海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > 紅葉シーズンならバーモント!ストウへ2泊3日のドラ...

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年10月20日

紅葉シーズンならバーモント!ストウへ2泊3日のドライブ旅行(1)


紅葉シーズンならバーモント!ストウへ2泊3日のドライブ旅行(1)

表紙.JPG

10月14日(月)はコロンバスホリデイ。3日連休を利用して紅葉シーズンのバーモントへ車を走らせた。
まずは、レンタカー。街中で借りると、営業時間が短かったり、日曜、祝日は休みだったりするため、今回はニューアーク空港(EWR)まで出向いた。EWRでのレンタカーは、通常の空港のようにレンタカー会社の送迎社が巡回しているのではなく、空港ターミナルのシャトルに乗り、P2やP3といったパーキングステーションに隣接している。ハーツのコンパクトカー。3日で194ドルだがそれにフルカバーの保険をつけると結局390ドルの倍額。最近はクレジットカードにも保険がカバーされるのものも多いが、いざとなったらやはり借りたレンタカー会社の保険が手っ取り早いと思い、ついついフルカバーにしてしまう。これにガス代とTOLL(高速料金代)がかかるから結構お高くつくのが、レンタカードライブ。1,2人だったら、バーモント州のバーリントンまで長距離バスで移動、そこからレンタカーする方法もある。
EWRを出発したのは朝7時半ごろだった。目的地のストウまで休息をいれないと6時間のドライブだが、EWRを抜けて95号線にたどり着くまで道に迷ったり、ガスも補給で到着したのは到着は夕方4時となった。

町の教会.JPG
ストウの町並み.JPG

北へ北へドライブするに連れ、圧倒されるような紅葉を期待していたのだがが、時期的にはまだちょっと早かったかもしれない。たぶん今年のベストタイミングは10月下旬くらいだろうか。

バーモントの秋.JPG

バーモント州は、フランス語で「ベル(緑)モント(山)」と言われるだけあって、道すがらは山と木々が生い茂っている。緑から紅葉へ、そして白銀の世界、スキーシーズンへと季節が移り変わってゆくのだ。
宿泊したストウという町も冬はスキー場に様変わり。今回の宿泊場所「ストウマウンテンロッジ」もすぐ外にリフト乗り場が見え、山の頂きに続いている。

ストウマウンテンロッジ.JPG
ストウマウンテンロッジ (2).JPG

(お部屋はバルコニー付、窓を開けて朝晩の澄んだ空気を部屋の中へ取りこめる↓)

ストウマウンテンロッジのお部屋.JPG

施設内には温水プールにホットタブもあり(↓)

温水プールにジャグジーもあり.JPG


紅葉狩りの家族連れでいっぱいの季節だが、あと1ヶ月過ぎれば、スキー客でいっぱいになるのだろう。

ストウのロッジ.JPG

ストウはスキーだけでなく、「サウンド・オブ・ミュージック」のモデルとなったトラップ一家の安住の地としても知られている。戦火のヨーロッパを抜け、アメリカ大陸に渡った一家。当初住んだフィラデルフィアはあまりにも都会。澄んだ空気のなかで、一家の愛する音楽を続けたい。ということで故郷に似たこのバーモントのストウにやってきたのだそうだ。
トラップのロッジ.JPG
トラップファミリーロッジ.JPG

2日目にこのトラップ一家ゆかりのロッジ(今は宿泊施設)を訪れてみた。メインの通りから、さらに山を上がったところ。穏やかな山の景色と野畑に鳥のさえずり。この景色を見ると、音楽を奏でる写真にあった一家の幸せな姿が瞼に浮かぶ。
カフェで.jpg

少しは離れたところに、山の景色を楽しめるロッジ風のカフェがあり、宿泊しなくても、トラップ一家が過ごした同じ安らぎを味わうことができる。

カフェから見る景色.JPG

(2)へ続く

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景
2013年10月20日
« 前の記事「アメリカ政府のシャットダウンで観光はどうなる?」へ
»次の記事「紅葉シーズンならバーモント!ストウへ2泊3日のドライブ旅行(2)」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    変遷・進化するニューヨークのホテル(ONE UN NEW YORK HOTELを例に挙げてみると)
    カリブ海で久しぶりのSCUBAダイビング
    ニューヨークからお手軽に南の島へ。今回はタークス&ケイコス諸島へひとっ飛び!

    アメリカ ツアー最安値


    2018/9/24更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集