海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > ニューヨークからモントリオールへバスの旅

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年8月31日

ニューヨークからモントリオールへバスの旅


ニューヨークからモントリオールへバスの旅

旧市街の銅像.JPG

今年の夏休みは20年ぶりにモントリオールへ足を延ばした。
観光客が多い夏のシーズンでは、すでに航空券も高い。
そのため今回は北米陸路の旅として、グレイハウンドバスを利用した。

最初にオンラインでブッキング。プリントアウトするバスチケットは途中、国境付近や途中休憩所などに区切られて片道3枚つづりになっていた。
これさへあれば、窓口でも交換する必要なくそのまま乗車できる。

バスチケットは往復で144ドルだった。(プラスブッキング代が$1.50)

時間節約のため往路は夜行バスにした。10:15PMに、8番街と42丁目のバスディーポを出発。
朝の5:50AMにモントリオールに到着する。

バスの乗客は、ニューヨーク観光を終えて帰路に着くカナダ人が多いためか、あちこちでフランス語が聞こえてくる。

乗車するときには3枚のチケットを渡してそれでおしまい。
車内も、いつもはアトランティックシティーに行くときなどに利用する短距離バスより、もっとゆったりしているし、思ったよりすわり心地もいい。

さて、1、2ヶ所休憩場所に立ち寄ってくれるので、あえて車内のトイレを使わなくてもいいだろう。

途中、国境通過地点は少し時間がかかった。

まず全員が、バスを下り、スーツケースもすべて持たなくてはならない。

そして入国審査、税関審査。 この間の空路でトロントに行ったときにも感じたが、意外とカナダの審査は厳しいような気がする。

「どこに泊まるのか?」 「何泊か?」 「親戚、知人はいるのか?」 「なぜ一人なのか?300ドル以上の現金は持っているか?」 等々

一応クリアしたもののちょっと緊張する一瞬だった。

さて、終わるとみなバスがその地点に来るまで待たなくてはならない。
遠くでバスの車内検査が行われている。それも終了してバスに乗り込めば1時間ほどで
モントリオール。

モントリオールの標識.JPG

同じバスディーポでも、モントリオールのバスディーポはニューヨークより格段にきれいに見える。
カナダドルへの両替所もここにあり。

ここから繁華街までは徒歩15から20分くらい。
バスディーポ周辺もカルチェラタンと呼ばれ、若者の多いエリアだが、あいにく雨模様と朝早いため、少し閑散としていた。

montreal-town.jpg

モントリオールのカルチェラタン

モントリオール旧市街中心部.jpg

さて、モントリオールはカナダの第二都市で公用語はフランス語。街のあちこちにフランそぐ表示があり、北米バスの旅ながら、ヨーロッパに来たような気分も味わえる。

全体的にはパリよりも小さな街で、見所は旧市街。観光には1,2に日あれば足りるだろう。

China Town Mont.jpg

チャイナタウンで食べたフォー。10カナダドル。

モンと旧市街.JPG

残念ながら滞在中は晴れず、雨、曇りのため、セントローレンス川沿いのビーチおご覧の通り(↓)

雨のモントリオール.JPG

モンと旧市街-(2).jpg

1日目の大雨では、しかたなく目に付いたナポレオンの特別展示会にはいってみたが、これが普段はお目にかかれないような貴重な展示品数々。ナポレオンの帽子や時計、自筆の手紙、椅子、肖像画、家族にまつわる品々、外交官の「タレーラン」に関する資料まであって、もう一度ナポレンの時代のフランス史を勉強してみたくなった。

モントリオールの観光の目玉。ノートルダムの大聖堂(↓)

モンと 大聖堂.JPG

少し南に下がったところのアットウォーターマーケット(↓)

もんとあっとマーケット.jpg

(モントリオールにもシェアバイク↓ ニューヨーク、メキシコシティ等、最近はどこの都市でもよく見かける)

モンとシェアバイク.JPG

シャトー・ラムゼイ博物館の中庭。イギリスの庭園を思い出す(↓)

中庭.JPG
もんとカフェで一息.JPG

モントリオールのお土産は、やっぱりフランス風スイーツがおススメ。そのほか、山用の「ルーツ」ブランドの靴下など。

モントリオールのお土産.JPG

次回は、足を延ばしたロレンシャン高原のバスツアーについてお届けします!!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2014年8月31日
« 前の記事「「ア ヴォーチェ」でブランチはいかが」へ
»次の記事「モントリオール発、ロレンシャン高原1日観光」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    トリーバーチやコーチも!掘り出し物を見つけたいリサイクルショップ
    今年のカリブはグレナダへ

    アメリカ ツアー最安値


    2018/9/22更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集