25ドルをはたいて、紙の額にいれてもらった。しかし、今の記念写真というものは、IDナンバーを渡され、あとでインターネットで閲覧できるようになっていることを後で知った。後からお金を払ってダウンロードすることも可。ここで買わず、後で決めてもいいのだ。
さて、妹の帰国1日前には、エンパイアーへ。こちらは土曜日の朝を選ぶ。思いのほか空いており、セキリュティーチェックもそんなに待たずに高層階へ。エンパイアーは34丁目。トップ・オブ・ザ・ロックよりダウンタウンに近く階もさらに上の86階。

empire view.JPG

マンハッタンの先細りの地形や、自由の女神を眺めるにはこちらの方が有利だ。

bouenn wo tsukatte.JPG

ここからさらに102階へ行くには15ドルかかるが、さすがに妹はもうここで十分、ということで終わりにした。もし時間がなくて、ひとつだけ行くとしたら、やはりキングコングも上った(!?)こちらの方をおススメする。なるべくなら夕暮れ時に上って変わり行く夜のイルミネーションを堪能してみたい。
トップ・オブ・ザ・ロック(↓)
(2013年4月より一人27ドルに値上がり)
http://www.topoftherocknyc.com/

エンパイアーステートビル(↓)
http://www.esbnyc.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2013年4月15日
« 前の記事「陽気な春を告げるメイシーズのフラワーショー」へ
»次の記事「MTAレビュー(マンハッタンで利用するバスと地下鉄)」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    メトロポリタン・オペラハウスで初鑑賞
    アウトレット VS ブランド物ディスカウント店

    アメリカ ツアー最安値


    2018/9/25更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集