海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > 「アメリカズ ゴット タレント」のTV収録に参加!

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年9月15日

「アメリカズ ゴット タレント」のTV収録に参加!


「アメリカズ ゴット タレント」のTV収録に参加!

友人が、WEBで申し込んで当たったというリアリティー番組の観覧について行った。

AGT Ticket.jpg

不運な家族に1週間で家をプレゼントする「ホームエディション」や、麗しい男性、あるいは女性が登場し、応募してきた美女、美男グループから結婚相手を探す「バチェラー」「バチェロレッテ」。こういったリアリティー番組が好きなアメリカ人だが、とりわけ今回観覧する「アメリカズ ゴット タレント」は最も人気の高いリアリティー・オーディション番組である。

http://www.nbc.com/americas-got-talent/

数年前、英国版「ブリテンズ ゴット タレント」で、ポール・ポッツやスーザン・ボイルといったスターが誕生したことでもわかるように、生のオーディションで、平凡に生きてきた一般人が一躍注目を浴び、「時の人」となる瞬間を目の当たりにできるのが番組の醍醐味なのだろう。
とにかく日本はもとより、TVの収録スタジオを見たことない私には初体験である。しかも場所はNYのラディオ・シティー・ミュージックホール。ここは12月にロケッツのショーが開かれることでも有名な場所なのだ。


観覧の服装には一通り注意(ドレスコード)がある。「(TVに映る可能性があるため)華美な服装は避けること。できれば柄のない、白、黒、青を基調とした服装が望ましい。野球帽は不可。またロゴマークや宣伝の文字がはいったTシャツなどもダメ。」
これをクリアすれば、あとは入るのは簡単。午後6時15分頃入場。入り口では簡単なバッグチェックがあるのみで、身分証もいらなかった。(その日は9月11日=セプテンバーイレブンだったので、もっと厳重な警備と思っていたのだが)

Americas-got-talent.jpg

クラッシックな広間を抜け、扉の向こうにはいると、宇宙に吸い込まれるようなブルー空間ときらびやかななライトイルミネーション。さすが「スター誕生!」の雰囲気そのものだ。「ハワード」「ハイディ」といったおなじみの審査員の名前と判定のXマークが正面に見える。始まる前は、写真撮影OKらしく、皆、ステージと判定「X」マークを背に記念大会。
まずは午後7時半からのリハーサルタイムで、ロケッツの特別ステージを鑑賞。電飾の衣装に身を包んだ美脚を誇る女性軍のラインダンスなどを見て、本番は午後9時にスタート。

hataraku hito.JPG

カメラが観客席を廻る中、司会者の進行に従って、シーズン8を次々と勝ち残った出場者が登場する。
あとでわかったのだが、この日までにパフォーマンスが終了しており、9月11日は結果発表のみだった。(残念!)シーズン8には日本のパフォーマー、蛯名健一さんも勝ち進んでおり、この日も無事ベスト6に選ばれた。「ケンイチ !!」という掛け声が場内からも聞かれるほど、彼はアメリカ人にも大人気。
それにしてもTVの収録番組はテンポが速く、いつの間にか秒読みタイム。「あれ、今ってコマーシャルタイム?」という感じで、恥ずかしながら波についていけない私であった。
それにしても、超人気の審査員ハワードさん。CMタイムのたびに、メイクさんが出てきて、ヘアや顔を直している。TV映りのためとはいえ、男の出演者にもここまで気を配るとは。
決勝は9月17,18日。皆で蛯名健一さんを応援しよう!
ユーチューブで見る蛯名さんのパフォーマンス(↓)

http://www.youtube.com/watch?v=sN51dBtenkg

http://www.youtube.com/watch?v=cn-NsWRtaSY

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2013年9月15日
« 前の記事「アメリカン航空の見学会から ~快適さを追求した機内とJFK空港の設備~」へ
»次の記事「日本企業も注目のメキシコ―治安は大丈夫?」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ロックフェラーの「ザ・シーグリル」はニューイングランド近海の魚介類が盛りだくさん!

    アメリカ ツアー最安値


    2018/9/25更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集