海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > 人種を超えて盛り上がったVAMPSの夜!

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年12月16日

人種を超えて盛り上がったVAMPSの夜!


メール プリント もっと見る

人種を超えて盛り上がったVAMPSの夜!

12月8日にNYで2回目のVAMPSのライブに行くことができた。3年前の開催場所は14丁目、ユニオンスクエア近辺だったが、今回は52丁目8番街近くのROSELAND BALLROOM。タイムズスクエア近くで、辺りはドラマやミュージカルの劇場も多い。

ROSELAND.JPG

昨年のラルクのコンサートはマディソンスクエアガーデンで、私の位置からは、ヴォーカル、HYDEは豆粒のようだった。ライブとなるとスタンディング形式のため、シート番号はない。ゆえに早く行けば前の方が確保できるのだ。

日曜日の午後8時開始ということなので午後7時30分に到着。
「あれ、もう盛り上がってる?」

せっかくのライブなのでビールでも注文しようと思ったが、そのままステージに近づいてみた。すごい!ステージ付近はもう人だかり。VAMPSが始まる前祭りと行ったところか。(ヘビメタ系?) KILLCODEの迫力あるパフォーマンスで早くも観衆は、興奮度MAX。ギターのおじさんはしっかりVAMPSのTシャツ着てる。

KILLCODE.JPG

ようやく、KILLCODEが退き今度は、シド・ウィルソンのDJパフォーマンス。ターンテーブルさばきなどさすがだけど、立ったままの態勢で、これを20-30分聞くのはちょっとつらい。(本番ライブにパワーを残しておかないと)最後は客席ダイブで終了。

そしてーー待ちに待ってーー始まったのは9時過ぎだ。
バンドの仲間が最初に登場。続くカズ。そして最後に、暗闇の中に赤い目を光らせた(本物の吸血鬼か)HYDEが登場すると、観衆の悲鳴が瞬く間に場内をうずまいた。私の位置はステージから10数メートル程度だったが、それでも前の人たちが大きすぎて(日本人ばかりではないのだ)ステージビュー100%とはいかない。おまけに、写真OKで、みなデジカメやスマートフォーンをかざして写真や動画撮りまくり。
見渡す限り、私にとっては外国人だらけ。アジア人でも中国人、韓国人、インド人など日本人以外の集団も多い。そして白人の女の子に黒人のお兄ちゃん。様々な人種がこのーー私の国の人のパフォーマンスを見たくて、そのステージに熱狂したくてここに集まってるーーと思うと、VAMPSには縁もゆかりもない私だがなぜか誇らしい気持ちになってきた。
それにしても、HYDEもカズも40代とは思えないパワーがある。

KAZ TOBIAGARU.jpg

特に私の立ち位置はカズの正面。目の前で繰り広げられるその華麗なギターパフォーマンスに加え、全身からみなぎるパワー全快のノリにしばしば棒立ちになって見入ってしまった。
そうはいうものの、突っ立ってはいられない。

HYDE 2.jpg

なにぜ満員ラッシュに放り込まれたようなこの状況。私の前も後ろも右も左も跳んでいる。私も一緒にジャンプしないと体がこすれて苦しい~。
途中、HYDEは英語で「I'm Hungry」と繰り返し、誰を食べよう(血を吸う?)なんて言っていたと思うのだが、みんな「私、私」「オレだぁ~」と手を振っていたのにはおかしかった。そういえばHYDEはGACKTと共演した「ムーンチャイルド」でも、ヴァンパイアー役だったっけ。
途中にドラムのアーリーのサプライズ誕生祝い。ろうそくの立ったケーキが出てきた。よくコンサート中に誰それの誕生日――というのがあるが、初めてそんな光景を目の当たりにした。アーリーさん、外国でお誕生日も悪くないでしょ!

Hyde-san.jpg

ヴァンパイアーの「宴」もたけなわ。クライマックスはステージに添えられたバラの花から、HYDEが左側の観客へその花びらを降らせた。なんと私の方まで跳んできた。あわてて女の子たちが落ちた花びらを拾おうと腰を曲げる。私は床に落ちる前に一片キャッチすることができた。うれしい。今夜の記念になるわ。(しかしそのバラの花びらは1日で見事なまでに縮んでしまった。。。)

最後、誰もが余韻が冷めず、立ち去りがたい雰囲気の中で警備員が容赦なく出口へ促す。
バラの花びらをゲットできない女の子たちが後片付けをしているステージのスタッフに向かって一生懸命「バラ、クダサイ」と日本語で懇願しているのが目にはいった。

VAMPSの人気はほんとうに凄い。今回、改めてそれを感じとることができた。今年の秋に初めて開催されたロンドンのライブも盛況だったらしいが、ここニューヨークでも2000人が集まったと後のニュースで知った。

VAMPS-WATCHING.jpg

KILLCODEのようなマッチョなボーカルが常のライブで、日本人のこの少し妖艶な出で立ちで、しかもテーマがヴァンパイアー。映画「トワイライトサーガ」の人気でもわかるように、人間離れしたものに現実を忘れ、妖しく陶酔させてくれるそのライブパフォーマンスが観衆には心地よいのかも。
VAMPSの皆さん、お疲れ様でした。そして私の住んでいるニューヨークで「日本」を盛り上げてくれてありがとう。

VAMPS CD.JPG

ライブの様子(↓)
http://www.mtviggy.com/photos/vamps-ruled-the-night-at-the-roseland-ballroom/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2013年12月16日
« 前の記事「グランド・セントラル駅舎を彩るホリデイライトショー」へ
»次の記事「冬のアトランティックシティー」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    夏に行きたい!人気のルーフトップバー、人気のカクテルは?
    1年前の同じ月に投稿された記事
    年の瀬を迎える街 ~ただ今カウントダウンへ向けて始動中!
    ニューヨークで冬の風物詩を楽しもう
    ハリケーン被害への支援、そして未来の探索。希望のサインが人々を繋ぐ

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集